2010/05/18

エンジンオイルクーラー

オイルパン
  

オイルパン2

「米国は、最高速度が65Mile/h、日本は最高速度が100km/hだったら油温なんか上がらないでしょう」という理屈で、
某偉大なメーカーはオイルクーラーを省きました。コストも省けて、儲かりました(笑)

最善か無か といわれれば、オイルクーラーのついてない車は「最善でない」じゃあ「無」であるべき.....とは、
中々ならないわけで、なければつければいいし、つけることのデメリットも無理に探せば確かにあります。

1は、圧損が増える
2は、重くなる
3は、空気の流れが悪くなる。

位でしょうか

長いホースとオイルクーラーに向け、オイルポンプで圧送するんですから、
圧力損失は増えますね。ポンプ廻す力が同じなら、油圧は下がります。
エンジンの出力が同じなら、馬力、トルクもその分下がります。

確かにその分、重くもなるし、長いパイプの分、右バンクの空気の流れも悪くなるでしょうね

世の中、頭のいい人はいるもので、最近の自動車ですと、オイルクーラーのポンプも独立で電動だったりします。
昔のNISMOのマーチ用なんかそうでしたね。
これなら圧損もない。パワーロスもない、コントローラー使えばサーモスタットもいらない、オーバークールもない です。

他には、アルファロメオのジュリアなんか、オイルパンにフィンを立てて、冷却してます。
古典的な手法ですが、結構効果があるようで社外オイルパンでフィン立ててるのありますね。

M119用も砂型起して造ろうかな 等と思っています。と、エスコートの塩原さんに相談してから、もう2年位たっています。

ゆくゆくは、ISFじゃないけど、ドライサンプだな....、そういえばW116の6.9はドライサンプでしたわね
エンジンオイルの劣化少ないし、クランクがオイル叩かないし、クランクケースの中、真空に近くできるしで
いいこと尽くめですが、オイルタンクどこに置きましょうかね.....左右フェンダーの中かな
関連記事

コメント

非公開コメント