2012/09/15

過去を振り返って2012年-使った感想をお聞かせください-



毎年、SJの立ち上げを決めた、この時期に、過去を振り返ることにしています。

 長いこと、何年もこんな車道楽を続けてこれるのも、協力、応援していただける皆様の
お蔭だと思っています。

500E、本ブログに関しては
 「現代の最先端の技術で当時メーカーが出来なかったことを行う」 という大げさな
テーマでやっているわけですが、それは、あるモノを流用する、組み付ける、加工したり、
精度を上げたり、表面処理、熱処理、研磨を行うということや、新しくデザインして創る
企画するというようなこともあります。

毎年この時期恒例の昔話ですが、
500Eに関しましては、旧くは、SJ創業当初にやりましたNEEZとのホイール製作、
ご存じの方も多い裏話ですが、現在エボ6という名前で売られているホイールは、
SJ創業時、99年、八王子の鑓水の森岡さんの工場二階の間借りの事務所で、
こちらも創業したばかりのオーダーホイールのNEEZの大森社長にお越しいただき、
企画したことに端を発します。

その後、2000年,SJから森岡さんが分離独立して、当時まだ珍しかった18インチでリミテッドホイールのデザインということで、大枚を叩いて、型を起こして、アンフィに独自で企画を進めたのですが、まあ紆余曲折があって、NEEZが独自で販売しているわけです。
NEEZ社では、おそらく最も良く売れたホイールの一つだと思います。

その紆余曲折も良く知っているので、
私としては、今一つ、自分でユーロ6なるホイールを使いたいとは思えず、今に至るわけです。
でも、良い品物、良くできた、世の中で良く、正当に評価された品物、10年以上も愛されている良品であるとは思います。

さて、ここ数年を順不同で振り返ると、サブさんにCFRPのサンルーフ作ってもらった(1個だけ)、
 コンロッド作った、100φの鍛造ピストン作った(まだ組めてない(汗))
 カーボン製の屋根(全部(笑))作った(驚いたことに日本だけで3台のCFRP屋根の500Eがいます)、
 昨年、足かけ何年かで、アルミフィン付エンジンオイルパン(合計20個)を造りました
(正確にはエスコートの塩原さんに作ってもらった)。
 ATFパンは、まだ出来てません(汗)。

 今年は、エンジントルクダンパー試作しましたが、まだバージョンアップできてません。
他に、今年は、プロペラシャフトをバランスとってもらってアッセンブリーで頒布しました。
 (御蔭様で、即時完売で、第二弾も予約で完売です。)
 等とやってはいます。

それで、自分でプランする、製作を企画する、チェック、試験する、改善する という方法を、工場や生産、経営現場でよく使っているPDCA方法を取る、取っているのですが、実際、自分でやっていると、結構、
思い込みや、良いに違いないというバイアスがかかってしまいがちです。

そもそも、500Eの部品のほとんどは、私家版で、自分のために創ったものなので、手間や時間を考えると、とてもビジネスレベルには達しないものなのですが、その分、性能については、万全を期しており、ただ、正直、他の人の感覚だと、どうなのか、という部分の評価をいただき、改善するべきところは、真摯に改善するというほうが より良いものができる、今後のためになると思っています。

そんなわけで、お使いになっている方は、お暇なときにでも、感想、使用後のご意見等をお聞かせいただけると幸いです。

 うまくいかないな、大変だなと思ったときの、一押しになります!
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

森岡が金用意できなかっただけの話だろ?
使いたくないのは森岡の肩持ってるからじゃん

てゆかお前が」首突っ込んでくんな
いっちょかみもここまでくると馬鹿丸出しだぞ

Re: No title

neeveeeさん
 
 何処の方が存じませぬが、お気に召されないようで

 好き嫌いに理由もありませんが、バカか利口かといわれると
 大馬鹿だと自分でも自覚してます。
 そうでないと、経済不合理な道楽、こんなことできませんww