2010/04/21

カーボンルーフ 続き


(写真はサブリさんのブログから)

久しぶりのカーボンルーフネタ、こんな馬鹿げたもの、続く人は皆無と思っていましたが、気合の入った方はいらっしゃるもので、
第二弾、次峰がお越しです。サンルーフからCFRPルーフだから、軽さと剛性、実感できるでしょう

新規独立開業されたSabu氏のブログ、Sabliveに詳細は出ています。

きちんとした製品を造る職人は良いは型もしっかりしてますね。私の名前が型にみえてたりします(笑)

ドラッグカーボンのブログ

ところで、

先週行なわれた500E浜名湖ミーティングに参加予定だったのですが、
生憎、馬術競技の大会と重なってしまい今年も不参加。

前日の大雪で中止かと思われる中、
那須トレーニングファームで行なわれたJFEI公認のツースター競技、メインイベントのMAクラスで二日目 5位、三日目6位と 両日とも見事入賞となりました。

いやあ、北京オリンピック、ワールドカップ出場の名馬中の名馬が競うレースで、我が愛馬、クランマー号は良く頑張ってくれました。
このクラスですと、さすがに私のようなアマチュア騎乗ではなく、もちろんプロに騎乗してもらってですが、我がことより更に嬉しいです。

話は、「自動車の技術とテクノロジーを通じて真理を探究する」とのテーマとは多少離れますが、
物理の神様が支配する世界にいることは変わりがないため
自動車の4輪アライメントと同じく、馬の蹄の角度を調整する(ことによって、骨盤や肩関節、頸関節の位置関係等を調整する)装蹄は大事で、ここ半年、データーを取りながら試行錯誤の連続でした。

いかに有効にトラクションをかけるか、前後のロコモーティブを上手く連関させるか、馬の姿勢をどうもっていくかが
重大なテーマです。

そのために、馬でもコーナーウエイトゲージ(ってか、そのまま使えるな!)や、
蹄のアライメントテスター、加速センサー、圧力センサーや、GPS、脈拍用の
ロガーが欲しいと真面目に思って物色しています。

クランマーのJUMP画像

うーん、今更ながら自己分析ですが、どうも私は、「乗ること」そのものより、
それを通じて、考える、試験する、真理追究が好きなようです。

関連記事

コメント

非公開コメント