2012/01/24

イグナイター EZL


SJのページ

 頼まれて宣伝しているわけではありませんが、EZL、定価高いですね
 ユーロ・ドル安を利用してEZLが入荷したようです。

 点火系をつかさどる謎のEZLですが、015品番になってから、レブリミットが変わったとかいう噂を
 聞いてます。AMGのHWA同様、6850rpmまであるんでしょうかね?
 点火マップの違うとか、2番のレジスターがいいかとか噂には聞きますが、
 使用が3000時間を超えたら交換したほうが良いようです。

 新品、交換したらぜひ、インプレッションをお聞きしたいです
関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

レブリミッタはamg品番と違うので6200ほどしか回らんとユーザは言っておりました。
500Eに使う場合、3番トリマだと進角し過ぎで走らないです。
6000CCだと排気量あるから多少の進角ものともせずにまわしきれるようですが。
どうにかして今動いてるイグナイタ延命できないものでしょうかねぇ。
オーバーホールや修理もできないようですし。

EZL

某部品屋さん
 あら、そうですか、では近々私も自分でEZL調達して、回転について試してみることにします。
 でも、4速6300rpm超えてパワーが垂れないで廻しきる500Eが世界、日本に何台あるかと思うとマスターベーションに近いかもしれません。

 さて、EZLは抵抗トリマーで進角を制御しているわけですが、NAチューンで点火時期を追いかけていく経験値からすると、まだ進角は緩い、すすめられる幅はもっとあると思います。ボアの大きさや火炎伝播もあるんでしょうが、もっと進めて爆発圧力上げられれば数%は出力余力があると思ってます。M119のMOTEC制御では相当詰めていたと思います。プラグ何番というより、本来は、Xrpm、アクセル開度%、負圧等の要素を含めて、何度進角した、遅角したというようにしないと区別がつかないでですね、

 修理については、数年前にトライしましたが解析含めて私はあきらめました。次は点火だけフルコン等といってできなかった言い訳にしてます