2011/12/21

エンジンマウントとトルクダンパー

M119エンジントルクダンパー試作(1)


上記の試作中のエンジントルクダンパーの件で、早速お問い合わせをいただきました。
他車で効果体感されてるとのことですが、いつできるかは、すみません、まだわかりません。

情報共有のため、こちらにアップします。

さて、このトルクダンパー自体、ボディ側の固定をレベライザータンクを取り外した後の
M6ボルト3本、フレームから生えている奴でやるようにつくるようにしてます。

ですので、レベ付の車はタンクが邪魔になるため、そのままでは装着できません。
エンジン側のブラケットとダンパーは利用できますので、ストラットのアッパー等から
固定部を造ればいいと思いますが、それはそれで大事だと思います。

エンジンファンを取り外してある、えちごや系の車でしたら、
コンセプト上、まず間違いなく、レベライザーを取り外してあるでしょうから、
その心配はいらないのかもしれません。

また心配はないと思いますが、エンジンマウントの高さを新品時に近い状態で
設定してありますため、あまりにへたったマウントや不良マウントだと調整幅の関係で装着
ができないと思います。

エンジンマウントといえば、いまだ記事にしたことはありませんが、
連載開始以降、2回は換えてます。最初はENGマウントを換える目的で変えましたが、
その後は、タコ足装着時と、いわゆる強化品と呼ばれるものに換えてます。

どう強化、対策してあるのか、分解してないのでわかりませんが、
ヘアライン号で3年経って交換しても、経年変化が判らない程度の品ですから、
まず品質・使用上の問題は満たされているレベルだと思います。


良く聞かれるのですが、私が使っているエンジンマウントのメーカーはFebiです。
SJの北村さんが薦めてくれて使ってます。

SJのエンジンマウントのページ

ただし、偽物にはご注意ください。
純正品は、数年以上前から、箱やホログラムまで偽造されたものが流通してます。
(純正品で箱にデポからの流通管理用の日時が入ったシールが貼ってないものは、
偽物の可能性が高いと私は思います。)

おまけに、OEM品のFebiや品質が良くないといわれる某社の品物まで、コピー偽物が
出回ってるから本当に注意が必要です。

正直、銘柄、品物見ただけでは私でもわかりません。

どこから買うかで判断するしかないと思います。

身近でも、偽物らしき品物をオークションで買って、
交換したら前より悪くなったので、翌週、既存のものに再交換して、
その後、再調達して2週間で3回、エンジンマウントを交換したというツワモノもいます(笑)

関連記事

コメント

非公開コメント