2012/12/10

ガレージ電動シャッター設置工事

DSC_0068[1]ガレージ
そんな経緯がありまして、
まだ頬赤い青年期、ガレージ電動シャッターに憧れていた若い頃の私は、いつかは絶対に電動シャッターで開け閉めするガレージを持ちたい!と思うようになりました。
 時期は前後しますが、米国に勉強に行く機会があった私は、そちらで当たり前のようにくっついているリモコンドアのガラージに、憧れて思いをはせていました。

 時はたって、マンションを買ったり、家を建てることはありましたが、その時々で色々と制約があり、リモコンガレージという訳には行きませんでした。
 縁あって、鉄工所の跡地をガレージにすることができて、しばらくは既存のシャッターで使ってましたが、音は煩い、手動なもんで上げ下ろしが大変、
 鉄製二分割なもので、開け閉めが一苦労という状況でした。
 そんなこんなしてたら、本格的に動作がうまく行かなくなったので、一念発起で、入手、工事をして設置完了となりました。

 リショルム式のパッケージ型コンプレッサーとタンクは最初に配置したし、ツールキャビネットもたくさんそろえて、工具も収納できる。
無二柱リフトも設置したし、前面開口部もでかいので、車の出し入れも容易です。少し前に中二階も作ったので、これで既存の電動クレーンを
 動かせるようにすれば、エンジンやミッションのストックを二階に置けます。

 仕事の合間の趣味でやってるので、時間制約も多い、途中でストップして来週ということも多いので、囲いのあるガレージは必須で、
かつ、趣味で、我慢や辛い思いをしたくない等といっていると、ドンドン設備が増えてきます。
関連記事

コメント

非公開コメント