2011/10/24

HKSとM119エンジン




 写真は、かつてHKSがGT500にベンツで参入しようとしていた名残です。

もう、だいぶ時間がたったので良いかと思いますが、HKSは一時記、外国車のチューニングに
事業の方針を振ろうとしていた時期がありました。
おそらく21世紀になって、規制緩和によるチューニング業界のバブルを経て、他の展開を考えたのでしょう

そこで、2002年CLKにM119エンジンを載せてGT500参戦しようとしたのですが、結局、
目立った成果を出せずに終わりました。完走できたのが何回という、とても残念な結果だったと思います。

部外者ですので、理由はわかりませんが、M119エンジン、ダブルプレーンクランク、V8なりの難しさは
あったんでしょう
リストリクター付でNA500馬力ですから難しさこそあれM119エンジンの実力も垣間見ることができます。
それ以上に残念なのは、目立った活躍ができなかったため、それが製品や部品にフィードバックされなかったことですね

完走により田宮のプラモデルになったのが 目に見えた成果です

写真見ても、ドライサンプやデスビレスのヘッドカバー、インダクション、クラッチ等、魅力的な部品がありますね
関連記事

コメント

非公開コメント