2017/02/22

CAR.BOY2017

八重洲出版のCARBOYが休刊(事実上の廃刊)になってから、
だいぶ経ちました。

一時は週刊文春や週刊新潮より、発行部数の多い雑誌で、たしか30万部とかで、
一時代の文化を創った雑誌だったと思います。

私も学生の頃からの愛読書で、毎月15日の発売日が待ち遠しかったのを覚えています。
若年期の多感な頃、多くの影響を受けた雑誌で、今の車道楽の一因にも間違いなくなっています。

そんな雑誌の看板編集者だった藤本さんが、webマガジンを立ち上げましたので、紹介させてください。

CAR BOY REBORN

藤本さん、モモノスケオフィスが編集著作した雑誌記事が順次アップされます。

20年、四半世紀、30年以上たっても、今読み返しても面白い、雰囲気の伝わる素晴らしい原稿だと思います。

フォントや、段組み、文章のリズム、読者層のターゲッティング、写真、藤本節、
当時の本を読むときの、胸の高なり が感じられると思います。

170214-0009.png

それで、写真の空冷ポルシェの記事、読み返しておもったのですが、
プロモデットの小峰さんも、RAWの中井さんも、考えてみれば、藤本さんの記事からなんですね

今、この車、記事の写真を見れば、私なんかだと、
マーレーだからメッキが~だとか、窒素封入のexバルブはとか、
バルブリフトはもっと大きいほうがシングルバルブだととか、フィンのピッチがどうしたとか、
細部細部に粘着するんでしょう

空冷ポルシェが高騰したのも、オーバーフェンダーつけた車が増えたのも、これらの記事が
発祥だったんですね

私の書く雑文は、こんなに爽やかではなく、偏執狂のブツブツつぶやく独り言に近いのですが、
もともと影響をうけたのは、こんな文章だったんだと気が付きました。

こんな文章を書ける大人になりたいと思っていた、頬熱く理想、夢を追いかけてた青春時代を思い出します。

一つのことを長く考える、深く考える性癖があるので、この車のことは続けて記事を書いていますが、
まあ、そんなことをしようかと思ったきっかけは、おそらくカーボーイにあったんだと思います。
創刊号からしばらくは、オートメカニックみたいなA4右開きの雑誌で、エンジンチューンや、エンジンスワップ、DIY記事が
多く、やがてチューニングという言葉が裏通りの雰囲気こそあれ一般的になり、ボーリング屋や解体屋という一般人が知らなかった
自動車関連業が日の目を見ることになったんだと思います。

ゼロヨンや、ドリフト、鬼キャンなんてのも、この雑誌ですよね

登場する人々が、まだみんな若々しくいるのに懐かしさを感じます。



今後もフォローしていこうと思います。
2017/01/01

2017年 平成29年元旦 丙申 500Eにのるということ(7)  新しい一歩が動き出した 今年の計画

新年あけましておめでとうございます

旧年中は、世界一マニアックな500Eの世界にお付き合いいただありがとうございました。
本年も、どうかよろしくお願い申し上げます。

一年の計は、元旦にあり、ということで、今後の展望、
自分の課題、計画、目標、マイルストーンを書いておきます。

振り返ってみれば、お気づきの方も多いのではと思いますが、
冷却能力に余裕が出て、馬力を出せるようになる。

ワゴン/E60/SL600のドライブシャフトが折れる位まで、
具体的にはLSDいれて420馬力位までが、
この車のスイートスポットなんだと思います。 
(LSD装着しないと高速道路の安定性もドライブする楽しさも現行車にかなわないのでLSD前提としてます)

昨年末にも書きましたが、
この仕様、ピークパワーでなく、トルクの山をあえて押さえて、2000-6000回転のフラットトルクで、
フリクション減を目指す
機械式ATの究極系がえちごや仕様であったことは間違いありません。

ところが、次のステップに行く兆候がでました。 
722.6搭載により、これに新しい胎動が始まったと思います。

OLE氏 車外ECUのおかげで、労少なく搭載できるようになったこと、
何より、それが日本でもエグゼによって、
フルコン化してない車、EZLにLH制御で実現
した。
これには驚きましたね、負けちゃいられないと思うととも、一人じゃないって勇気づけられました。

