2018/04/21

カーボンルーフ8号機 How to make CFRP ROOF 500E 8th


先にお話ししましたとおり、
CR8 ルーフ自体はできていました


今月、ようやく板金屋さんに車を持ち込み、サンルーフ、パネルの脱着、カーボンルーフの接着をして、
前後ガラスも装着が完了しました。

施行中の写真はこちら、
屋根をカーボンにするというと、大作業のイメージがありますが、モノコックの骨格部分ではなく、
外販表皮なので、スポット溶接をスポットカッタードリルで外しますが、溶接するわけではありません。
(ボディ補強のためにスポット溶接を、スポットの間に追加はします)

サンルーフ、表側の鉄板は、スポット溶接で前後ガラス上部の骨格とABCピラーを前後つなぐルーフフレーム骨格に
約80個超のスポット溶接で接合されています。なので、このスポット溶接を外すためには、
前後ガラスと 左右2本のモールを外して、鉄板をドリルでもめるようにする必用があります。




 仮合わせ、接着の際に男性二人で作業してますが、重量的には女性一人の片手でも充分です、 
 作業者の顔が 鉄板ルーフを持った後でその重さをしっているからか、予想以上に軽いルーフのためか 微笑んでいます
 指で引っ掛けて持ち上げてるのがわかりますでしょうか?

fc2blog_20180419120924fd5.jpg

 ルーフを ルーフパネルを仮合わせ装着、接着したところ、目止め、クリアーを噴いて仕上げているのでピカピカです。
 ルーフパネルの接着は、最初私のときはエポキシパネルボンドを使いましたが、8年で相当進化しているので
 もっと性能の良い接着剤がでていますので、今はそれを使っています。

 最近では新車ラインでも、溶接でなくてパネルをエポキシ系接着剤で止めている例も増えているためか、
 接着剤も日進月歩です。

 



 参考までにカーボンルーフ 熱硬化性のプリプレグシートを使用して、バキュームパック、
 CFRP製2プライで、間にケブラーのハニカムをサンドイッチ、塗装なしだと
 超軽量で3.5キロ弱で仕上がります。

 これにカーボンの織目を目止めして、クリア塗装を塗り重ねて、
 テカテカ仕上げにすると、乾燥状態で約300グラム位重量が増加します。
 塗膜が厚いからでしょうが、意外に重いのが塗料、です。



 こちらが取り外した、サンルーフ、スライディング部分もあり、重い鉄板が二重になるので重量が嵩みます。

 サンルーフの鉄板、モーターや配線、水抜きドレーンの配管等を除いて、 簡易測定で29キロ、ですから、
 約30キロ弱の軽量化となります。鉄板ルーフだと、さすがに大人一人でも軽々とは持ち上げられません。
 
 肩より 高いところに乗せるのと、下に傷つけられない車両がありますから、
 二人で掛け声「せーの」、の作業になります




 外したルーフのスポット痕、スポットマシンで打ってるのですが、いくつか修正したあとがあるのが、わかりますでしょうか?
 
 ベンツもポルシェも、モノコック、ボディの制作、
 その昔から電気溶接、スポットが得意で、点検して、出来が悪いと修正してたようですが、そのためでしょうか、
 ヘアライン号のときでもそうでしたが、いくつかやり直しの後が見つけられました。

 見やすいところでは、前後ドアのゴムシールを交換する機会に、ドア廻りのスポットを見れるので、
 ほとんどの車で、修正痕を発見することができると思います。
 
 今のロボット生産のラインやレーザー溶接では、きっと、ここまでやってないと思います。手がかかってる証拠です。
 
 ちなみに、ノーマルルーフと、サンルーフは、車検証で比べると30kg違うのですが、外した屋根の重量を見ると
 モーター等を足せば、概算で30キロ減であってると思います。
 
 ご存じの方も多いと思いますが、真面目な ベンツは、昔からサンルーフ有と無で、スプリングレートを変えてます。
 
 スプリングのマーク、部品番号が違います、対して、いい加減な車高下げる目的のバネ、社外品では全モデル
 全部一緒ですね(笑)

 なんどもいってますが、
 質量だけでなく、 最も高いところで30キロ軽くなるので、重心位置も変わり、運動性能、特にロールが
 大きく影響されます。

 もし、乗ってわからないというのであれば、
 車を転がして、講釈たれるのなんか辞めたほうがいいレベルです。

 ルーフボックスに米袋積んで走っていたのを、キャリア毎取り外した位の感覚です。
 車高がすこし上がるというのも理解できます。

 ルーフ、ガラス外した際に、スポット増しをするのと、エポキシ接着剤での接着補強、
 純正でついているルーフの補強バーをCFRPで造って増やしているので、その分の効果もあるのでしょうが、
 外板をCFRPにすることによる引っ張り強度が増えるためか、乗った時の剛性感、シャーシの堅さ感は
 ブラインド テストでも確実にわかってもらえると思います、

 そう、難点は、もう、サンルーフ無の純正のライナーが生産中止になっちゃったことでしょうかね?

