FC2ブログ
2018/07/28

車高さげるには2 LOW shcool How to be A working poor ! 2

 残念な日本のロースクール Law School 、人生無駄にしがち

 それまでは、たぶん優秀である程度はあったであろう学生、
 多くは高い授業料払って、若い時間無駄にして、得るもの少なく脱落する(惨)

 よりは、 幾分は、まともだと思う、シャコタン学校 ロースクール(笑)LOW school

 誤解ある方もいらっしゃるかもしれませんが、
 私、車高低いほうが好きです。プローぽ―ション的にも ローダウンのほうが 幅広に見えて、カッコいいと思います。

 前も書きましたが、若気の至りで車高短のってたこともありますし、
 ベンツでも他のドイツ車でも、もちろんヘアライン号でも車高を一時、下げてたことあります。

 なんで、やめたかというと、明確な記憶がないのですが、
 えちごやのミナグチさんの影響もあるでしょうし、
 オリジナルボックスの国政さんの教え、解説によるものも多分にあります。

 車乗る、弄る、方向性が決まった上で、理屈で考えると、どうしても、
 バンザイアームにすることに抵抗がででくるようになりました。

 ドラッグレース、ある程度、真面目にやってみて、つまるところ、非力で思い500Eだと、
 0-60ftのトラクション勝負、
 マルチリンクのアーム角度とか、ロールセンターを横から見て、4リンクに置き換えて考えた頭で、

 前から見ると、バンザイしたアームの角度みてみると、
 なんてことない、車高下げても、実は、ロール増やすために、アーム角度を変えちゃってる自分に気が付きました。

 ここにどーしても、拘る、こんな根性があれば、バネ荷重をさらに上げて対応ということでも良いんですが、
 自走で快速に、コースに行って、ドラッグレースってのは、とても、無理なので、やめたということです。

 ドラッグやらない、周回と街乗りでいくにしても、昔、車高調整サスを造って試したら、
 軽量w202の4気筒でも、車高下げると、バネ荷重22KGとか24kGでもたりない、
 ハイパコのバネじゃ売ってない位のレートになっちゃった経験もあり、おくらばせながら、気が付いたということ
 でもあります
 
 まあ、後追いの理屈です。試行錯誤、七転八倒の結果なんです。

 でも、しつこく、どうやれば、デメリットの多く、メリットのない、バンザイ、アーム角度
 にならないで、車高を下げられるか?考えてました。
 
 結論、できることはできるけど、結構高度なボディ加工を含む大改造が必用になります、

 主にボディ加工編として、今回まとめて、書き出すと

1. サブフレーム スライス
   リア、サブフレームの厚さを減らして、メインフレームに溶接、取り付け位置を上に上げる(リア)

メインフレーム加工 
 ロアアーム取り付け位置の上に穴を開けなおす(フロント)。
 これなら、短いスプリングが使えますが、モノコックボディ加工、精度の高いフレーム加工が必用。
[これ以外、ボディ加工外だと、車軸位置の変更 や、フロントならロールセンターアジャスター(2009年の記事でした(汗))、

 これら以外ですと、アームの角度は換えないで、車高を下げる方法。

3.チャネリング フロアリング
フロアを全体切断して、ボディを下に下げる(床を上げる)チャネリング

img_0.jpg

D21江クスコ―ションブログから

 チャネリングだけでなく、ローダウンの合わせ技でここまでさげてるんでしょう フレーム車ならではと思いきや、
 モノコックボディで、s30Zでトミタクさんもやってました(汗)、最低地上甲稼ぐのに、フロアをかちあげてます。

 屋根切断チョップドルーフ
Chop_Top-11.jpg

 ポルシェでは珍しいチョップドルーフ、でも よく出来てますね カッコいい
 ルーフが大きくなってるようには見えないので、ガラスを倒して、Aピラー倒す、、
 996以降だから、ハードトップのカーブ、側面ガラスとクォーターガラスはアクリルの切出しでしょうか?