つまり、伝達能力の高い駆動系722.6を装着できるようになった。
722.3ではドラムのクラッチ枚数増しでKは解決できたものの、
ブレーキバンドは油圧を上げるだけで、根本的な対策ができない、圧着力が増やせない。

これが、722.6では、安心して、トルク、馬力をあげられるようになった。

足枷が外れたわけです。 部品の組み合わせ、チューンアップは必要ですが、
1000馬力 100Nmでの日常仕様が平気になりますでしょう

ここで、大きくこの車の可能性が飛躍したことは間違いありません。ありがたいことです。
500Eでいえば、昨年一番のニュースでしょう。

20150629201250417.jpg

こちらが、OLE TRANS COMPUTER です。プラグインでシフトモジュールにコネクトできるのがありがたいです
(写真は私の車に搭載の旧モデル)。

ロックアップ付のトルクコンバーターなので、ロックアップ後はコンバーター直結になりますから、
さらに伝達効率は上がります。また、オーバードライブの5速のお蔭で高速巡航も可能。
優秀なソレノイド制御のおかげでシフトラグは機械式より少なく、またセッティングの自由度も高いです。
何より、伝達トルクが100Nmまで(モデルによるけど)純正でもあるので、さらに上を目指せます。

今後、これを使うひとが増えて、ブラッシュアップが進む、競争が増し、
さらにセッティング技術も向上し、さらに、より、よいパフォーマンスが産みだされるでしょう

私にとって、2015年がフルコンでホップ、2016年が722.6搭載でステップの年だとすると、
2017年をその次のジャンプのための準備期間としたいと思っています。

現在、私のフルコンは、LH, EZL制御の上、つまり二階建で、
主に燃料制御を気筒別シーケンシャル(電圧、回転とスロットル開度、水温、吸気温、気圧補正、AFフィードバック)、
カムの進角遅角、点火を電圧、進角、気筒別シーケンシャル(ノッキングフィードバック)だけをやっています。

なので、電動スロットル制御も、クルーズコントロールもABSもASRもオリジナルと同じように動きます。
エアフロもついてますが、ボルト表示で流量の多寡をモニターをダッシュロガーに表示しているだけです。

私の思う、次のジャンピングステージは、
1) クランクポジションをフライホイール、プーリーから直接取って正確な回転信号を得る。
2) 高価で遅く、信頼性の少ないEZL、LHコンピューターを取り外しても、ABS、ASRが機能するようにする。
3) 制御が遅く信頼性の少ない、純正ABS、ASRを取り外して、ボッシュモータースポーツ等の現行のABS、ESPにする。
4) PDM コントロールで、信頼性の少ない、現行の燃料ポンプリレー、ベースモジュール、ウインカーリレー、
  ヘッドライトリレー、ファンリレー等を、PWMコントロールにする。

 ということになると思います。
Bosch-M4-ABS-system.jpg

 これが、BOSCH のABS 昨年 少し廉価なクラブスポーツモデルがでました。
 これがあれば、大昔の速度の遅い純正より、フル制御のABSになります。オプションでTCも付きます。


pdm30.jpg
 
 モーテックのPDM30 パワーディストリビューションモジュールです。これつければ、ヒューズボックスもリレーもいりません。
国産旧車でも、往年の欧州車のレストアだと配線が劣化する。ヒューズの端子が劣化する、コネクターが劣化するで、結局全部、フルで配線を引き直すことが珍しくありません。そんなときに、最新のRACE WIREの配線とコネクターを使って、このPDMを使えば、CAN通信で配線も少なくできるし、PWM制御でリレーも不要、ヒューズも不要になります。
500E、w124でも一部の車では、エンジンルーム以外でも配線劣化、端子の劣化によるショート、動作不良が増えています。

30個あれば、ウインカー 左右、ハザード、ワイパー(完結、ロー、ミドル、ハイ、)、ライト(スモール、スモール左右、ロー、ハイ、フォグ、フォグR)、イグニッション、アクセサリー、エンジン電動ファン(pwm、強制)、室内ブロアファン(~段階)、エアコン、オート、
デフロスター、ワイパーウォッシャー、 私なんかではニトロ、ボトルオープン、ヒーター、パージ、スイッチ、PWM等
たくさん制御できます。

