2012/03/08

ATパンスタディ(7)



エスコート塩原さんのブログから

こちらも構想3年、製作1年ですが、ようやく形になりつつあります。
 今回は木型製作ではなく、CADのモデリングでやることにしました。

 きちんと油温センサー用の穴、ボスも用意してます。
 図でもわかりますようにATミッションパンの底がスラントして装着されるので、
取付面から90度の角度にあわせるとエンジンオイルパンとのフィンの角度の
 整合性がつきません。
 別に性能には変わらない部分ですが、どうせならエンジンオイルパンのフィン角度(地面から)
 とATパンのフィン角度(地面から)は合わせたいです。

 大容量化も考えましたが、フィンをサブフレームから下にはあまり持ってきたくないので、
 こんな感じになりました。
 電動オイルポンプ駆動用のボスや、私のサインロゴでもつけようかと思っています。

 実際、試し吹きで製作して、機械加工してから、試験装着、脱着、再試験等、評価をきちんとしたいので、
実際のファイナル版完成は、しばらく先になりそうです。
夏には無理でも秋にはなんとかしたいかな(今年の)

ご声援、ご期待、お問い合わせいただく諸兄には誠に申し訳ないのですが、
趣味道楽でやってるものなので、試験や評価は、時間かけてやりたいと思っています。

きちんと評価した上で、その後、それからでないとサンプル等といって、
とても、とてもお分けするようなものではないと思っています。

もったいぶっている訳ではなく、同好の諸兄への敬意と、
評価や試験もきちんとしないで、未完成のもの、できたもの、
買ったものを右から左に販売しても良しとする最近の商道徳へのアンチテーゼでもあります。

顕名でやってる以上、ここはすみませんがカッコつけさせてもらいたいと思う次第であります。

私も外から見れば、鈍牛蝸牛の如き歩みではありますが、結構なスピードで下がっていく、
下りのエスカレーターを、懸命に駆け上がっています。

数万点もの部品で構成される自動車、
その部品が年々、経年劣化していく旧い車を良い状態で維持することは、本当は大変なことです。

しかし、その楽しみはある、それ以上の満足度、充実感があるわけです、ここは皆さん共有されてると
思います。他方、時間は等しく、皆が共通に過ぎるものです。

私なんぞの道楽におつきあいいただいて、こんな道楽品までも所望されるのであれば、
どうか、それまでにより良い状態に、500Eを仕上げておいてください。

願わくば、今現在、今日よりも良い状態にしておいてほしい、より良い高みに駆け上がって、
この素晴らしさを実感して欲しいと思っています。
関連記事

コメント

非公開コメント