2017/11/18

M119用 ATI フルードスーパーダンパー (9) ハブ製作  ATI Dumper Hub for M119




500E W124 M119 エンジン用 ATI ダンパー ハブ

クロモリ材の削りだしでM119 のクランクシャフトにあう様に製作し、
ワイヤーカットで クランクキー溝をテーパー状に仕上げました。

見慣れたストレートのクランクキー溝ではなく、テーパーになっているので、制作が大変です。
この後、熱処理してから、表面処理になります。

100個とかまとめて作るのであれば、もっと安くなると思うのですが、
少量で製作するので、機械が合いた時間にお願いするのと、それぞれ複数の加工が加わり、
そこでも同じように、合間を待つことになるので、どうしても、時間もかかります。

ATIのダンパー自体は寸法があうものを流用するので、市販品を使うことになりますが、
このハブは製作ものなので、値段はATIダンパー自体より高くなってしまいます。

それでも、500E用のアルミホイール1本よりは安くなると思いますが、
これにあわせて、専用のクランクプーリーも作らなければならないので、その分さらに高くなります。

8山、6山プーリーが500Eにはありますが、
クランクプーリーまで変えてる人は、ベンツ、M119 では、そうはいないので、そんなことするひとは
さらに限られているんだと思います。


クランクの触れが抑えられるから、メタルの当たりもよくなるし、タイミングチェーンの振動、バタつきも減る、
エンジンの回転振動も減るとメリットは数しれませんが、そこまで踏むひとが少ないのであろうベンツでは
稀有なパーツだと思います。








2017/11/11

M119用 ATI フルードスーパーダンパー (8)


W124 500E M119用のATI ダンパープーリー
注文があったので、ハブを製作して、装着確認後、発送準備をしています。



 M119のクランクにあわせT、ハブを造ってありますが、
 最近のATIは寸法誤差が変わったのか、塗膜厚なのか、ハブ、クランクとのあわせがキツイものがあります。

 もちろん、M119 用なんでものは、市販されてないので、ハブはクロモリビレット、熱処理、黒染めの
 製作ものです。

 以前、必用な方いたらどうぞ と書いていたら、世の中には変わった人もいるようで、
 注文いただいたので、準備しているという次第です。

 アルミプーリーは、私のは4PK x 2なので、あわないのと7000番台で造っても仕方ないので、
 自分で作ってもらうようにお願いしました。

 ウォーターポンプのネックやフロントカバー等ギリギリ追い込んで、オーバーハング少なくして
 造ってあるので、 カバーやウォーターラインに小加工の必用があるかもしれません。

 ベンツの純正品は スチール製の側とハブに合成ゴムを焼き付けてありますので、
 エンジン振動による熱へのエネルギー変換や、エンジンの熱外、紫外線やオゾンによって劣化します。
 けっこう、割れたとか、剥離している例も 20年以上前のエンジンですので出てます。

 純正品以下の値段だと思いますが、純正プーリーが使えないので、
 プーリーを作成する必要があり、その分値段が高くなります。

 
ATI フルードスーパーダンパー (7)

fc2blog_20171110174614638.jpg

  あとは、装着に、エンジンファン、ラジエター、ウォーターポンプ廻りをごっそり外さないと手が入らないので、
  結構な作業になると思います。ウォーターポンプ交換や、
  ラジエター、ホース廻りの作業と一緒にするといいと思います。

 効果は、乗っていただけば、いわずもがなでわかると思いますが、
 クロスプレーンとはいっても、2500回転位で振動が出やすい、M119 特に6リッターだと
 ”絹ごし度”の変化がよくわかると思います。

 装着した感想を聞かせてもらうのが楽しみです



2017/04/22

I am the sum of my small steps, Even alternator bearing shall do. 小さなことからコツコツと オルタネタ―のベアリング

各方面から意外に好評であった ローフリクションシリーズ(笑)

小さなことからコツコツと、 英語でいうと、意訳ですが、語感的には

アイマ ザサム ォバ マァイ スッマァール ステップス I am the sum of my small steps


 といっても、ものには限度があるとは思いますが、

”最善か無か” というヤスッピー コピー より いくぶんハッピー だと思います。
  ↑
 中古ベンツ 乗ってる癖にこんなことを 語る 半可通が嫌いなのか、つかいふるされた
 ウソ、コピー自体が嫌いなのかわかりませんが、
 中年女が無理やりセーラー服着て、ダブルピースして年齢詐称してるような気恥ずかしさを 今になっては感じます。

fc2blog_20170412152918a50.jpg

ドラッグレースだったら、1/4マイル走る最後に 2インチ 早く光電管を切れればいい、
 そのための最後の一押し、
 自転車競技だったら、レース最後に ギア1コマ
 余分に回ってくれる余力の一押しであればいい、
 という人たちのための、高精度のセラミックベアリング。
 