Chop-Top-GT2-Porsche-996-by-Albert-Motorsport.jpg


そこまではとてもできないけど、お金かからない、超極論、走らないでいいなら

5. 全外し ホイール、ブレーキディスクローター、バネ、アームまで外す(着地します)

15959865152_2965c39181_b.jpg

 見事に着地してますが、解体屋でしか見たことないです。でも意外にカッコいいと思います。
 
 これならお金のない人にもできます。 バンパーが 半端に外れて、トランク、ボンネットが直角にあがってるところも
 イカしてます、ディスクの錆もポイント高いです。
 

タイムアタック、速く走らなくても良いからアーム角度はどっちでも良い、
けど、ホイール、サスペンション等まで外すのは嫌という 我儘な貴男へ

6. エアバックサスペンショ~ン!(どらえもん風)

 停止時には着地、走行時はタイヤすらない位置まで下げる、そうでないとき普段は上げる

52a868b26db584948b290c3f515159ac.jpg

 あとで、個別に紹介したい2台です、1台目はベルギーのw124 戦闘機風の外観と、
 同じくWW2世代のアルミのパイロットシートに、武骨なロールケージです。
 でも、この車、車体より先にマフラー、触媒?サイレンサー が着地してるのは惜しいところです。


1-5.jpg

 こちらは、日本のW124クーペ、ノーマルボディでリア11Jだそうで、エアタンク、配管とも非常に作りこみが良い、
 ホイールもポルシェのクッキーカッターであわせてます。
 ポルシェが作ったベンツ、ポルシェライン(笑)の500Eでは、こういったことしないんでしょうか(笑)

  エアサスについては、長くなるので、別に またあとで紹介したいと思います。

 その他、動かして走らせることを考えるなら 1.2.3と前記事でのショートストローク加工か、固定位置オフセット等との
 合わせ技で、ただ、ここまででも、結構大変ですが、これに動かす、走らせるとなると更に大変です。

  本来、レースカーだったら、履くタイヤにあわせて、フレーム編んで、ボディ載せますから、
  車買って、ホイール履けるところを選ぶ、加工するとは逆です。
  なので、みなさん結構、苦労しています。

7.ホイールタブ加工

 車高下げて、タイヤが純正のタイヤハウスにあたらないように、
 フロント、リアのタイヤハウスを切断して、上にホイールタブを製作する。

image27101.jpg
 
 以前にも紹介した、北欧のSPASO racing,
 最初車高決めたら、タイヤ外径とのマッチが悪かったので、結局ボディを再製作してます。
 リアのクゥオーターパネルをばっさりと切り取ってます

 アーム角度重視で、ロールセンターを、下手にいじれない周回用のコーナリングマシン、
 これでタイヤサイズ変えるってのは、 本来は、これくらい、大変なことなんだと思います。

 ホイールタブを新しく作り直して、トランクのシェルフ近くのところまで、かち上げ、
 ドアのところも切り込むレベル、サイドシルも切断で、
 前に出して、マルチリンクの可動と、タイヤ径クリアしてます。

 
image27102.jpg

CARUのFRPサイクルフェンダーS14用 こういうものがキット品で出てる位、気合いれて車高下げる人も日本には
いるのに比べると、もの悲しさ、たそがれ感があります。
この差は、なんでなんだろう? 車の差というより、オーナーの差なんでしょうか?

45FFF9F3-F802-4694-A25E-1FCA03E4266A.jpeg


 こちらは車種違って日産のS14シルビア、 フロントのサイクルフェンダーの完成見本です。
 これ、素直にカッコいいと思います。たぶんカッコよさってのは、ハッタリだけでない、機能美、実力が感じさせられる
 総合的な美しさなんだと 思います。

4E05FCC4-2B08-490A-80BA-DFBF872A603A.jpeg



 在りし日の仙台ハイランド、JDDAの最終戦だったかな?で北海道から参加した渡辺FC3S

800.jpg

 今は、これに隈取のカラーリングいれて、オーストラリア シドニーまで、環太平洋戦の
 遠征にいって頑張ってます。今年、私も応援にいけるかな?

 CARBOY reborn の渡辺さんのページ
 
 RJレースカー、キャバリエ用パイプフレームにFCカウルかぶせてますが、リアのホイールタブ、トラックのフェンダーサイズです。。直径33インチのドラッグスリックで、車高上げないでとなると、これくらいまで、大きくなるので、
 当然上に上がります。

 ドラッグマシンなので、リジッドサスですから、リンクを中心にして前後軌跡の上下になりますが、
 マルチリンクだと、アームの左右軌跡にあわせて、
 ホイールハウスの 中に倒れ込む、キャンバーがつく、 前に上がる、キャスターがつくので、
 さらに厄介になります。

 渡辺さんが、自分で写真をとって、書いたドラッグマガジンの記事が転載されてます。
 当時、食い入るように見たのを思い出します。
 良い記事ですので、是非ご覧ください