2012/08/19

ロアアームブッシュの交換

DSC_0395[1]


ホイールベアリングの入れ換えに続いて、
ハブキャリアの下端、ロアアームのベアリングも勿論、交換します。

ここはベンツのリア足回りでも重要な場所です。
コントロールアームでピロボールを採用しているのは、
ロアアームの付根と、先にアップしたタイロッドの二か所です。

W203のタイロッドのページへ

メーカーが、ゴムブッシュを排して、高価なピロボールジョイントにしたのは、
サスペンションの動きが複雑なためと、可動、位置決めの重要度が高いからでしょう

それだけ重要度が高いにもかかわらず、作業が困難なため、意外に交換されていない部品です。
他のアーム類のゴムブッシュが割れる、破けることはめったにないですが、
ここのピロボールは、ショック上下、スラスト、円弧の複雑な動きに加えて、
ディスクブレーキの熱、地面からの泥、水にやられて
ボロボロになっていることが多いです。

写真のようなSSTがあれば、キャリアを分解してプレスによる圧入でなくても、
車上でも交換できるので、ぜひ一度点検して見てください。
関連記事

コメント

非公開コメント