 本来ですと、フリクション減というより
 超高回転のCNC旋盤の軸受、振動防止、かじり防止の目的だったり、
 産業用、宇宙開発、軍事用で使うものなんでしょう。
 そんな規格外のものを街乗りの自動車に使おう等という バカをやろうとすると際限がなくなります。

 本当は、テーパーローラーや、アンギュラーボール組み合わせまでセラミックでやりたいんですが、
 まずは 規格品があるものを拾って できるところからやっています。

 デフ内部もホイールベアリングも、オートマ内部も、エンジンの補機を含めて、
 全部のベアリングを高精度のにしています。

 その中で、おそらくもっとも小さいベアリングは、
 写真のオルタネーターの軸受け、
 プーリー側の大きい方は、泣く子も黙るピカピカのセラミック(笑)

 小さい方は規格品がなかったので研磨、タングステン、モリブデン処理して、シールあたりも変えて、
 ローフリクション狙っています。

 ここまでやると、シャフトやローテーター、プーリー込でバランスとるんでしょうね

 本当にフリクション減狙うなら、オルタネーターなんか無しなんですが、街乗り自動車なので(笑)
 せっかく、モーテックつけてるので、充電制御、車速減時の優先や、アクセル開度、低回転優先で
 制御したいと思ってます
 
 そういえば、大昔、プロダクションレースしたたとき、
 オルタの充電オフスイッチつけたら、確かに、フィーリングは良くなったけど
 タイムは変わらなかったなー
 
 などと思い出しながら、アドバンス製のツインステーターのオルタネターに組み込んで使う予定です。

2017/04/15

オルタネータ ベルト  サーペンタインベルト改

ラジエターマウントの電動ウォーターポンプ にするには、
ベルト駆動の純正ウォーターポンプが要らなくなるので取り外します。

ここに左右バンクブロックにコールドウォーターを送るための、
ラジエターからのホース二本 AN10を接続します。

写真では見えませんが、
ヘッドへ上がる前のブロックホットウォーター流路後のポンプインペラー後のキャビテーションバブルを集めて吸い出すための
小さい二つの孔から  バブルキャッチタンクに送るAN6のプレートを作ってます。

つまり、水回りを全部作り直し、おまけにファンプーリーブラケットもラジエターからのウォーターバイパスもごっそりなくなります。

;要はオルタネータ以外右バンクが無くなるので、225センチもあるサーペンタインベルトをやめます。
4PKの二本ベルトにしたのは、長さ短くしてフリクション減のためです。
オルタネーターの下側のブラケットは、オルタをできるだけ後ろに下げるために、ビレットで製作しました。

7000番代の超々ジュラルミンビレットのクランクダンパープーリーも、軽量化のため、肉抜きしてます。
ピッチはダンパーにあわせてシボレーピッチの3穴です。
オルタプーリーも同じく7000番代のビレット4PK仕様です。

fc2blog_2017040721040366a.jpg

ご覧のように、ATIダンパーも、ハブができて、装着できました。
クランクピックのトリガー付を使おうと思いましたが、テンショナースペース的に無理なので、
諦めました。フライホイールからのピックアップとします。

寸法取り用の解体屋からのエンジンなので、ウォーターポンプのところが汚いです
2017/04/08

セラミックベアリングとオイルシール CCB ( Ceramic Center Bearing) for Drive Shaft.

 私のブログなんか見てると馬鹿がうつるんだと思います。

そんな感染者からの頼まれもので、セラミックベアリングとオイルシール、
 プロペラシャフトのセンターベアリングに使うものを米国から手配することになりました。



超高価なセラミックベアリング。

 当然ですがピカピカに光る セラミックボールが11個とセラミックボール用のリテーナーが見えます。

オイルシールもリップ部内径が緩くクリアランス設定されてます。

ここまでやると、グリスを使うのか 粘度のより低いオイルにするのかを迷うレベルです。

もっとも、これの前後にあるペラのユニバーサルジョイントのグリスアップや研磨等と合わせてする必要がバランス上はあります

加えて、トランスミッション内部のフリクション減、デフのリングギア、
ベアリングやCVドライブシャフト、ホイールベアリング、
それらのオイルシール等のフリクション減が求められることになります。

市販車だと、そこまでやってないんでしょうが、リバティやレンコ、クワイフの車が一台買えるようなミッションや、
リッチモンドのデフ見ると
やっぱりというか、当然ですが、ピカピカに研磨してます。良いベアリング使ってますね

こんな道楽  アンバランスの美しさも判るので、
オーナーの好み、趣味、スパイス、隠し味のタグイだと思いますが、
こんなの持ち込まれた日には、工場のメカニックも驚くか、呆れるでしょうね~~

さらに気合い入った人だと オイルシールのリップ部 ゴム部にDLC処理したり
シール当たり面のシャフトに研磨後 DLC掛けます

どの程度フリクション減になるかは疑問ですが、最近は市販車でも、
オイルシールのフリクション減やってますから、効果はすこしはあるんでしょう