2010/10/01

パワステブラケット 軽量化




エンジン本体の軽量化の魅力にかぶれている私は、軽量化に努めてます。

エンジン回転部の軽量化は良く言われているので、馴染みがあったイメージも
わき易いのですが、本体の軽量化については、恥ずかしながら最近まで???でした。

でも 実際、試してみればわかります。
エンジンに20kgのバーベルウエイト ガムテープで貼り付けて、そこらへん
一回りもしてくれば、理解できるレベルです。
これをトランクや床に置いたのでは、よほど敏感な人でもわかりません。

これがエンジンなら10㎏でも、敏感な人なら5㎏でも判ります。

アクセルのオン、オフでエンジンは反力で動く、動いてから駆動力が伝わる ですから
軽量化すると この伝わりがスムーズになります。

何より、軽快な動き、アクセルワイヤーを詰めたような
感じ、レスポンスの伸びが良い感じになります。
上より下で感じやすいかな? トルク変動に敏感に動くようになります。

M119のパワステブラケットですが、他車種兼用ですので不要なところをエアツールでカット
不要な肉を落として、骨を残して穴を開けます。
パワステタンク自体にはほとんど力がかからないのに、頑丈なつくりになってますね。

ここもできるだけカット 全部で何百グラム単位の軽量化です。
特に左バンクは、熱が溜まりがちで、ここの風の抜けが穴で向上する、パワステ本体の熱も
減るから 良いことずくしでしょう

関連記事

コメント

非公開コメント