2010/05/24

オイルクーラーの再改善策



オイルクーラーといえば、ヘアライン号のオイルクーラーは新品に交換して、ホースも交換。
オマケに放熱、表面積あげるのでボロン打ってます。

それでも、真夏に4速全開だと高速道路、走行風当たる場合でも油温上がります。120℃超えです。
6Lだと発熱量が多いのか、容量たりません。

素のAMGなので、特にローフリクションをやってるわけではないですから、
油温が上がらない、えちごやエンジンと比べてもしょうがないのですが、油温があがって、その結果、水温にも上がるんでしょう。

なので、新エンジンの前にどこまでできるかで、オイルクーラー容量アップすることにしました。

キノクニで売ってる横長のポルシェ用、純正のベンツ用より容量が大きく、値段も安いです。
これにもちろん、ボロン打って放熱、面積アップさせてます。

問題はホースなんですが、純正のブラケットにアールズのAN用のアタッチメントを溶接して
アールズホースが使えるようにする段取りです。
ステンメッシュではなく、黒色のフレックスで、シルバーかニッケルのホースエンドで決めたいと思います。

ってか、夏終わるまでにできるのか....
関連記事

コメント

非公開コメント