 もし、少しでも、CFRP化に興味ある方がいれば、解体屋さんで、
 今から、サンルーフ無のライナー、ヘッドライナー確保しておくことをすすめます(笑)

 屋根の上に、オーナーがのって立ち上がっても、へこまないCFRP屋根が欲しい人は どうぞ!
2018/03/18

炭屋根八号機 CFRP ROOF 8th



炭屋根八號機 
1号の私の完成報告が10年1月ですから 1年1台のペースで増えています


昨年末のことになりますが、大阪のTさんの炭屋根が完成しています。

カーボンプリプレグの綾織シートを、センターで切り分けて、真空バキューム成形し、
加熱硬化させた表皮
ケブラーハニカムの構造材と、同じく、真空バキューム熱硬化の裏皮のマルチコンポジット複合材で形成されています。

スチールでプレスされ、スポット溶接で接合された純正のルーフとくらべて、
軽量であるだけでなく、引張強度、圧縮強度ともに優れていること、
カーボンルーフ装着行程でおこなうルーフ、前後ガラス開口部のスポット増しによるボディの
剛性感、ソリッド感アップが運転して20mも走れば感じられます。

軽量化の観点でいえば、もっとも高い位置にあるルーフが、特にサンルーフモデルであれば、純正の二重のルーフやモーターが
なくなるため、30キロ以上軽くなることによる運動性能向上のメリットもあげられます。

BMWのM3やレクサスの限定ハイエンドモデルで、カーボンルーフを採用しているのは、カーボン繊維が持つ、アピアランスと
高価な先端素材のプレミアム感以上に、運動性能、軽量化のメリットがあるんだと思います。

誰もができる訳ではない、間口の狭い、敷居の高い改造、見方によれば、悪改造ではありますが、
こんなバカげたことをやる人が私意外に7人も日本にいることを驚きつつも、喜んでいます。

2018/02/22

CR2號のフルコン化 MOTEC Management for Carbon Roof 2nd 500E 

春節の休みを利用して帰国した際に、エスコートにお邪魔してきました。

華南からの往復の飛行機は、やはり中国人が圧倒的、家族連れが多く満席、
春節、来日数650万人は伊達じゃないと思いました。
我が国も、否応なしに人口14億人を抱える世界第二の経済大国の影響を痛感する時代になりました。

ホテル業界の方の話をきくには、春節時期と大学受験が重なるので大変とのお話しです。

さて、目的は、自分の車の打ち合わせと、O氏のフルコン化の話です。
前にも紹介してます炭屋根2号機 こと ”CR2”が、私の車なんかとは別次元、
驚くほどきれいな車体です。

日曜午後に、都内から戸田までの往復路、に乗せていただいたのですが、トータルで仕上げた足回りや
高い剛性感のシャーシ、レカロCSEシートは秀逸で、「やはり500Eはいいなー」と独り言が出る瞬間でした。

20180218CR21.jpg


20180218CR2.jpg


写真撮影しようとしても塗面が平滑なため、撮影者の映り込みが出てしまい、上手くとれないレベルです

ポイントは、炭屋根2号機なので、“CR2“ Carbon Roof 2nd のエンブレムをセンス良く作成して
トランク右端部に装着しています。

fc2blog_20180220184018483.jpg


フルコン化の内容、記載しておきますと
点火系のコンピューター、EZLが60万円超に高騰した今では、
フルコンにしたほうが中長期的はいうこともなく、
短期的にも合理的になったと思います。


いくらかかりますか?2015年の記事

ポイントとなるのは、
① クランク信号のピックアップ、
② 気筒判別(シーケンシャル制御するなら)、
③ コイルの選択(デスビレスにするなら)、
④ ノックセンサー(フィードバックで点火時期制御するなら)
⑤ ツインλ(シーケンシャル制御するなら)
⑥ インジェクター

