2012/03/14

バランス済みプロペラシャフト頒布のお知らせ(予定)

SJのホームページ、出来が悪いと書きましたら、変化の兆し、多少の工夫は最近しているようです。
 まずは、定期的に更新してるし、バーゲンもやってるし、前よりはユーザーフレンドリーになって来つつはあると思います。

 ただ、惜しむらくは、何を売りたいのか、何が得意なのかが私には伝わってきません。
 LEDだとかハンドルカバーだとか、カーテンとかあるものを雑多に並べてるWEB販売の中国製アフターマーケットネット専業の部品商のページと構成が変わらないのか、もう少し、車種別に充実してもらいたいと思います。





 などと、毎度文句をいっていたら、返す刀で、
「ディスクジョイントとバランス済のプロペラシャフトをセットでバーゲンで載せるので、早くバランス済プロペラシャフトを用意してください!」と北村さんから催促されました(汗)

 じゃあ、自分で外してやればいいと思いますが、事情をSファクトリーの柴田さんに聞いても、
「プロペラシャフトのバランス取りの間、工場のリフトを上げっぱなしで占拠されるのはツライ」と言ってます。
「しかもマフラーの置き場所も困る」など等(汗)
「なら、工場広げてもう一機リフト増やせばいい」とは言いませんが、まあ、いわんとする理屈、道理は判らないではありません。

確かに、バランス済のプロペラシャフトがあってそれと交換できれば、それに越したことはないのでしょう。
ちなみに私、500Eのプロペラシャフト部品で3本(合計6本)持ってますが、その目的は自分のバランス取りのスペア用で用意したためです。

わざわざ、バランス取る理由は、過去にも説明しましたが、
クランクシャフトの次に重い、長い回転物、毎分6000回転廻るものですので、
この回転バランス取ると、加速、高速巡航が非常にスムーズになります。
1g/mmの精度でバランスとるので、純正新品より高性能です。

消耗品のセンターベアリングやダンパーの寿命も延びるし、ミッションやエンジンのメタル、プーリーの寿命も延びます。
下手なタイヤ付ホイールより重い回転物が、デフ減速なしで約3倍のスピードで廻っているんですから、そのイメージも付きやすいと思います。

しかし、私の性格の悪さからか、良いと判ってるならやればいいという突き放した感からか、もしくは
自分(ヘアライン号)はバランス済装着してて、もう必要ないこともあり、

そのため、バランス屋さんに長尺モノ持っていくのが面倒くさい事などで、年末、年度末だからとか、寒いとか、風邪ひいたとか、忙しいとかいっていたのですが、WEB構成に文句いったら、北村さんから反撃が来ましたので、早く進めると公言して、退路を断って進めることにします(汗)

目的は、自分が使って良いと思う500Eの高精度バランス済プロペラシャフトとセンターベアリング、ゴムダンパー、ディスクジョイント前後のセットをユーザーフレンドリーに提供することにより、
低振動、ローフリクションの良さを現実に体験して、今後の精進の糧にしてほしいということです。

もうちょっと、くだけて私流の解釈を加えると、日々名車の維持に努力されている諸兄、応援いただき、教えを乞い、参考にさせてもらうに諸先輩方のために、良い品物を手軽に提供する手段を用意する、
良さを再確認するための助力を微力ながらするためです。

ですので、現在お使いのプロペラシャフトを送り返していただいて、
検品して曲りがないこと、再度バランスとれること、ユニバーサルジョイント等にガタや摩耗がないこと等を条件に、SJで下取ることにしたいと思います。
部品とのセットになると思いますので、値段等はSJのホームページ(近いうちにアップされると思う)をウォッチして見てください。
関連記事

コメント

非公開コメント