2011/08/29

ヘッドライト光軸調整スイッチの交換

DSC_0035[2]



台湾製ヘッドライト装着


↑ 光軸調整の幅が狭いと書きましたら、
ヘアライン号を乗った経験のある方から、「光軸調整スイッチから空気漏れがあるでしょ」との
指摘がありました。

確かに、高さを低くするとシューシューと空気の漏れる音がしてました。
なので、きちんと、これもライト交換と同時に交換してあります。
それでも、なんか調整幅は小さい感ありです。

それで、その空気漏れですが、なんでも中のバキュームバックから空気が漏れることがあるらしく、
マイナー箇所ですが割と珍しくない作業だそうです。

ヘッドライトの交換後の印象は、おおむね良好です。
カットも特におかしくもなく、レンズが新しくなったためか、光量もアップした感もあります。

ヘアライン号、オ-ルペン時にライトASSY交換して4年半ですが、左側はライトパッキンがへたって
水が入るようになって、洗車後は水滴が見られました。
隙間が開いていてるからでしょうが、レンズの中側から排気ガス等で汚れがでます。

これ国産だったら、ツメとシールラバーとかの固定じゃなくて、ブチルゴムや接着にするんでしょうね
プラスチックレンズになる前の異型ガラスレンズ、プラスチックハウジング固定だったからなのか、
ボッシュか、ヘラのこだわりなのかわかりませんが、謎です。

そういえば、昔のサバンナにつけてた丸四灯のシビエも、中のメッキが錆びたり、
レンズが外れたりとかいうのあったなぁ、欧州製品の伝統なんでしょうかね?
関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

あら、そうですか、やはり結構頻出トラブルなんでしょうかね?