2012/05/14

COOL IT サーモバンデージ報告(2)

DSC_0272[1]

coolit サーモバンデージ

で報告のとおり、フロントパイプにちくちくしないサーモバンデージを巻きました。
写真でみると自己主張するアルミオイルパンに紛れてしまいますが、下のほうの2本は施工ずみのフロントパイプです。

排気温度のログ比較は、まだしてませんが、高速巡航、3000~4000回転位の軽負荷での巡航、目視で
2.5V位でしたから、500度位、0.1v位、約20度くらいあがってるような気がします。
(アクセルの開け方ですぐ変わるので、プラシボかもしれません。)

しかし、前にも書きましたが、アクセル開けたとき、排気温度高いときの排気音の煩さからすると
結構効果あるんじゃないかと思います。

夏室内も涼しいし、エンジンルームの熱害が減る、ATパンに熱伝えない、ステアリング系にも熱害が減るというパワー以外のメリットもいいですね

純正は熱、排ガス対策で二重になっていますが、社外のマフラーだと管そのままですので、その意味でも
社外フロントパイプをつけてる方にはお勧めだと思います。

関連記事

コメント

非公開コメント