2011/04/26

K型熱電対アンプ



KOTECのページから

 個別の質問でワンバイワンで答えるほど 情報の廉売するつもりもないし、
 お人よしでも、時間の余裕もないのですが、
 まあ 同好のよしみというか、真面目にやってる方には
 気分次第でお答えしてます

 ちなみに、KOTECもGRIDも、プロフェッショナル、エキスパート向けのお店なので
 バカな質問しても答えてくれないと思います。(たぶん)
 ですから わからない方は、下手に弄らないで良い専門家に任せる というのが良いと思います。

 逆を言えば、これらのセンサーのセッティングやアンプ、AF計、ノックセンサーのことを
 理解してない人は、ECUや、インジェクション弄れないことは間違いないです。
 (そもそも、今更、私がこんなことをいってること自体、ベンツのチューニングの程度の低さが判る。
  修理屋さん兼自称チューナー、専門家は手厚く保護されてます)

 国産の例えばHKSのライター置いているショップで、AF計がない、排気温度計がない、
 ノックモニター等がない スロットルポジジョンもエアフロも開弁率、水温、気圧も
 わからない、吐出量も把握しない、燃圧も???で、
 そもそもECUチューニングができるわけがない...ですね

 熱電対ってのは、熱によって、発生する電位差を利用するわけで、
 その電流は微弱であるため、その電流信号を規定の範囲で拡幅するのがアンプです。

>高精度に、5℃~1250℃を測定可能です。(アンプ出力電圧範囲 0℃~1450℃)
>10mV/℃出力のワイドレンジと、3.9mV/℃出力のナローレンジの2出力を装備しています。
>ナローレンジを使用すると、0℃~1450℃ が 0~5V (特性値)となります。
>ワイドレンジを使用すると、0℃~500℃ が 0~5V (特性値)となります。

ですので、車ですと、3.9mV/℃のナローレンジ出力をメーターなり表示なり、ロガーにつないで
使います。
 これが、12800円は 安い!! 

センサーは9900円 純正流用なら要らないかな? 


フィッティングは  2400円 これも純正流用なら要らない 

 これで、高価な触媒が溶けたりしないようにモニターできたり、燃焼温度がモニターできるんだから、
 安いもんです 
関連記事

コメント

非公開コメント