2012/06/18

W203のハブ

$(KGrHqR,!l!E64oy61-gBOu-YfqnPg~~60_35
写真はW203用のハブ、

ごらんの通り、回転部、ばね下の軽量化のために大きな穴が開いています。
W124のソリッドのハブを見慣れていると進化しているなと思いますが、最近は燃費、軽量
化のために
ハブの穴あけや、花形加工(ボルト部分以外の肉を落とす)が市販車でも主流です。

確かに、ばね下軽量化、回転部の軽量化は効果的であるのは実感してますが、メーカーもここ
までやるんですね

ところが、こうなると、オフセットさせてPCD加工ができません。
仕方ないので、ハブとベアリングはR129、500E用を加工して使うことにします(笑)

ですので、500EやW201オーナーがPCD112のまま流用するにはお勧めです。

ベアリングサイズやスプライン適合、オフセットはあとで現物合わせの結果をご報告します。
関連記事

コメント

非公開コメント