2011/01/04

オイルパン試作完成!MercedesBenz 500E M119 Aluminium Cooling Fin OilPan Study 


(写真はエスコート ブログからの借用)

構想3年、制作企画3ヶ月~でやっと試作品が出来ました。

木型造って、メス型作って、アルミ鋳込んで、熱処理、金属加工であがった
M119用アルミフィン付オイルパン、アルフィンパンの試作品です。
エスコート塩原さん謹製です。年末の忙しい中ありがとうございました。

アルフィンというと 旧くはべレットやS30のアルフィンドラム、
もう少し新しいと BEETのアルフィンカバー(笑)
字面 見て思い出したのは ロシア(旧ソビエト)大使館裏のアルファイン(汗)

さて、型の微修正や加工の段取りも整い、量産にかかる前に装着してみました。
中のストレーナーとバッフルプレートの辺り、オイルパンボルトとフィンの位置、
ドレーンボルト、油温センサーの位置、オイルクーラー用ポンプの左右出口の位置もOKです。

空冷フィンで表面積稼ぎ、冷却効果も高く、板金のオイルパンよりブロック剛性も高い、
エンジン音も静かになることでしょう

関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます