FC2ブログ
2018/10/18

WTAC2018 タイムアタックレース 2 から考える工作機械マシニングセンターの内外価格差


article_WTAC_porsche14.jpg

オーストラリア シドニーで毎年おこなわれるWTAC 数年前から出てる車で注目している車があります。
今回念願の1位 RPポルシェ968 オーストラリア製のマシンです。

写真はマルティーニカラーにラッピングする前のCFRPボディ

投機対象にもなる位の、世界的な空冷ポルシェ人気と相まって、
日本では不人気で、もうほとんど走っていないポルシェ968 水冷4気筒をベースに
タイムアタックマシンを仕上げてます。

私も、V8の928の他、4気筒の924、944,968と友人の車を乗らせてもらったことがありますが、
いずれもトランスアクスルで、静的動的な重量配分、加減速時のコントロール性は素晴らしいものでした。

空冷の弱点、100マイル超えた安定性、空力ドラッグ悪いので走行抵抗はすごく強くなる、
おまけにフロントリフトが発生してくるわ、横風には弱いはで、
三重苦の空冷ポルシェをはるかにしのぎ、

物凄く高いレベルでの運動性能だったと思います。

素性が良いのに評価されない車の魅力を発掘したと 前回の訪問で訪問したときに伺ってましたが、
素性というより、トレッドはアームから造って広がってます。
オリジナルの部分はフロアとバルクヘッドとだけだと思います

article_WTAC_porsche10.jpg

エンジンは、928のヘッド、v8方バンクを流用したのかと思いきや、
ヘッドもビレットで削りだして、左右の吸排気を入れ替えて、右ハンドルでのターボ化に対応している(笑)。

22154142_1048736928562758_7197418988573403097_n (1)


ブロックも削りだし、ボア広げるから、ボアピッチも変わる、ヘッドもまた作る、
カムも削りだす、もちろんクランクもものすごい、形状のクランクがはいっている

22196311_1048736995229418_7832441842896346967_n.jpg


ETC、原型がないとはこういうことをいうレベルに仕上がっています。
云億円単位でお金かかってます。

それで、この車の話はまたあとでとして、
今回は、ビレット製品を作る際に使うマシニングセンターの値段、内外価格差について書きたいと思います。

日本国内、知り合いの加工屋さん、エンジン内燃機やさんでも、清水の舞台から飛び降りる覚悟で、
銀行や公庫から借り入れて、設備投資をしています。

ただね、この値段、国内価格と、私がすんでます中国で販売されているものの値段、
同メーカー、同等機材の価格があまりにもひどいレベルで差があります。

米国、ドイツ、国産がハイエンドやミドルレンジ、
中高価格帯メイン、
中国や韓国は ローエンドレンジという 国毎の差はあるにせよ 
実際、同じメーカーの同等機材を比べても、中国と日本では ものすごく差があります

同等機材といっても、仕様は国内と海外で違いますし、機械をかってそのまま使えるわけではないから、
設置やイニシャルのセッティングに加えて、作業する人の講習や熟練の費用もかかるので、
そのままは単純に比較できませんが、

日本で、削りだしのエンジンブロックやヘッドが出てこない(べつにハイエンドでなくてもできるのに)のは、
機械自体の内外価格差が大きいんじゃないかと思っています。

あまり、個別のメーカーの個別のマシン、具体的な値段を出すのははばかれますが、
経済産業省が2016年度に発表した資料によれば、
中国との単純内外価格比較でいうと、縦型で4.74倍、横型で1.82倍です。
縦型と横型の差があるのは、おそらくローエンドが多い横型は価格差がおおきい、
ハイエンド、ミドルエンドが多いであろう 横型は価格差が少ないっていったことでしょう

対してアメリカとの単純内外価格比較でいうと、縦で1.76倍 横で2.51倍

ようは、日本で1185万円する縦型マシニングが、中国では250万円 もう勝負にならないですね
実際に展示会やショーにいってみて来てもこんな感覚です。

経済産業省 リンク
2016年度 産業向け財・サービスの内外価格調査

 こちらの55Pをご覧ください

リンクのエクセルの表 書き出してみますと

     品目                  米国   ドイツ     韓国    中国
204 マシニングセンタ(立型)            1.76   3.40        3.15    4.74
205 マシニングセンタ(横型)            2.51     -      2.15     1.82

これ、日本が1。日本を分子とした場合の分母

つまり 日本/その国のものの値段 



主軸が垂直の縦型のマシニングセンターだと、アメリカが1/1.76 つまり、日本の約56.8%の値段
               ドイツは 1/3.40  つまり  日本の約29.4%の値段
          おとなりの韓国は、 1/3.15  つまり  日本の約31.7%の値段じ
          そして  中国は  1/4.74 つまり  日本の約21.0%の値段
          
