2009/10/01

カーボンルーフ第4弾

こう書きますと、ルーフをカーボンにしようなんてのは、国産の右派というか、そんな感も強いですが、オリジナル、本家のBMでもやっています。

私の知る限り、市販車ではBMWのM3が最初だったと思いますが、カーボンルーフ、樹脂接着でやっています。それアフターでやる男気は偉い!

フカザワモディファイのページ

純正、高いなぁ と思っていたら、最近のモデル92は値段が下がったと、サンライズさんのwebに書いてありました。8万円だそうです。こちらCB誌のイカスISにも登場してます有名店ですので情報がありますね等とおもっていたら、ベンツの190の2.3もやってますね、先に屋根、切られてます。うーん、本家も負けてられないぞ!


サンライズWEB

2.3-16 ルーフカット

このように、アフターで変える人も多いですが、旧モデルなんかだというと、車体の値段が下がっているので、そこまでやらない....というか、最初から中古でM3を買った方がいいとする人も多く、またBMWのチューンやりたがる人の例で最新モデルでないとBMWでないという雰囲気があり、あまり見かけません(まあ、こんなもんが一般的な世の中もオカシイ.)

国産でもシビック、SPOONではやってますね(こちらもリンク抜けてたので追加しておきます。)

スプーンブログ

ところで、ランボのスーパーレゲーラ(軽量モデル)同じ乗馬倶楽部の方が買ったので見せてもらいました。カーボン多用、超軽量というので期待してましたが、残念ながら屋根はCFRPではありませんでした。しかも、全部がいわゆるドライカーボンなわけではありませんでした。

話少し飛びましたが、大人のお遊びであれば、ホンモノを嗜みたいです。
その点、ランボのお金持ちバージョンは少々いただけない。 という話。

もっとも、さらにいただけないのは、カーボン風のプリントや、分子間結合より、FRP積層の方が弱い
いわゆる熱変性させてない「ウエットカーボン」。なんか本身の真剣と、模造刀の感覚です。
好みにもよりますが、デザイン面ではいいんでしょうけどね。

大人の道楽としては、どうせやるんですから、フェイクより、機能性のものであって欲しいです。

その意味で、ルーフに貼るカーボン製のカバーや、カーボンプリントのカッティングシートはいただけません。 と私は思っております。

どうせやるなら、プリプレグのCFRPでルーフ作って、その上に、更にカーボンプリントのカッティングシート貼る(笑)とか、して、謙遜していただけてたら、本当に頭が下がります。


都内某所での、フェラーリ430の集まりに、わざわざセドリックの430ハードトップ、字光式ナンバーに自動車電話アンテナ付で登場したF430オーナーのY氏なら、きっと、やってくれるでしょう(笑)





関連記事

コメント

非公開コメント