FC2ブログ
2018/05/20

チタンボルト 整理棚 Storage Boxes for Titanium Bolt. 

20180515小物整理箱

チタン道楽が すすむと、だんだんに
六角ボルト、六角穴付きボルト、六角穴付きテーパーボルト、12角スモールヘッドボルトに
ナットだ、ワッシャーだ、スプリングワッシャーだ、ナイロンロックだと いろいろ欲しくなります。
作業途中で、(効率を考えて) 手が止まるのが嫌とかいいだすと、
相応の在庫、種類も必用になってきます。

M 6  並目
M 8  細目 並目
M10  細目 並目
M12  細目 並目
M14  細目

これを20mmから5mmきざみで60mmまでそろえるとすると
 10種類 つまり10個の小箱 太さ5種類 で 5x10で 50個の小箱
 (乗用車だとM14とかは、ほとんどないけど)

各サイズ細目、並目ピッチの都合8種類が加わると 400小箱が いることになります。

あまり使わない、サイズは、区切って使うにしても、
ボルト、ナット、ワッシャー類が加わると、
最低150箱位はいるバンラックボックスを買わないといけません。
つまり 75箱の棚で2つは、いることになります。

エスコートの戸田で見かけた アールズのホースエンドが収納されてる バンラック、

値段 調べたら、 恐ろしく高くて まじ、驚きました。

なんか 妙に悔しいので、香港の家にもどったあと、
ダブルナンバーの乗用車で国境超えて、お隣の広東省の工場にいって買ってきました。

そのまま、もってかえろうかとおもったけど、
パレット単位 最低10個でないと売ってくれないっていうので、しかたなく、届けてもらいました

20180501荷姿

これがアパートの地下に届いたパレットです(笑) ビニールぐるぐる巻きの梱包を解いて小分けしました。
アパートのガードマンは、驚き、私も これ見たとき、一瞬途方にくれました。

幸い、JALマイレージクラブのエメラルド会員なので、
ビジネスクラスだと4個まで サイズは縦横幅合計で 200センチまで無料(笑)
3分割で運びました、さすがに一人では使いきらないので、
SJに1個、エスコートにも多量のボルトナットの保管用で送りました。

fc2blog_20180516233432973.jpg

  ラップのビニールほどいた 段ボール梱包のまま持ってきたので、カウンターで養生梱包してます。

  ビーチサンダルと リゾートカジュアル風な格好なので、やもすると、地元の配送業者の中高年アルバイトと
  間違われそうですが、

  実は、ラフな ドレスダウンを装った、
  おフランス製 高級ブランド パリは サンノーレ1番地の メゾン エルメスのTシャツ(ウソ)に 
  イタリーは ミラノの ドルガバの短パンです (大ウソ)

  ワンポイントの赤いウエストベルトに見えるのは、荷物をくくるので持ってきた、荷台ゴムフックです(笑)

  キャセイ航空のカウンターの人も 笑い堪えつつ 困ってます(汗)

  その節は、大変ご迷惑をおかけしました。

20180511JAL.jpg

  羽田空港到着後、あまりに大きいのに見かねたJALのグラウンドアテンダントの
  髪の毛をビシッと まとめた容姿端麗なお姉さんが
  ありがたくも、カートで運搬を手伝って運んでくれました。

  御礼に 缶コーヒーを渡そうとしましたが、なぜか、丁寧に お断りされました。
 
  なんか、一秒でも早く持ち場に帰りたい様子でしたので、無理強いはしませんでしたが、
  きっと すごく 忙しかったんだと思います。

  こちらでも、ご迷惑をおかけしました。次回も、またJALを使わせていただきます。

  自分の工場にも在庫整理で必用なのと、まわりの方にお譲りしたので、
  おかげさまで、あっというまに10個さばけました。

  整備の基本は 掃除と 整理整頓から といいますが、これで、私のへたっぴな整備能力も少しはあがるでしょう
2018/05/05

チタン 12角スモールヘッドナット 6-4 Titanium Nut triple square small head

K氏に影響されて、私も 6-4チタンナットを新しく製作しました。
通常の6角ナット、
ナイロンロックナット、メタルロックナット、穴あきワイヤーロック用等は、すでに製作したので、
今回は省スペース、軽量の12角フランジナット、スモールヘッドです。
ご存じのように、ボルト、ナット類は、インチ、メートル以外にも、
それぞれの国の工業基準、
JIS 日本工業規格だったり、ASME だったり、BSWだったりで結構多岐にわたります。
実際、自動車用で、現行車の置き換えに使おうとすると、ドイツ車と国産車では
違いますし、ナットでも六角ナットとフランジ付ナットで二面幅が違う等があります。
今回は、省スペース、軽量が目的なので、
頭はできるだけ小さく、軽くなるように規格外で企画しました。
fc2blog_20180502184535b64.jpg
こちらはM8、
JIS M8フランジナットは、二面幅が12mm、同六角ナットだと同13mmですが、

