2012/07/17

EZLは買えるうちに買いましょう

 最近、EZLの話題をする、記事を書くことが多いです。

 理由は、かつて大昔は、燃料系ROMチューンの点火時期がベンツではいじれないこと、
 AMG用のHWA品番のEZLが製造中止になったこと、トリムプラグの変更によって進角が変わることなどが
 主でしたが、最近は傾向が変わりました。

 013から現行の015品番に換えたら、レスポンスがよくなった、パワーが出るようになったという
パフォーマンス、性能向上のこともそうですが、ここ数年で値段が上がったことがあります。

ベンツは旧い車の部品供給をきちんと続けてくれるメーカー、「良いものを永く使う」という文化を企業として
提供してくれるメーカーですが、ビジネスでやっている以上、管理コストや調達コストを反映しないわけには
いきません。

部品が供給されるだけまだよしとしなければならないのですが、価格のことを私が話題にする理由をお知らせします。

500Eではないですが、500E乗りでも人気のあるDOHC、いわゆるコスワースヘッドの2.3-16や2.5-16のW201用の5速マニュアル 某モデルのEZL、いくらすると思います?

003-545-7832=003-545-7932
003-545-7832 ですと   定価¥803.500-  ←!!!
エボでもなければ、安い中古車屋で車が買えます(汗)

これなら、KEジェトロやめて、最新の高霧化、短無効噴射時間、滴漏れなしのEV14インジェクター流用、
燃料系込みで、えちごやでフルコンピューター化に手が届きます。
なんだか、まあという気もしますが、それでも部品供給を続けてくれるだけでも、メーカーに感謝するべきなんでしょう
徹底的にオリジナルで維持するか、最新の制御系を手に入れてパフォーマンス向上を目指すか 
オーナーの心持次第ですが、まあ大変な時期になりました。

ちなみに、300E24VのEZLもここまでいきませんが、程度の悪い車両の価格より、
EZLの値段のほうが高い設定です。


昔、EZL修理できないか、マップ変えられないかと分解してみたことありますが、樹脂で固めてるのは
酸で溶かせばいいですが、80年代の設計で、専用設計品が多くまた汎用品も生産中止の部品も多いため
あきらめた経緯もあります。

というわけで、あるうちに部品を買っておいたほうがよいという気持ち、信念であり、
みなさんにお知らせしています。
関連記事

コメント

非公開コメント

お教え願います

こんばんは。
本文中のアドバイスに従い、EZLと他にはスロアクとエンジンハーネスを購入しているのですが、他にも思いつくパーツがあるようでしたら、教えていただけませんか。

EZLほか

ドラゴンさん EZL他、スロットル、エンジンハーネス既にご購入の由、SJで買ってもらってたらうれしいです! さて、それはさておき、私は無理に部品交換をすすめているわけではありません。
しかし、作業が無駄にならないような部品交換はすすめています。
また、一度も現車を見ていませんので正確な判断はできませんが、不具合がない、兆候もまったくないなら、無理に交換することもないと思います。
 もしくは、予備で買っておく、交換にそなえるというのであれば、たとえば高価なEZLを買うのであれば、トリムプラグのほかに、一緒にコイル2個が古びているのであれば、EZLを壊さないように交換する。点火系一式であれば、それにプラグコード、プラグ、デスキャップを同時に新調するという方法も考えられます。
 スロットルでしたら、一緒にバキュームホース、スロットルとエアマス他のジョイントは同時に交換するでしょうね

 こんなところでいいですか?

ありがとうございます

こんばんは。
EZLとスロアクはSJ様にて購入しました<笑>。
申し訳ありません、無理に部品交換を勧めていると私に思わせてしまったのでは、と受け取られるような質問の仕方をしてしまって。
単に予備としてのパーツの有無をお聞きしたかっただけですので・・・。
パーツ交換の際は、お返事の内容を参考にさせて頂きます。
有難うございました。
P.S. バランス調整済みのプロペラシャフトをSJ様に注文しているので
     すが、そうする前に新品のプロペラシャフトの有無を調べると、既に
     供給終了でした。