でも、電動シート前後左右にパワーウインドウだとか、エアポンプだとかだと、30でたりるかな? 
30の2個掛けとかになるでしょうね

pdm_05.jpg

 仮に、こうなれば、現在エンジンルームに鎮座しているEZL や バルクヘッド付近のリレー、ヒューズ類、コンピューターボックス一式が ごっそりいなくなるので軽量化にも良い、信頼性が上がるで、毎日の日常使用に問題のない、制御向上で
 馬力もある、駆動系も信頼性、耐久性の高い50OEができることになります。

 これ、要はダッシュボード全部外して、配線、コネクターから、すべてやり直しです。
 難易度というより、ものすごくハードルが高いですが、
 国産旧車やレースカーでは、めずらしくもない作業ですから、
 エアコン冷媒漏れの修理とあわせて、するようになるんじゃないかと思います。

 でも、この前に、プロペラシャフト作ったり、ドライブシャフト作ったりで、結構、他にやることあるなぁ
 8連スロットルも装着して、実走しなきゃだし… 
 まだ、道程半、幾山、谷河もあるのは承知でありますが、意馬心猿から 醸成の年でありたいと思います。

ところで、中国 香港で暮らしていると、
実は、新年快楽! というのは旧暦の新年、つまり申年が酉年になるとき、今年だと西暦2017年1月28日で、
それまではまだ、申年です。なので、そのように記載しています。
年始早々 回りくどいですが、ご勘弁ください。

2016/12/31

2016年 平成二十八年 丙申 師走大晦日 500Eに乗るということ(6) この車の現時点での、スイートスポットは どこか?

毎年、12月に書くことにしている、この車のこと、
今回は、どんな風に、この車と、どこまで、どう付き合うかについて書いておきたいと思います。
002_convert_20161204155317.jpg
だいぶ時間があきましたが、
 2016年末での500Eにのるということ(6)


