2013/04/01

W124の空力(2)ふたたび


W124の空力 でも使った画像です。

 最初にW124の空力について書いたときには書いてませんでしたが、

 W124,500Eの空力でcd値を落としていると思う点は以下の4点だと思います。

1. エンジンルーム冷却系
2. フロントタイヤ
3. ドアミラー
4. リアトランクフロア


 写真を見ていただくと、良くわかりますが、以上の4つはどれも写真では計測されてません。

 1のエンジンルーム空力については、冷却系のところでもさんざん書きましたが
 シングルカム直4用の狭いエンジンルームに頭でっかちの90度V8DOHCぶちこんで、
 エアコン、パワステ、エアポンプ、オルタの補機をくっつけてますから、
 空気が抜けません。

 ベンツのデザイン特性で大きいラジエターグリルが鎮座している割りに、
 空気の抜けが悪いから、エアロダイナミクス特性も悪くなります。
 だから下にぬく、UFCDの理屈ですね


 フロントタイヤについてはストレーキのところで書いたので今回は割愛して、
 3のドアミラーですが、
 現在のドアミラーは、Aピラーから離して装着して、空気を隙間から後ろに流して
 風きり音の発生を抑えるというのがトレンドですが、
 このころのは、Aピラーの付け根にドンとカバーがまだ一般的でした。

 500Eも左右で形状違いますが、今の水準からすれば、もっとcd値が軽減できるのではないかと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます。

えちごやの深化は止まりません。
ストレーキはS2000用から馬蹄形のものに変わりました。
さらに、今風のドアミラーで風切り音の低減を考えておられます。
貴兄が懸案とされた事項が、えちごやで改善されていく様をみるに、わかる方にはわかると感心します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

虎珀さん
こんにちは
> ストレーキはS2000用から馬蹄形のものに変わりました。

はい、タービュランスでタイヤ側面に流す構造ですね、
最近の車は、空気抵抗かんがえて、どんどん良くなっています。

ドアミラーは実は私も模索中です。


> わかる方にはわかる


どんどん、マニアック化で、同じエアロでも、Amgだとか、ロリンザーという話じゃ無いので、
皆さん食傷気味だと思います笑