これを二面幅10mmで製作しました。
JISのM8 二面幅12mmフランジナットとの比較です。
fc2blog_20180502184555fae.jpg
M12フランジナットは、同じく二面幅が、19mm ですが、
これを二面幅12mmで製作しました。 1.25と1.5の細目ピッチです。
ボルト穴から片側1mmですので物凄く薄いです。

M12でJISの二面幅19ミリのナットと比べると小ささ際立ちます。
オートバイのアクスルシャフトのナットなんかこんな感じで追い込んだサイズですね
アメ車のV8ヘッダーの固定なんかは、サイズ的にもギリギリなので、このように追い込んでます。
ボルト頭サイズがボルト二面幅と一緒か+ワンサイズです。
そうでないとタコ足が装着できない位、排気管の太さ、フランジのスペースを追い込んであるという事情もそうでしょうし、
ショーモデルや、オートバイのレース用なんかだと、良く使われている方法です。
頭を小さくする、素材をスチールから、チタンにする、こういうことの積み重ねで、
1g、一円玉で100万円を貯める作業をしています
ちなみに、ベンツ、W124でも、ボンネットのヒンジの取り付けは、さりげなく、スモールヘッドのボルトが使ってあったりして、
萌ポイントであったりします(笑)。
M8ですと、たとえば、エンジンルーム、ボンネット開けたときに見えるストラットマウントの3か所のナット、
純正ですとユニクロ仕上げの六角ナットとワッシャーで留めてありますので、
ここを換えてチタン12角のスモールヘッド仕様にします。
こうなると、ショックのアッパーを止めているボルトや、周りのボルト類も、チタンにしたくなります(笑)。
今、書いていて、今思い出したのですが、
昔、カーボーイのチューニングパワーズでMCをしていたときに、
何話そうかなと思って、展示車を事前に細かく見る機会がありました。
もう10年以上前の話ですが、展示されてる車、とうぜん、とても良くて来ている車ばかりなのですが、
フェンダーの固定ボルトが、結構の確率で、ステンレスのキャップボルトだったり、
六角穴付ボタンボルトにしてありました。
アピールポイントのボンネット開けたときに見えるように、チューナーがディテールにこだわったんでしょう。
その中で、特に覚えているのが、
松戸の廣野さん(板前サニーだったり、KP61 4AG で昔有名でした(笑))の32GTR、
ツインターボを取り払って、ボアアップ、NAにして手曲げタコ足仕様、アクリルウインドウまでして、
軽量化してる車がありましたが、地味だなと思っていたら、
ははは、エンジンルーム、ボンネット空けてみると、フェンダー固定ボルトがチタンになってました(笑)
今思うに、私の自動車人生に影響を与えている人の一人だと思います。
帰国したら、チタンボルトのお土産を持って、松戸、むさしのにいってこようと思います。
2018/03/15

アッパーマウント チタンボルト Titanium Bolt and Nut continueing.


 チタンマフラーに続いて、チタンボルトと続きます。

 写真提供は、前出のKさんです。

 私のチタン好き、チタンへの憧憬は、前にも書きましたが、同じような御同輩が他にもいらっしゃって
 嬉しいです。

 写真は、ジュラルミンビレットの調整式ピロアッパーマウント、ストローク犠牲にしないように
 ショックアブソーバーのシャフト固定位置が、ハイマウントになっているタイプです。




 こちら、M8 ×1.0ピッチのボルト穴3個 と センターのM12のナット ピロボールの位置調整用の固定ボルト M6が
 5x2の10個 すべて6Al-4vチタンとなっています。

 12角 M8ナットの下にあるワッシャーは、軽量化のために9個の孔があいています。
 家紋の九曜みたいですが、ショーモデルやレーサーの2輪ではよく見かけますが、自動車だとほとんど見かけません。

 車体がむき出しの二輪と比べて、4輪は、ボディでカバーされているのと体積重量が大きいため、
 ここまで突き詰めて軽量化をしたり、ボルトサイズには日本ではこだわっているものが少ないように思います。


DSC_0116 (2)

 こちらは、ニトライド処理をして金色に発色させたボルト、ナットです。
 6角の中も、切削後に整形して研磨してあるので、刃痕もなく、ピカピカです。
 6-4チタンのボルト、買ってきて、それを追加工して、整形研磨後に釡で焼いて色つけてます。

DSC_0105.jpg

 金色と銀色の差 印象がわかると思います。
 チタンボルトの怖さは、一か所すると、見えるところ全部、したくなるところです。

 自分もその系統なのですが、車ばらして、ボルトサイズは測る、創る。
 組み付けるの繰り返しです。

 よくもまあ、こんなに多くのサイズを使ってやがると思う位、多種多様なサイズがでてきます。
 1ミリでも短く、ボルト頭を余らせないよう最適最短の長さで、などとやっていると、 
 すぐに、車よりボルト&ナット代金の方が高くなってしまうようです(笑)
  