この車のスイートスポットはどこか? について
良く尋ねられるのですが、「(ドラッグ)レースに出るために改造しているんですか?」と聞かれます。
ははは、違うんですよ、
まえにも自分できめるレギュレーション また以前にも似たようなことを書きましたが、
レースカーを作っているわけではないので、自分の中で一定のルールを設けています。
こういうと、みんな驚くかもしれません、他のメルセデスの車や他のメーカーの車のってますが、
まったく弄らない、ホイールも変えないで乗ってます。
私、別に改造が好きなわけではないんです。
特定の車には、目的のためや、道楽で弄り倒しています。
それで、この車で、そんなことをしようと思ったきっかけを思い出すと、
発売当時は、当時盛りのR129SLや、V12、W140の巨漢と比べると地味、押しが効かないので興味を引かれなかった。
一度も買おうと思ったことはなかった。
ところが、まだ元気のあった中古車雑誌マガジンボックスの「くるまにあ」での福野礼二氏の名文や、
三栄書房「Special Cars」田中さんの企画力、パワーのお蔭か、あとになってからのほうが良く見えるようになった。
たとえば、中学のときの地味な同級生が、年頃になったら、すごくいい女になっていた風な車。
おそらく、後発のダイムラークライスラーになってから経営方針が変わった、W210へのアンチや
円高で中古並行が沢山入ってきたこと、新車より中古車のほうが売れる”外車”の風景のためでしょうか
この車、特に500Eの性能や、なんてことないトヨタのセルシオ対策とボクスター、カイエン前の
ポルシェの業績悪化で、生み出された生い立ちが、
私の思うに過大に評価されて、正確な評定がされず過保護、
つまり、ベンツだからとか、昔だと”500Eだから”という呪文で胡麻化されているか?と考えたたことと、
新しく出てくる新型車のパワー競争激化によって、往年のパワー、高速性能の優位さが劣化してきたことに
対するノスタルジア、判官贔屓が
一つのきっかけだと思います。
もちろん、修理する、分解したり、勉強してみて、わかる、すごいなと思うことは、それはたくさんあります。
でも、
オンボロ乗ってる風情で、ちゃんちゃらおかしい、コスト無視だとか、最善か無か とか
そんなのが妙に鼻につく、 テキヤの口上ならまだしも、
えせインテリの口三味線聴くのが嫌、
比べて走ると、経年変化だけでなく、実はだんだん、競争するどころか、
一緒に走る、ついていくのも厳しくなる。普段使いの現行車を乗っている毎日
そこで、具体的な評価が数次ででるパワーチェックをしてみたり(誤差も多いけど、無いよりはいい)
得意のドラッグレースでE/T タイムを測定して、実力はかろう、目安にして
先を目指そうと思いました。
10668502_700233463386080_1011848615_n.jpg
写真はハイランド最後のラスト タイムアタック T27 ワゴン用ドライブシャフト@2014年8月
別に、ステージが、草レース、周回レースのラップタイムでも良かったのですが、
ご覧になった方はご存じだと思いますが、
1. 7tの巨体、実質3速オートマで周回っていっても、筑波はもちろん、モテギでも、さんざんシビックに
つつかれる、移動障害物レベルです。
ベンツにこだわるのでも、軽い190Eのほうが速いし、楽しい。
ストレートの長い、富士でも、鈍重さが目立って、排気量半分の空冷ポルシェにも到底ついていない。
本来は、そのステージは高速道路、産まれからすれば、アウトバーン、速度200㎞/h超が楽しい車です。
交通量が増えた1000円高速より以前だったら、日本でも、アングラな最速が楽しい車なんですけど、
軽自動車、トラックで交通量が増えたのと、昨今の居心地の悪いコンプライアンスもあり、
2. 65のファイナルで6,250振り切ったというような話も表通りではできないため、
こちらも主眼にはできなくなりました。
今思うと、携帯電話、画像、動画が普及する前は、非合法がまかりとおり、
ゆるゆるが許されてたんだと思います。
そうなると、消去法で、
ドラッグのレースカーは別にあるので(走るところがないけど)、ノウハウが生かせるのと、
車の性能比較、新型車との優位性を高めるということで、
ストックボディ、エアコン、オーディオ、ナンバー付、ロールケージなしの快適装備付、
街乗りでやってみようということにしています。
ですので、レースカーからしてみれば、半端、
レストア、オリジナルティからはかい離するので、そういった、みなさんの参考にはあまりならない、
いや、ほとんどならない、とは思います
それがわかりながら、求道的に、
地味で、こんな見栄えのしない、ストリートカーの話を延々と書いています。
さて、これまでの経験で、
ノーマルの状態できちんと走れるような状態
今、ここにいたらない人も多い、いや、ほとんど多数だと思います。
でも、ヘアライン号だって、最初はそうだったんですよ、だから、あきらめないでください
現代の道路事情にあわせて、どの程度までがおすすめかという話をしようと思います。
(冷却の問題は別にして)
この時代、わざわざ、500Eに のるということ、もとめるところについて です。
722.3のATのブレーキバンドの伝達トルク限界、
リアアクスルは、ワゴン流用ができますが、それでも27Tのドライブシャフトの限界があるので、
一般的に可能な部品流用ですと
2.65か2.82までで、
420馬力位、トルク60キロ位までだと思います (これでも結構無理してます)。
シャシダイナモで480馬力とかなると、
ドライブシャフトを前述のワゴン用(AMGの6リッターやSLの6リッター、AMGと共通です)にしても
ASR介入でブレーキが介入すると、ドラッグスタートしなくても、CVガタガタ、スタッビはポキポキ折れます。
捻じれます。
なので、デフとトライブシャフト、プロペラシャフトの製作や
オートマ換装に2年以上かけたい人は別にして、これ以上はおすすめしません。
サードメンバーまで、作ろうとすると、間違いなく、エンジンより高くなります。
これでも十分に楽しいですし、現行の63なんかと比べると見劣りがありますが、
抜けなくても、ついていくことはできます。
3速オートマ、直結4速のフィーリング、ハンドリング、シャーシの良さは魅力的です。
これを活かすには、やはり、LSD、
フリクションの少ないストロークのある足回り、大昔のスタビ位置で制御の油圧レベライザーでは無理だと思います。
ハブベアリング等の当たり面は磨く、オートマのオイルポンプも磨くということになるでしょう
こう書くと、なんてことない、えちごや仕様です。
fc2blog_2015041415042887f.jpg
ご存じ ”えちごや”の1号機 世界中のどの500Eより速い400E@6.2L OS/TCD レベ無しの”鐡脚”
ダクテッドFRPボンネット、FRPトランク、UFCD 可変排圧マフラー フリクションロス加工 TOO MUCH TO LIST.
1円玉で1000万円位貯めるとこういう車になると思います。機械式722.3オートマでの究極系がこの車です。
やってみて、近づいてみて、改めてわかった山の高さだと思います。
だそうと思えば、だせるけど、無理がたたる、限界がわかるのでやらないというのは、
きっと、このことなんだと思います。
来年は、どんな風になっているかな?
やっとではありますが、さらにもう一歩、少しでも前に進む一年にしていきたいと思います。
本年一年間、ありがとうございました。
来年もどうかよろしくお願いいたします。
2016/10/21

えっ! 米山さんが 新潟県知事に当選?