  

中国は名実ともに世界の工場で、おそらく機械の場合も
販売量が日本の10倍以上あるでしょうし、世界最大市場を狙って、内外の競合も多い、だから価格競争が激しい、
値段が安いということになるんでしょう

おそらく5軸については 主軸が横型のほうに区分されるためでしょうか、価格も高いためか、
制御、機構が複雑であるため、日本もまだ競争力があるんでしょう、

縦型より、価格差は少ないとはいえ、本家アメリカだと日本の値段の39.8% 
半値の八掛けです(泣)中国は、55.2% 約4割5分引きです

調査対象品のスペックはこちら
204 一般機器 マシニングセンタ(立型) 立型、
高性能型、前後ストローグ510mm以上、作業面積600×1,100、各軸移動量x800×y510×z510、主軸回転速度12,000

205 一般機器 マシニングセンタ(横型)
横型、高性能型、テーブルサイズ500mm以上、作業面積800×800mm、各軸移動量x1,300×y1,200×z1,100、主軸回転速度10,000


ある意味しょうがないこともあるんですが、日本製、日本メーカーの機械が
内外価格差があり、競争が激しいとはいえ、海外、米国、中国では、3~5分の1で売られてるんですから、

そりゃ加工代も安いわけですよね

ここには記載されてませんが、自動車生産の一大拠点となったタイでも同じようで、
オーストラリアもきっとそうなんでしょう

そりゃ、加工時間単価は下がるでしょうし、アルミの値段も日本の高い電気代で出来たアルミとじゃ違うから、
もう、どこをどうとっても 勝負にならないレベルだと思います。

5軸のMCでヘッド削りだしなんて、日本でやろうと思って、3d測定からデーター起こしても
加工機械をもっている設備投資できるところが限られているし、
その加工値段も、機械代、電気代、税金(固定資産税、法人税率他)では大幅に不利なわけですから、
頼むにしても、そもそも難しく、できたとしても、数倍の値段、準備にかかる時間も数倍になってしまいます。

世界で最も高いマシンをメンテ付で買わされて、材料も高い、電気代も高い 
流通コストも高い、しかも数が出ない では、もう、どうにもなりません。

いつの間に、こんなに差が付いちゃったのかと、
素晴らしく仕上がったかの地の車をみて、思いつつ、
趣味からみた世界の実情を感じて、我が国の産業、貧国弱兵の未来を考えるとブルーになります。

まあ、日本の購入者が、数が少ない、複雑な流通や、メーカーの思惑で、高いものを掴まされてるんでしょう

なんとかなんないですかねー

これでも まだ、日本最高! 地元最高!職人技、匠の技って言い切れますかね?
2018/09/09

石原裕次郎とメルセデス300SL 

少し前の話ですが、帰国した際に、銀座マツヤ前に ガルウイングのSLが展示してありました。
松屋といっても、、牛丼外食チェーンの松屋ではなく、ガルウイングのSLといっても、現行AMGのSLSではありません(笑)

見てみると、石原裕次郎展のエントランス展示で、たしか昔は、小樽の石原裕次郎ミュージアムだったかに飾ってあった
300SLでした。
石原裕次郎というと、我々の世代では、金曜のゴールデンタイムにテレビで放映される
「太陽にほえろ」や「西部警察」にでてくる人というイメージでしかなかったですが、
両親と同世代にとっては、銀幕の大スターで、
昭和の終わりに逝去したときには、両親がショックを受けていたのを、よく憶えています。
実は、この車、大学の自動車部の縁で、学生時代に見せてもらったことがあり、
当時見慣れていた縦目のSLと同じく傾斜して搭載されている6気筒エンジンの長いインマニと、
ドライサンプ! そして、直噴のフュールインジェクションに驚かせられました。
下回りは、当時は、アンダーコートで防錆されていて、デフが縦目と同じく、真ん中で折れる
スイングアクスル だったのを記憶してます。
展示車両、今回も遠目に見てみると、エンジンルームは空けてありませんでしたが、
外装の塗装は仕上げてあるようでした。
シルバー塗色は  W124. 500E. の  ブリリアント シルバー でも  もちろん ヘアライン号のナヤリットシルバーや  ブライト系の明るいものではなく、昔風のハコスカみたいな シルバーでした。

