2011/09/01

OPTION誌と500Eの関係




最近、オプション2 面白いですね

梶編集長の尽力でしょうか、同じ三栄書房ではオートワークスとならんで家で何度も読み返す記事が多いです。

今月号は、SCOOT小関さんの4ローターFDと三重大学でのS2000エアロ風洞実験が秀逸でした。

両方とも、雑誌メディアでないと、表現できない良い写真、良いテキストを
コンビでまとめた 良い記事だと思います。

私はオプション誌では書いたことないですが、実は創刊号の頃から愛読してます。

確か創刊号はゴロワーズカラーのSR311だったか、雨宮SA22C RX7の室内、TRDメーターにRDレーダーの写真だったか 街道レース的なアンチな雰囲気だったと思います。

500Eつながりで言えば、福野礼二さんも、桂伸一さんも、オプション誌では面白い記事書いてましたね。
昔話ですが、ゲンロク元編集長の田中達也@AMG6.2も、雨宮デッチチューンのサイドポートエンジン載せて
SA22Cで登場してました。学生時代から編集部でアルバイトしてたんでしょうね。
その後、某放送局に就職後するも発売直後のFC3Sをチューニング三昧に入るわけです。
キャノンボールに出たいからという理由で渋谷系放送局辞めたのは彼だけでしょう(笑)

そう、この雑誌がなければ、その後の氏が雑誌デイトナの編集となること(新車で勝った964のポルシェターボを高速で大破させてた(汗)も、
ゲンロク、スペシャルカーズで500Eが登場することも、これだけ500Eブームが熟成されることもなかったでしょう

その意味で、実は500Eともヘアライン号とも共通の解、背景を持ってる雑誌です。
ぜひ皆さんも読んでみてください
関連記事

コメント

非公開コメント