だと思います。 

①のクランク信号は、純正のクランクプーリーから取れます。
②の気筒判別は、私はVH45のクランク角センサーを使いましたが、左バンク、インテークカムの突起を
削って、シングルにすれば、純正カムセンサーを流用できるでしょう

③のプラグトップコイルは、w210のカバーと4.8番のカムホルダーを使えば純正流用できます。 

かっこいいけれど、高価なプラグコイルブラケットは必要ありません。

おまけにフロントカバーもw210用がそのまま使えますので、
デスビ撤去後のエキゾースト側のカバー製作の必用がなくなります。

④ノックセンサーは、セッティングさえ整ってて、フィードバックでノックトレースを詰めるのでなければ、NAの場合にはまず、いらないと思います。
割り切って、予算抑えるつもりなら、当面は不要、必用になったら、あとから追加でもいいでしょう。

⑤ ツインλも燃調のフィードバックで気筒別にシーケンシャル制御を補正するなら必用ですが、
これもあとからでいいんじゃないかと思います。

⑥ インジェクターは私は背の低いDENSO製12穴を使いましたが、ボッシュのEV14で背髙のとても、性能の良いものが今は出ていますので、
そちらをつかえば、フュールデリバリーや燃圧レギュレターも現行純正をそのまま使えますので、高価な製作費用が節約できます。

スロットルポジションは、純正の配線から拾えますし、純正配線を加工してほぼポンづけでできますので、お手軽だと思います。

 あとから続いていただける方が増えるのはうれしいですね



2017/09/15

WTAC 2017 SYDNEY TIME ATACK

10月にオーストラリア シドニーで開催される WTAC 2017への チームエスコート ファイアー安藤の
車の積み込みも終わりました。

WTAC 2017のページ

当初、ヘアライン号の右横の定盤に鎮座している35GTRでの参戦予定でしたが、
100Nm以上のトルクに耐えられるトランスアクスルミッションが出来上がらずに、国内タイムアタック用のエボ9を
改装して参戦することになりました。



ヘアライン号の左横が作業の定位置です。
ビニールカバーがかかっているのがヘアライン号(笑)
レース屋さんですから、リフト一基もありませんがふつうです。リフトないと作業できないといってるディーラーあがりの整備屋さんとは心構えが違います

fc2blog_2017091018430436b.jpg

土屋レーシングのVIVA Cカラーでカラーリングされてます。

fc2blog_20170910191300cfb.jpg



無事に横浜の波止場から船にのって旅立ちました。初春のオーストラリアでのレース結果が楽しみです
ヘアライン号の進捗も 楽しみだぞっと

fc2blog_201709101912595f1.jpg

エアロは、WTACでは定番のエアロです。三重大學での実車での風洞実験モデルです。
フルカーボンのボディですが、カッティングシートで仕上げているので
白に見えます。
この写真はヘアライン号の横でのカッティング作業です
W124 500E の排気量は半分ですが、出力は2~3倍 重量で500キロ超は軽い車は
アマチュアのドライブで筑波を55秒で走ります。

シドニーでの挑戦が楽しみです!
2016/10/02

カーボンルーフ 7台目


 富山 佐分さんのところから

14344126_1020235178073647_6478660117405972329_n.jpg

 W124 500Eのカーボンルーフ  はやいもので7台目です。

 世界中で、何台かの500Eのカーボンルーフがいます。
 知りうる限りでは、ノルウェーに1台 これを含めて日本に7台
  7/8が日本、他にもいるにせよ半分以上が日本です(笑)

 屋根上にある重たいサンルーフがなくなって、天井が軽くなる、運動性が高くなうRメリットのほか、
 作業時にガラス脱着しますから、その際にスポットまし、純正ルーフの横棒、補強バーも
 本数増やす、これもカーボンで作る、ケブラーハニカムサンドイッチのプリプレグCFRPで
 ボディ剛性も高くなります。

 出来上がったら 写真送っていただけると 屋根ちょん切って、こんなこと始めた私としては、
 こんなにうれしいことはありません。

 ちなみに切断した屋根は佐分さんのところにあるので、きちんと計測して、
 型が変形していれば、いつでも雌型を再作成できるようにしてます

 このルーフの雌型で すでに何代目かです。

 粗悪品のFRP、多くはコピー品と 違って、職人の心意気を感じるところです