車内は、当時はたしか、赤い革シートだったと思いますが、展示は、おそらく当時からの
赤いモケット布のカバーがかけられていて、いました。
外装のテールランプやリフレクターは、オリジナル、新車時からのもののようで、
だいぶ経年劣化が進んでいました。
フルレストアされたピカピカの車両より、大スターの往年の雰囲気が伝わくるのかもしれません。
当時、はやり始めたカラオケ、レーザーディスクで、石原裕次郎の唄を熱唱する酔客が多く、
(今の若い世代では、想像もつかないことかもしれませんが、当時のカラオケってのは、グループで個室で占有できるカラオケボックスではなく、女の子がつく、クラブやバーで、その場にいる人が、順番を待って、ときにはマイクを奪い合って、歌うものでした(笑)。)
なので、飲みにつれてってもらった学生の私も、LPレコード位大きい、レーザーディスクが表示する
ブラウン管の画面に登場する、ヨットにのっている若い裕次郎を、歌詞字幕つきで眺めてました。
そのため、リアルタイムではないのですが、伝承で親しんでいました。
展示の解説を見ながら流れる曲は、当時、小金持ちの おっさんが赤ら顔で歌っていた 「我が人生に悔いはなし」(汗)
石原裕次郎が亡くなったのが52歳とありましたから、その年齢を超えて、振り返るに、
我が人生は、悔いなしといえるかというと、私は、未だ、けっしてそんなことはいえるわけもなく、
後悔と、未練、悔いと、懺悔ばっかりであります(笑)
2018/04/02

CARBOY Returns


すでにご存じの方も多いと思いますが、八重洲出版からCARBOYが復刊されました。
 雑誌としてでなくムックとしての発刊ですが、手に取って眺めると、十代のころ、毎月15日に発売時に書店に
 駆けていって手にするときのドキドキや、何度も読み返して、
 ここから、わからないことを調べ、学び、人から乞い聞き、またその先へと、進んでいいこうとした感覚がよみがえってきます。




 表紙になったのは、八王子のライジング 伊藤さんのS30Z L28改のエンジンルーム
 アルミビレットの長いインマニとインジェクションのスロットルボディ、
 インジェクターハーネスを見えないようにまとめた配線の美しい取り回しと、フュールデリバリーパイプのバンジョー
(赤アルマイト)の取り回し、

 カムカバーに増設されたブローバイパイプの2本のアルミパイプの取り廻し、
 下から覗く、6気筒のタコ足のおどろおどろしさ、エンジンルームの黒の艶ありと、ワイヤータッキング、
 ラジエターサポートのパーリング、等々が見て取れます。



 ところで、この雑誌、主要な広告代理店を通さずに、往年来の各テクニカルショップや往年の読者有志による寄付によって、
 製作費の一部を賄っています。

 私も、往年の有志の一人末席として、協賛しています。国産チューニングとは縁が遠い500E倶楽部なる文字がでてるのは
 そういうわけです 誤植ではありません(笑)




インターネットWEBの時代なので、QRコードでブログに飛ぶようになってるそうです
でも、この雑文、500E関連の多くは、元カーボーイ読者から見ても、あきれるような偏執狂的なマニアック、マスターベーション記事が多いので、リンクを辿ってもためにならないのではないかとやや心配しています。

 今思うに、たしか雑誌の値段は当時500円、高校生のときのお小遣いが5000円・月だったので、
 所得の1割をこの本に使っていたんだと思うと、30年余後の今、本来なら、雑誌一冊の製作費だすから、好きに作ってください
 とポンといきたいところなんではありますが、
 そこまでは到底いたらず、このような協賛となりました。ライジングの伊藤さんやラウの中居さん、RSヤス、
 ナプレックの名古屋さんやサクラムの宇野さん、アートテックの花塚さん、プロモデットの小峰さん、
 風クラフトの風間さん、ザウルスの林さん、クルウチの久留内さん、 ナインレコードの長谷川さん、ブラックラインの鈴木さん、
 そして、エスコートの塩原さんらと
同じ―ページに、名前がのるのは、とても気恥ずかしいものですが、良い思い出になりました。

雑誌の写真みても、板前サニーの廣野さんや、新潟のスバル360のコレクターなど懐かしい写真の上にいます

みなさんも是非手に取って、見て、往年の感動と これまでの発展の結果、
これからの先を感じてください

アマゾンでは品切れになって、一時3000円位になってましたが、増刷対応で落ち着いたようではあります。

へへへ、でも私は、協賛したので2冊あります。

でも、一冊は日本において、もう一冊は香港の家に持って帰るので売りません 


2017/12/24

MERCEDES ME HK CLOSE



香港のセントラルにあった MERCEDES ME のレストランが先週の土曜日に閉店しました。
 日本では、羽田空港に同じ名前のカフェがありますが、
 こちらは、夜0時まで開けている飲食中心の豪華高級レストランでした。
 洒落た内装と、良い給仕サービス、良い器をつかって盛り付けも綺麗な、美味しい料理でして、
 仕事かえりに少しおめかしして出かけるところでした。

