2011/08/05

最近のカーナビ、スマートフォン クレードル




カロッツェリアのクレードル

最近は、純正装着(新車用)以外、カーナビが売れないらしいです

SJの小澤さんに先に書かれちゃったけど、ネタ元は私です(笑)

ハイエンドのHDDモデルと、安価なSDメモリナビの両極端に
二分しているようですが、それでも絶対販売量が低下しているとか

カーナビは、いまや必須アクセサリーのひとつですが、
それでも需要が低下しているのは
携帯電話で、ナビタイムのようなGPSナビが普及したからと
思ってます。
それも納得で、i-mode通信でない、
スマートフォン用ではさらに進歩しています。

クレードルを利用しての装着で、
そこにはGセンサーやGPS擬似車速を組み込んでます
BLUETOOTH、ハンズフリーや、音楽再生、充電も
もちろん、できます。

地図のバージョンアップや渋滞情報、駐車場情報もリアルタイムですから、
車載専用のカーナビの利点とすると、携帯配信されるまでの
VICS情報の時間差位しかないかと思うくらいです。

携帯電話というより、アンドロイド-リナックス端末ですから、
これにOBD2情報とかも表示記録できるわけですね

大昔、15年前位の話ですが、W124に必要な現代的装備(笑)は、
ETCカードと、カーナビ、HIDと言ってましたが、携帯端末とクレードルが
あれば、このカーナビもいらなくなりますね
関連記事

コメント

非公開コメント