2011/07/01

エアコン クライメートコントロール モジュールの故障 The Climate control module failure of W124 500E

好事魔多し とは 良くいったもので、
夏の暑さ、猛暑前に、水温低い、今年はOKと余裕かませていたら
エアコンが壊れました。

水温は、70℃~82℃(ロア)位で安定していますが、
突然、エアコンが効かなくなりました。
走っているときは、冷えるのですが、止まると冷えません。
ファンを見ると、動いていない。

前述のとおり、スプリットタイプのエアコンコンデンサーを取り付け、
左右に小型ファンを取り付けてます。

さては、ヒューズが切れたか、コンデンサー容量が足りないのかと思いましたが、
どうもそうではない。
ガスも足りてるし、室内の温度センサーの抵抗値も正しい。
水温センサー(青)が壊れてるわけでもなく.....

となると、どうもエアコンコントロールユニット(クライメートコントロールユニット)
がおかしい模様、怪しい
そういえば、室内循環、外気導入の動きがおかしかったりetcのトラブルが最近あった…

通常なら、ユニット交換で@@@万円ですが、どうせ基盤の割れや、クラック、コンデンサーのパンクか
ダイオードの破損、悪くてトランジスターの破損だろうと思いますが、
どこ修理していいかわからないので、症状、点検状況データ等をつけて、修理依頼することにしました。

笠井さんに聞けば、
オートのクライメートコントロールに限らず、マニュアル式のものも多数、修理してるとのことで
安心してます。暑いから早く直してね~♪

2011062917520000[2]


関連記事

コメント

非公開コメント

熱害と経年劣化ですね。

おはようございます。

お暑う御座居ます。

昨晩分解致しましたらご想像通りのコンデンサー劣化、スイッチング半導体の熱害が故障原因という状況です・・・。

本日、交換部品の一部の未在庫品を手配しておきま~す。

完成致しましたら御連絡差し上げますね。m(_ _)m

No title

笠井さん

修理いただきありがとうございました。ほとんどの電気部品、電解コンデンサが寿命を迎えていること改めて実感してます トホホ