2011/05/10

排気温度




写真は、アナログ1接続、アイドリング状態のA/F左右と排気温度計のV数(ナローバンド)
まだ、PCに接続してロガー本体の設定をしていないので、温度表示されていません。
アナログ入力の0.90Vです

ナローレンジ出力で 3.9mV/℃ だから

白色線
0℃    0V
250℃  0.975V
500℃ 1.95V
750℃  2.925V
1000℃ 3.9V
1250℃ 4.875V

 始動後アイドリング時、測定場所フロントパイプ集合部で、約200℃位ってとこでしょうか
 ちょっと乗った限りでは全開で3V位だから800℃位の様です。
 タコ足フランジ部よりは50℃~100℃位下がっているんでしょうね

 NAにしては、ベンツの排気温は高温です。
 シャシなんかで全開みているとタコ足は暗いところなら真っ赤にみえる温度です

 変換は、ソフト上でグラフ設定で温度表示できるようなのでやってみます。

 始動直後ですので、燃料補正はいっているためか1:λ 14.7より若干濃い目ですね
 
 PC接続したらグラフでデーターお出しできると思います。


 ていうか、何世代か前のグループ噴射で左右バンクλ計ってどうする? との厳しいご質問

 おっしゃるとおり、現段階では無用の長物、純正1本+左右2本ですが、

 GridのT氏の心意気でお勧めいただいたものです。

 これからの将来への発展、気筒毎シーケンシャル制御への布石の一歩です(笑)

 
 
関連記事

コメント

非公開コメント