2011/12/28

20年たって振り返り見る500Eの魅力ってなに? (4) うごく脚ッテ?

ベンツの乗り心地の特徴は「堅いボディと動く脚」だと思っています。
 この伝統は、縦目のころ(もっと前)から、変わりません。

ストローク@mmで%kg/mm、ピストンスピードが$mm/secでという
ものを出すのに、その土台が振動、動いているんじゃ、数値が定まりません。
解を出すためには、やはりボディをできるだけ堅くするというのがベンツらしさだと思います。

 
よく話題にでるベンツのサスストロークですが、Sクラスなんかだとジャッキアップして
伸びたところから、バンプタッチして沈むまで、約200mm以上はあります。
国産車のパンダグラフ車載ジャッキじゃ上がり切りません。
1Gでプリロードかけて、残り中央値のおいしいところでショックアブソーバーを使い、
真ん中、100mmからのストロークを積極的に動かす。それを堅いボディで受け止めるというのが
ベンツ一流の味付けだと思ってます。

えちごや流の街乗りセッティングもこれを踏襲しています。
段差やうねりは、ストロークで吸収させたいから、あえて車高を下げようとしません。

そのため、ヘアライン号は、1Gからストロークが70~80mm位あります。
伸び側も同じ位ですから、約150mm位のストロークが確保されてます。

実は、白状しますと、あんまり考えずにバネを交換装着していた時期も確かにありまして、
そのときは、そのときで確かに良いなと思ったのですが、今の鉄脚から比べるとなんかこう、
別の感じです。

今、鉄脚で段差を超えるときのタン、タンというしなやかさがありますが、
以前はタタタンでありました。ドドドンよりはいいんですが、
500Eのエンジンのフィーリングが、どこまでも行く感じなのに
ショックの動きが有限で、今一つ、統一感、マッチングが取れませんでした。

喉越しの良いツルツルした長い麺、盛りそばを、冷たいアゴ出汁で啜って楽しんでいるのに、
短いショートパスタがアツモリで混入している感じで、統一感を失ってました。

短いショートパスタも、熱いスープも、はそれはそれで美味しいんだけど、トータルでは500Eとは
なにがしか違和感があり、整合性がありません。雰囲気があいません。

もっと、こうなんというか、例えば、クロスミッションの4AGだとか、
多段変速で、どんどん変速して、トルクバンドを追いかけていくような
エンジンとの組み合わせが良いと思ってます。(趣味、アレンジの問題です。)

W124、500EのAMGサスの失敗は、ここを上手くアレンジできてないところでしょう
今更ながら、遠慮なくいうと、マーケットの要望で、車高下げた、堅くしたはいいんだけど、
ストローク上手くつかえてません。ノーマルがいいというのはここからだと思います。
徹底的に煮詰めてないんですよね、所詮おっつけだと思います。

バネレートが堅いのじゃなくて、乗り心地が面白くないんですね。動かないんです。
手でバンパー押して、おおっ、堅いねという感じがあるんだけど、
なんか国産車の低重心ミニバンのローダウンサスみたいな味です。

しかも500Eは、リアがレベライザーなので、前と比べてストロークさせずらいようにしてます。
車高が下がるとロッドを押して、油圧でもとにもどそうとします。
トラクションかけて、リアをフルに下げて加速しようとするときに、これが遅れて来るので、トラクションが抜けます。
高速カーブで、ゆーっくり車高を上げる姿勢を保持するというならいいんでしょうが、エイヤのときには
遅いです。荷重コントロールするLSDとはマッチしません。

おそらく、W126以降、ベンツはLSDを廃止して、油圧式ASDやら、ASR等で、LSDを
雪道脱出用にしか見てなかったんでしょう、最近でこそBMWMM5やM3に押されてか、純正でLSDを再採用してますが
この時期では、他の手段を模索してたんでしょうね

クドイですが、長い脚をストロークさせてトラクションかけて走るならLSD+ストロークの長い脚だと思います。
トラクションかけずに、ストロークさせないで乗るなら、別にローダウンにレベでも不自然さはありません。

ただ、疑問なのは、
なんでレベライザーを荷物満載しないで乗るパーソナルセダンに装着してるのかの理由がわからないのです。
インチキな解説文章で、レベをV8のトルク受け止めるために専用の足回りとかいいますが、これは500Eを乗ってない人の書いた文章でしょう。
なぜなら、トルク荷重によるリア車高変化を積極的に受け止めるなら、ストロークするサスペンションになります。
車高が上がるとトラクションが抜けます。そもそも、荷重受け止めなくっても、純正装着のASRが働いてくれるから
ホイールスピンが続きません。

エボのように4レベを使いたかったがコストで諦めた妥協策なのか、エアサスのセルシオへの装備競争のために
ワゴン用の装備を転用したのかはわかりません。2.3-16みたいにレベで
+αのスペシャリティ感を出したかったのでしょうかね?


所論あるところでしょう、


ただ確実にいえるのはW210になって、セダンでは、同じM119エンジン搭載E50でもレベは、TOWINGオプション以外では、標準装備から外してます。