2017/09/28

6-4 チタン ホイールナット 3作目 比較  Titanium 6Al-4V Wheel nut M12X1.25/17.0


馬力、トルクがアップしたヘアライン号用、
M12だと折れていまうので やむなくインチサイズにアップした
ARP のクロモリスタッドボルト用に¥12.0mm  から 
12.7ミリ、つまり 1/2インチ 20山 6-4チタン製のホイールナットを 製作しました。

当初は、ヘアライン号と安藤エボ号の2台に使う予定だったのですが、
安藤号がホイールセットをエンケイのM14用に変更することになったので、加えてM14のホイールナットも製作

安藤号も筑波アタックでブレーキで左前のホイールボルト5本折ってますし、
そのあともさらにパワーアップして
1100馬力とかでるから、M14とか インチの5/8の方が良いんでしょう 
ちなみに チームエスコートの安藤タイプMや真鍋さんの240SXも
ドラッグマシン1500馬力~超ですと 5/8 5穴です。

ヘアライン号も 最初M14にしようと思ったのですが、
数セットあるプロドライブのホイール穴の関係で 1/2インチが限界、
M14でなく、1/2 インチに落ち着きました。



前にも書きましたが、
パワーあげていくのでしたら、ホイールボルト径やPCD、ボルトサイズの安全マージン、
余裕みたほうがいいですよ 

ポルシェが良く出来てるなと書きましたが、NAのGT3カップなんかでも、オプションでセンターロック選べる、
なんで、ナット必用ないんだよね~というコメントをいただきました(汗)

たしか、パンケル製のスタッドの出ているタイプのハブだったと思いますが、こういう点はさすがだなと思います。
ポルシェが好きな500E乗りの諸兄、どうせなら、パンケルのセンターロックハブ選んでいただき、ポルシェのセンターロックで
転がしていただけると、流用でセンターキャップだけポルシェエンブレムにしている車の横に停めたときに、
嫌がれてよろしいんじゃないかと思います(笑)。

それで、重量ですが、
貫通の38mm M12モデルで 32g、 M14でも33gに収まっています。
6-4チタンの比重が鉄と比べると約66%ですから、
同サイズのスチールナットと比べて、1本あたり約20グラム1台分で約400グラム強の軽量です。
回転部、バネ下ですから、きっと相応以上の効果があることでしょう

チタンナットと言えば、昔、フジイダイナミックスの故藤井さんのところで、
チタン製ホイールナットや ブレンボ用のブレーキピン、キャリパーピストン、マウントのボルト売っていました。
憧れて見ていたことがあります。

ヘアライン号の現在のホイールナットも、フジイダイナミックス製で、今でも大事に使っています。
闘病後、21年夏に逝去された後、お店も閉めてしまったので、もう手に入らなくなっちゃった という思いが、
未だ、6-4チタンに憧れ、こだわる部分だったのかと 思い起こしています。




こちらはM14x1.5 二面幅19mm で33g



M12X1.25 二面幅17mmで 32g
M14とM12だと もっと重量差があると思ったのですが、貫通ナットで ボルト径が太い分だけ
肉も少ないので、二面幅19mmでも 1gしか差がありません。

ボルト部分の重量差はあるんでしょうが、意外に軽いです。
そういえば、チタン製のスタッドボルトも35GTR なんかだともうでてますね
2017/09/09

チタンホイールナット M14X1.5/19.0 6Al-4V Titanium Wheel Nut


6Al-4vチタンホイールナット、 自分用で ARPのクロモリスタッドボルト用に
  1/2 インチ 20UFサイズを造ったら、
 M14X1.5 二面幅19mm を造ってくれといわれたので、また特注することにしました。



 チームエスコートの安藤さんのWTAC シドニーでのタイムアタック用です
 35GTRで出走を予定してましたが、トランスアクスル用の1000馬力対応の
 トランスミッションが出来てこないので、国内タイムアタック用のエボで出場です。

fc2blog_20170908125806573.jpg

 エボは元々はM12で、馬力トルクに耐えられないので、
 これをヘアライン号 W124 500E と同じく ARPのクロモリボルト1/2 12.7㎜にして、
 と思ってましたが、ホイールをフルセットでエンケイにすることになったのでM14サイズで創り直しすることにしました。

 ホイールによっては、M14だとホイール孔が、小さくてM14が使えないんですが、
 どうせならということで、鍛造M14ホイールをセットで調達することにしたので急遽M14に変更しました。
 コンテナの船積みが終わったあとなので、直接オーストラリアに手荷物で持参になります(笑)

 このあと、ついでなので、M12x1.25 二面幅17.0も造ることになりました。

レーザーで刻印入れてますので、盗まれてもすぐわかります