2012/11/06

だんべうどん

DSC_0053[1]

 食べ物関連の記事はめったに書かないのですが、
 先日、偶然、こちらでゴルフ帰りの500Eオーナーと会いましたのでアップします。

だんべうどん

 群馬県前橋市富士見町(旧勢多郡富士見村)時沢にある「だんべうどん」です。

 群馬県は実は国内小麦の大産地でして、雪の降らない平野部では古くから米作の裏作としての小麦生産が盛んです。
 米を年貢で納めて、小麦を食べていたためか、昔から粉食文化が盛んです。

 最近では、食通というとそばと聞くことが多いですが、小麦の香りがするうどんは結構奥が深いものです。
 近年の讃岐うどん店のフランチャイズブームで、手間がかからない、管理が簡単な低温熟成で、グルテン化させる
タイプのうどんが多いのですが、ここのうどんは、「打つ」、「こねる」ことによって、うどんのこしを作っています。

 昔ながらの上州の太いうどんで、めん好きには、とても高い評価を得ています。
 大手食品会社や製粉会社の方々がお忍び(笑)で食べに行ってます。
 私の感覚では、ここより美味いうどんは、めったに巡り合えることはありません。

 ここに慣れちゃうと、フランチャイズの讃岐うどん店は、駅そばのレベルです。

 難点は営業時間が昼は2時まで、夕方は7時までと短いのと、数が限られてること、
 職人の手作業のためか、だしの仕入れのロットのせいか、日によってつゆの味や 麺のあがりに差があることでしょうか

 ご主人と話す機会があったのですが、いまでもその日の天気や、気温でめんの出来が違うといってました。
 小麦も品種改良でいままでの農林61号が契約の畑でないと手に入らなくなったとか、
さば節、鰹節も品質が変わったとかで、結構、苦労されているようです。

 おすすめは七合の肉うどんですね。
 繰り返しになりますが、営業時間が短いのと、売り切れると終わりなので、
 遠方から行く場合には、余裕を持って出かけてください。
街道から入った、わかりずらい場所にあるので、ナビがないとたどり着けないと思います。
 関越の渋滞を抜けてやっとついたと思って、のれんが出ていないと、けっこう挫けます(汗)
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ども!です。

以前、富士見に少し住んでいたことがあり、だんべうどんの看板は、
よく見ていましたが、行った事がなくて・・・行ってみればよかったです。

ちなみに、ワタシも、うまいと思う、うどん屋があるのですが。

場所は、高崎県道(伊勢崎人はそう言う)を高崎方面に向かい、
田中島交差点を過ぎて、少し行くと、右手にある、手打ちうどん つる兵衛という、
うどん屋です。
太い歯ごたえのある麺です。
付け汁のつる兵衛うどんがおすすめかな。

Re: No title

Nohoさん

 伊勢崎のこちらも行ったことあります!おいしいですね、群馬はうどんが「うんまい」です

No title

饂飩の話が出たので 意味は解りませんが だんべ とわ面白いですね、でも北海道の方が聞くと ? でしょうね、食べ物と女の話を書き物で表現出来たら 一流の物書きになれる、と言う下りを開高さんの小説で見ました。残念ながら自分ごときが旨さの表現など、出来なくて味の説明わ、難しいですが愛媛今治にも 讃岐うどんでなく こんぴら 饂飩なる店があります。ご多分に漏れず、親爺は偏屈で素材にもこだわり今わ白い饂飩のほかに製粉の度合いを控えて何とも言えない腰とコクを出して昭和饂飩と名付けてます。群馬のだんべ饂飩と同じく11時から2時、午後わ4時から無くなるまで数量限定です。店は、釜ふく言います。皆様にわ田舎の饂飩中々賞味戴く機会わないと思いますが。讃岐以外にこんぴら饂飩があることを、知って戴きたくて‘。県外からもいらしています。小麦の文化ですかね、関東わ蕎麦の文化で上州に旨い饂飩が有るとは知りませんでした 群馬の友達の所え行ったときわ是非味わいたいです。有難うございます。

Re: No title

渡部さん 群馬は四国ほど有名ではないのですが、粉食、麺食が根付いています。残念なことに、多くは豪州産の小麦ですが、いくつかの店は自家栽培して製粉からこなしてます。そうなるともう農業の延長、究極の地産地消、見たいなものです。魚介類以外、ほぼ徒歩圏で栽培されてます。ここから
ヘアライン号の工場も近くです。