2012/10/19

近況報告 修理しながら考えること 2012版

DSC_0231[1]


まずはヘアライン号の近況報告から、

結局、折れたドライブシャフトを特注で造ることになりました(汗)
今、製作してもらってます。

理由は、WPC加工では根本的な強度不足、2.82のデフで400馬力程度なら足りるのでしょうが
3.69で400馬力より上、ニトロ吹いたり、現行車と比較して遜色のない馬力を目指そうとすると
やはり、33mm程度のドライブシャフトでは根本的に強度不足のようです。

さて、修理しながら、この車、500Eのことも、考えます。

自動車なんてのは趣味性の部分除けば、移動、交通手段の一つにしか過ぎないのですが、
男、オスの性か、どうしても趣味性や、嗜好性から、自分がどう思うかという、絶対比較に加えて、
他人からどう見えるとかいう点や、他の車種との相対比較を無視できません。

自分がどう思うか、なんでこの車、500Eに魅力を感じるかは、過去記事にも書いてますので
興味ある方は、ご参照ください。

それで、後段の他人からどう見えるか…については、これはオーナーの自己責任でしょう、
2012年、発売後20年超、500E、この車を乗っている自分の人生次第だと思います。

つまり、この期に及んで、この車、ブランドにあやかっているようだったら
(さすがにアクの抜けた90年代の車にアヤカル人は少ないと思うけど)、やはり、格好よくない、

普通だったら、スクラップになっている世代の旧い車を綺麗に乗る、かっこよく乗る、
調子よく維持できる、

そのために壊れないことが前提の新車、いくばくかのお金を出せば性能と快適さが手に入る
現行車と違って、機構の勉強もするし、修理もする、予測する。プランを立てる。
必要な情報も得るよう努力する。良くわからない種類の自動車屋さんや、修理屋、
部品屋、ネット仮想世界の魑魅魍魎の間をうまく潜り抜ける、渡り合あう(笑)。

だから、そのために仕事や商売も一生懸命やろう。家族や隣人、取引先にも敬愛されるように接する。。。。。
から、もしくは、することができる、その気概があるから、
(そのオーナーを含めて)結果として、なんか、車がかっこ良く見える、イカすのであると思います。


その意味では、この車、500Eをカッコよく乗るのは、結構、難しい、なかなか普通の人では乗れないレベル
の最高峰に位置する部類だと思います。

しかし、まあ無理しても好きな車、ベンツ、しかも好き好んで、わざわざ500Eに乗りたいという、
人のそれぞれの事情やお気持ちは良くわかる、根本、私も、(カッコ良い、良く見えるかどうかは別にして)
気持ちとしては、そうありたいという気概を持つものであります。

ところが、ある限度を超えて、度を越して、無理して維持してたり、収支バランスを崩していると、
本来の主体の根本の仕事や商売も滞る、家族や、周りの人からは煙たがれる  となると

どこからとも無く、胡散臭さや、クレーマー気質、えせ市民運動や、ブローカーまがい、マルチまがい商法のいやらしさが出てきちゃって、どんなにガワを綺麗に保っても、なんかこう、かっこよくない、厭らしい、後ろめたさというか、汚らわしさ、まとまりの無さ、保険金詐欺風だったり、インチキブランド風というか、ローン地獄風の気配が見えてきちゃいます。

ここは盛り場の栄華の表裏というか、紙一重ですね、

経済的に成功したか、しないか なんてのは、ある程度の見識と、努力、運でしかない、結果でしかないですが、
こうなってくると、運もなぜか逃げていきます。これは私の経験上、間違いありません。
世の中見て、かろうじて生き延びているわけですが、ここは確信しています。

実は、何年か前の雑誌連載では校正が入って、削除したフレーズですが、

誤解を恐れずにいうと

「いまどき500Eなんか乗ってる輩は『偏屈な金持ちか、偏屈な金持ちに憧れる貧乏人』」

だと私は思っています。

別のフレーズ、『下りのエスカレーター駆け上がる』に絡めると、

下りのエスカレーターを駆け上がるだけの気概、体力、スピードをもって達成できた人か、
前にすすんでる風でも、実際は足踏みしている(望まずとも、そうせざるを得ない)人、
さらには方向性見失って下がるままの方、脱落していく人なんでしょう。

