FC2ブログ
2019/07/21

ポルシェ カーボン セラミック ブレーキ スタディⅡ PORSCHE PCCB BRAKE DISC  STUDY II

 ポルシェのカーボンセラミックブレーキ ご存じ PCCB 

 996GT2用 流用できるか、ホイールサイズの問題もありますが、
 まずは、その足で、川口からエスコートによってヘアライン号で使っている
 ブレーキローターのハットのPCDを測定してきました。

 前にも何度も書いていますが、
 ヘアライン号のブレーキは、
 前のローターは 空冷ポルシェGT2の耐久レース用オプション
 スチール製の直径390mmです。

 オリジナルのGT2は 大型の4ポッドキャリパーでしたが、
 ヘアライン号のキャリパーは、AMGのR230 SL用の8POD でいきました。 




 フロントは10穴 PCDは235mmです
 
 前にも書きましたが、こちらのポルシェのローターはとてもよく出来ていて、
 もちろん左右指定のベーンであることは当たり前ですが、
 外周部の重量を減らすために V字型の切削しています。

 こういうところは、さすがポルシェです。

 リアは ローターは 往年のアジアサービス
 直径340mm
 キャリパーは 空冷ポルシェ964ターボのフロント用4ポッド

 前にも書きましたが、
 リアはアルミハットにインナーのスチールドラム用のインナーだったもの、
 フローティングでないので、作り直して、ジュラルミンに硬質アルマイト処理としています。






10穴で PCDは210mm です。

 PCCBにあわせるキャリパー、
 996GT2の純正のPCCB専用色のイエローキャリパー とするか、
 その後のモデルのものとするか、ブリッジタイプのキャリパーとするか、
 サイズを含めて、いろいろと 考えています。

 PCCBのディスクにあわせるキャリパーについては後程