チームエスコートのメンバーみんなと、来年のWTAC(ワールドタイムアタックレース)優勝の下見に
オーストラリア、シドニーにいってましたら、

160928_334635_ec-640x427.jpg

米山さんのホームページ
米山隆一の10年先のために


おどろいたことに、米山隆一さんが新潟県知事に当選したとのニュースが
届きました。 いやー、おどろいた、 本当に驚いた。

来年、チームエスコート、安藤選手が初参加で世界1位になることはあっても、
ヘアライン号が、650馬力出て、1/4 mile ET10.00秒 RTが0.50となることはあっても、
まさか、米山さんが選挙に受かるとは思ってなかった。

翌日には、東電の株価が7%下落したというから、日経平均に与える影響も相当あるくらいの破壊力です

そんな彼、古くから、学生時代から、知っている仲ではあります。昔から変な人でした。
それでも、我が遠祖が、同じ越後出身であったこともあり、変人つながりで、類は友を呼ぶで、
共通の友人も多く、専門も重なり、帰る方向も一緒なので、勉強会のあと、何度かヘアライン号にも乗ってますし、
たまに、いっしょに酒飲んで、くだらない話、議論もしてます。

記事を見ると、2005年の自民党を離党した田中真紀子への対立候補から 苦節11年と書いてありますが、
私の知りうる限り、廻りの友人に聞く限りでは、彼は高校の生徒会長選挙以来 30余年 
世紀を跨いで、一度も、選挙という選挙では
当選していないという筋金入りの選挙運のない人です。 私もそうですが、人から好かれるタイプではないです。

まあ、でも、私なんかと違って、ものすごく、頭の良い人だから、無理に、選挙なんかでなくったって、
こだわり勝負好きで、喧嘩下手、営業も下手だから、弁護士としては絶対に稼げないだろうけど(笑)、

高齢化が進む日本、国民皆保険の社会保険制度に守られた、医師でもあり、
農業もあるんだから、もう、それでいいんじゃないかと
思うんですが、これが、もう、いてもたってもいられない選挙バカで、出るたびに落選してました。
永遠の中二病です。

医師の社外医局というか、医師アルバイト求人情報大手のMRTも経営してたのを手放しちゃったようだし、
相当、散財したんだと思います。
そんな彼を利用して、自分の自動車道楽正当化するときに、「米山さんみたいに、選挙でるよりいいだろう?」と家族に説明して、
納得させてました。自分でも納得してました。 

ある意味、ヘアライン号が今まで、奇跡的に、生き長らえたのは、彼が選挙に落ち続けているからといっても
過言ではないでしょう。

落選につぐ、落選、ヘアライン号の新車時からの、タイヤ、ホイールセット以上に、落選してます。

自民党から、維新、大阪維新、無所属、民主党? 民進党? 無所属?所属も何回かわったかもわからないくらいです。
(興味もないからきいてなかったのもあります)

同じく、共通の知人のドクター中松が選挙でるのやめちゃったから、
これからは、「米山の時代!」だと話題にしてた位です。

いやー、でも、世の中何があるかわからないね、

でも、大もめにもめた、自民党県連との関係や、県会議員、市会議員とのゴタゴタは
あるでしょうから、安閑とはしてられないと思います。正直心配してます。
県政の混乱は何度かはあるでしょう

嫁さん探しもしばらくお預けでしょうが、きっと、50歳になっても、得意のバク天で
問題解決してくれることでしょう

もし、いそぎで新潟に帰ることがあるようであれば、ヘアライン号で関越高速で練馬から魚沼まで、1時間で送ってあげましょう

まずは、おめでとう でも、無理せず、がんばってくださいね 

2015/06/24

麺処 かじゅんと岡田さん逝去

 