悲しいけど、現実はそうだと思います。
この車だけでなく、社会全体の仕組みや、世界の経済の仕組みがそうなってきたんです

別に上がりきることが目的なんじゃなくて、下るスピードより早く進むだけ、脚を上げ、
前に進むだけなんですが、これが、できた人とできない人には、
そこから見える景色も、微笑む女神の笑顔も変わってきます。


別に、その金持ちが偉い、貧乏人がイカンのじゃなくて、
大したリスクもとらない、さしたる努力もしないで、偏屈な金持ちを気取って、
あやかって、すすんでいるつもりでも、結局、その場に居座わる、

なぜか、そうしちゃう、その結果として、さらにバランスが取れなくなる、
落ちてくる過程で格好が余計に悪く見えてるのがダサいというだけです。

ポジティブに、逆説から考えれば、
こんなに良くできた車(のレストアベース)が、簡単、容易に、しかも極めて安く手に入る。

誰でも、簡単にスタート地点に立てるというのは、
実は、すごいことです。

それに併せて、その車と収支に合わせて、自分の商売の設計や、キャリアプランだったり、ビジネスプラン、夢物語でもいいんで、それを描いて、滝を登って龍になろう で、現実化させられるというのは、それは素晴らしいことなんだと思います。

たかが、自動車、移動手段、交通手段なんですけどね、
こんなことまで、考えさせてくれる、この車、自動車もまた良いものだと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

R230はいかが?

かわばたです

特注で作るのもいいんですが、日産流用が良くないですか?

安いしどこにでもある、長さの種類も豊富。

もし、3.6のみメインだったら簡単なんですけれど。R230が使えます。

2.76から5.12まで使うのだったらR200ですね。
ベンツのデフは210なのでR200だとグレードダウンになってしまいますが強度は十分な気がします。

でもどちらもホイール側のスプラインは共通ですから、デフとセットでドラシャ変えるつもりなら問題ないのかもしれません。

全開ドッカンやるのは3.6の時だけでしょうから。。。

Re: R230はいかが?


カワバタさん

デフはLSD作っちゃったので、その前だったら34メンバーとかの移植が選択枝にあったんですが、
Lsdとデフ、無駄にしたくないので、踏ん切りできません。今気がついたら、OsのLSD作っちゃった3個と
今回のドラシャで結構投資しております。汗、

私の場合、時間切り売りしている商売なので、中々、時間調整が難しく、無駄浪費とはわかりながら、やむにやまれず

そのため、穴の空いたバケツで水を組んでる状態です。

ご無沙汰です

どこからとも無く、胡散臭さや、クレーマー気質、えせ市民運動や、ブローカーまがい、マルチまがい商法のいやらしさが出てきちゃって、どんなにガワを綺麗に保っても、なんかこう、かっこよくない、厭らしい、後ろめたさというか、汚らわしさ、まとまりの無さ、保険金詐欺風だったり、インチキブランド風というか、ローン地獄風の気配が見えてきちゃいます。


上記の一つ一つに次から次へと顔が浮かび…。
こういう時なんて言えば良いんでしょうか?
笑っちゃいけないですよね(笑)

Re: ご無沙汰です

 部品屋さん

> どこからとも無く、胡散臭さや、クレーマー気質、えせ市民運動や、ブローカーまがい、マルチまがい商法の> 上記の一つ一つに次から次へと顔が浮かび…。
> こういう時なんて言えば良いんでしょうか?
> 笑っちゃいけないですよね(笑)

 あら、結構大変なご経験、人生を経ていますね、

 商売ってのは集まっていただける人と、商人の合意によって取引が出来るものなので、たとえば、「のれん」を守る商人としては、そこに来ていただく人も、いやな言い方ですが「選ぶ自由」、というか「選ばなければならない義務」≒「看板、のれんへの信用を守る義務」は当然ある訳です。

 この手の商売は、間口広くするも良し、ですが、対象を絞る努力、高める努力もしないと、どうしても、
スラム化というか、割れた窓ガラスがどんどん増えて、落書きが増える、治安が悪くなるスラム化という、昔のニューヨークみたいになりますね W124もそうならないように「手入れ、メンテ、枝打ち」が必要だと思います。