 遅くまでやっているのと、雰囲気がよかったので、通いつめてたこともあり、とても残念であります。

 今やニューヨークより高くなった家賃、その超一等地にあるため、高騰する家賃負担が影響したのかとの
 噂もチラホラききます。

fc2blog_201712210952239d6.jpg

 とはいえ、来年4月には、違うところでオープンするとのことですので、一安心楽しみです。


fc2blog_201712210952315c8.jpg

 そんなわけで、先週の金曜日、閉店日の前の日にディナーに早い時間にいってきましたが、
 このあと、空いてるテーブルもすぐに埋まり 満席となりました。

 ここもまた、移り変わりの日々であります。


 

2017/12/14

Formula E から見る日本の斜陽   Concerning about Japanese near future by Formula E  racing in Hong Kong. 

何度目かのFormula Eが 香港で開催されました。
マカオグランプリみたいに市街地を閉鎖しての公道レースです。
まもなく 香港と澳門も 世界一長い橋で繋がります。
c7b840a0787baac6.jpg
日本でいうと、金融街、
土日の大手町や丸の内を周回するコースをイメージしていただければいいと思います。
100階建超のビルと フェリーターミナルの間に 仮設のピットができてます。
1-_FER1926-1200x675.jpg
日本からも小林可夢偉が参戦してます。
最高速は200km/H程度ですが、排気音もなく、滑走していくレースは、
爆音のドラッグレースになれた耳からすると異様です。
ドライバーにいわせると体感400km/hというのもあながち嘘でもないと思います。
私が普段右折をしているところをUターンするコースで、道幅も狭いし、
路面状態もコンクリートだったり、ゼブララインがあったり、公道なので水勾配があったりです。
grandstand-flow-1.jpg
終わった後の路面を、歩いてみてみましたが、ヘアピン前にブレーキングのタイヤ痕が
減速Gの多さを物語ってました。
ダウンロード (2)
この中に 我が国のメーカーはいますでしょうか?
8月の記事でも書きましたが、内燃機関の自動車の変化に関して、
大きな流れの中に我々はいるようです。
日本のメーカーの参加が少ないのは、内燃機中心、モーターのEVよりは、折衷案のハイブリッドが
主体なため、こういった方面への参加が企業戦略として抵抗があるのか、
EV化への画期的な代替案、対抗策が無い状況で、方向性を変えて水素、燃料電池にいくのか、
国、産業の大きな舵取りが起きている中で、苦労している感を感じます。
欧州、中國でのEVへのシフトのスピードを肌で感じていると、
我が国の主要産業である自動車、2-3万点の部品の摺合せによる産業を支える協力下請工場と
それら関連ではたらく物流等の産業構造自体に、ものすごい、先の大戦に負けたのと、
何倍規模の経済規模の影響があるのではと私は考えています。
明治維新から今年で150年ですが、
開國以降、金銀や茶や絹といった一次産業中心の輸出から、
殖産興業と戦後の復興をはさんで、繊維、電気機械、自動車と主役は変わってきました。
私の生まれ故郷は、北関東の地方都市ですが、
蚕、養蚕と繊維  織物は、私が小学校に上がるころには廃れていて、
そのあとに電気機械や自動車部品、自動車の産業が主役となっていました。
久しぶりに故郷に帰って街を眺めれば、昔あった
旧中島飛行機、ダイハツ自動車の工場はショッピングモールになっていて、
雇用の受け先であった、松下電工、日立やNEC、サンヨー電気、シャープの工場は、会社自体が
合併で消滅したり、海外企業に売却されています。
今でも、自動車関連の協力工場は  なんとか  しがみついて  頑張っていますが、自動車メーカーの海外進出にあわせて、
自動車産業にとって、東洋の新デトロイト(笑)となったタイや
主要消費地の中国に出ていったりしているところも多く、かろうじて、土俵際で踏ん張ってる感を
感じます。
これで、内燃機なくなってだと、大幅に下請工場は減るでしょうし、電子部品のユニット化が進むと
メーカー統廃合もさらにすすむと思います。
あと20年後に日本の自動車メーカーが、この変化に対応して生き残っていくのかを考えると
このままの形態で全部の会社は残らないだろうと思います。
などと書いていたら、トヨタもエンジン単独の 自動車販売の中止時期を発表してきました。
がんばれ トヨタ 日本の産業の要 と祈る気持ちでいたいのですが、
いつまでもハイブリッドでは、 帆船時代に 蒸気機関 を足した折衷案の愚策の二の舞にならないことを祈ります
水素も 国のエネルギー戦略が いまだ敗戦国を引きずる ドメスティックでは、
どうも 潮目が悪いように感じられてなりません