この写真、去年の8月のお盆休みに帰国したときに行った
  群馬県高崎市日高町のらーめんかじゅん の入口。

 「また、店始めたから奥さんといっしょに遊びに来てよ~」 と素っ頓狂な声、
 国際電話でお誘いをうけて伺ったときの写真。アイフォンに残っていました。

 まさか、こんな形で紹介することになるとは思いませんでしたが、
 岡田淳さん、先週6月16日に永眠しました。

 昨年、店にお邪魔したときは、仙台D&Sの後、
 「仙台ハイランドなくなっちゃうんだよ~、えー! 知らなかった! 」等という話を、
 
 カウンター挟んで、名物の煮卵用のゆで卵、剥きながらしてました。
 (こちらも美味しかったTKG用の高級卵とは別のものだったそうです。)
 
 オートワークスでのFC3ローターでの最高速のイメージが強い岡田さんですが、
 彼との出会いはストリートゼロヨン、いや、まだ暴走族だった頃です。

 四輪で、最初に覚えているのは、彼が3リッターの箱スカだったか、
 ジャパンのツインターボに乗っていた時分、まだロータリーに乗る前でした。
 今はキャロッセの社長をしている長瀬さんが、昔のワークスたかの店長だった時分か、
 もしくは、その前の東京堂か?にNGKのレース用プラグ買いに来たときだったと思います。

 私は、当時ロータリーエンジンが好きで、RX3やSA22C転がしてたので、
 「俺もロータリー買った」といって、赤いリアスポイラーのついていない、
 せむし見たいな前期SA22C、
 つるしのショートのタコ足に、
 ヘンテコなφ75のマフラーつけて、斜めに入る加工ぺり乗って来ました。

 現 スターフィールドの星野さんが、当時、マツダのディーラー勤務の頃で、
 共通の師匠でありましたのと、実家も近かったのこと等から、深夜のパチンコ店で
 待ち合わせをして、明和ゼロヨンにも一緒にでかけました。

 その後、何度か職を変えて、
 渋川の工場跡地に岡田エンジニアリングという屋号で
 チューニング屋を始めるということで、
 私の留学先のアメリカまで時差を無視して電話をかけてきて、
 ウェーバーのジェットフルセットでほしい、やれ、
 ジーンバーグのキャブがほしいからすぐに持ってきてなどと
 無理難題をお願いされてました。

 オレンジカウンティの先のアナハイムのレーシングビートまで行ったり、
 ジェットを山ほどかったり、ワーゲン屋にいって、キャブを買って日本に帰りました。

 その頃、いや確か、そのあとに、
 伊勢崎に移った後、赤いFCに3ローターペリ(13G)のエンジンを載せて、
 JARI谷田部で最高速をチャレンジしてNA300km/h超の記録を出しました。
 前にも書いたかもしれませんが、このときだか、最初にランオンさせたときのRJロータリーの
 リダクションセルモーター、貸したきりでまだ返して貰っていません。

 その後、伊勢崎の店を閉めて、
 前橋刑務所の横で塩ラーメンの店を始めました。前にもブログで紹介してますね。

 らーめん かじゅん

 自動車業界関係者も足しげく通っていましたが、
 実は、複数のラーメンメーカーの方が何社も通う位の名店でした。
 
 そこを一旦占めて、またいつものごとく、ふらふらしたのち、
 再度開店したのが昨年、
 日本に戻っても、もう食べにいけない、会えないのが残念でなりません。

 日本円持ってないから奢ってよ といって、ご馳走になった、
 この時のラーメン代、まだ払えていないままです。 

 カップラーメンでかじゅんをプロモートするとの約束は、残念ながら、かないませんでした。

 置きっぱなしの、RX3に4ローターのせて、32インチのタイヤいれて、エアシフターとの夢も絵図だけで、
 完成した車を貴方に自慢にいくこともできません。
 小僧の頃のように、夜中に家の前に直管でいって、ブリッピングで呼び出すこともできません。 

 いつか、あの世にいったら、また、二人で口三味線で、ホラ比べをしましょう

 墓所は、最初に工場を出した渋川、榛名を登ったグリーン牧場の近くらしいから、
 きっと眺めの良いところでしょう

 眼下に走る上越北陸新幹線、関越高速走る車、眺めながら、
 俺のほうが速かったっていうんだろうなぁ