FC2ブログ
2019/06/24

パッケージング優先の アンバランスさ について (2)  偉大な実用車としての堅持

 セルシオとの500Eの比較で、M119 V8エンジンが W124に搭載されることになった切っ掛けを
 マーケット状況のことを踏まえて、前回、まとめてみました。

 ライバル、好敵手、競争相手がいるから、マーケットで競争が始まる、競争の結果より良いものができる

 私が思うに、セルシオがなければ、W124、500Eは産まれてこなかった のだと思っています。

 そんな 例と、神の見えざる手、
 
 そして、消費者が常に正しい判断をするとは限らない こと、
 後世、中古車マーケットで評価されることと、新車販売はまた別なこと等を書きました。
 
 それで、読者から、個別に、お問い合わせをいただきましたが、

 私は、”スポーツセダン”とか いう だれがつけたかわからない
 陳腐な言い方、安っぽい言い方が嫌いなだけで、
 別にこの車が殊更に嫌い、極めて低い評価をしているというわけではありません。

 過去に、この車の魅力、良い点、欠点、改良すべき点等 について つらつら 
 書き連ねておりますが、
 「趣味性の高い実用車」であると思っています。

 私の思うに、ダイムラーベンツ社がもつ強い方向性は、「パッケージング優先の車づくり」です

 当然、当時の主力車種のミディアムクラスは、パッケージング優先、
 大人5人が快適に乗れて、荷物も充分に運べる、時速200Km/hで巡航できる 
 もちろん、4気筒モデルでもそれが可能な優れた車でした。ミドルクラス、後のDセグメントの
ベンチマークになる車であったと思います。

fc2blog_20190623144011938.jpg

 昔の 北米のカタログ資料見返してたら、こんな画像がありました。
 ロアアームの中心より、前、ハブより前にV8エンジンの中心が鎮座しているのが良くわかる透視図です。

 私が言う、”駅弁”マウントです。

 大して、ボンネットの中側に大きく入り込んで、トランスミッションのベルハウジングがあるのがわかります。

fc2blog_20190623144010af1.jpg

 なんで、こんなことをしたかというと、基本設計がもともと4気筒であったことと、
 空調機器、エアコンのエバポレーターや大型のシロッコファンを、バルクヘッドのエンジン側におくことにより、
 室内容量を大きくしたこと、特に助手席足元の広さは、シロッコファンやエバポレターをエンジン側に追いやったことによる
 領土獲得の結果だと思います。

 左右の開いたスペースには、伝統的にフカフカのブレーキ、巨大なマスターバックと
 助手席側にはバッテリー(8気筒ではトランク)を鎮座させてます。

 荷室容量も金科玉条で確保したいですから、バッテリーもエンジンルーム(8気筒はトランク)で、
 スペアタイヤはフルサイズ、500Eになって幅広タイヤになっても、荷室確保優先で、
 空力が悪くなるのを知らなかったのか、もしくは、知ってても、
 あえて、荷室優先で、下に出っ張らせて、トランクはフルフラットに仕立ててます。

 ここらへんは、メルセデスの融通の利かなさ、パッケージ優先の金科玉条でしょう


fc2blog_20190623144012d4c.jpg

 北米モデルのウインカー、後期になって、米国でも異形ライトが解禁されてます。
 バンパーのナンバーデリートパネルが 北米モデルらしく、カッコいいですね


fc2blog_20190623144014954.jpg

 エンジン全体と、スピンドル、ハブの位置関係が、良くわかる図です。
 重たくて、重心位置の高いエンジン、フロントの荷重増に対処するため、
 太くなったスタビライザー、フロントのショックアブソーバーにはリバウンド用のスプリングを加えてます。
 ポルシェがしたといっても、その程度のセッティングか(笑)という お話しだと思います。

 その分、前軸荷重が大きいですから、重量に頼った高い、高速安定性、
 セダンの宿命で高速でフロントリフトが起きても、前軸重量の多さで抑え込む、高速走行の安定感は、
 w124由来のキャスター角とあわせて、秀逸です。

 その分、当然に、タイトコーナーワインディングは、ホイールベースの長さと、
 ロール過大、ぐらりとくる、収まりがつきづらいと
 苦手なわけです。

 フロントのエンジンファンは、オフセットされて、助手席側、エンジン回転と反対の逆回転で、
 バランサーの役割もあります。エンジンファン外すと、エンジンのザラツキが感じるのはそのためです。
 M117より、ここは進歩してます。
 
fc2blog_20190623144019e82.jpg

 リアのマルチリンクサスペンションは190Eゆずり、トレッド幅が広くなったのに、アーム長さが一緒だから、
 190Eほどの、動きのしなやかさは少なく、当初は評判がわるかったと記憶してます。
 
 そのためか、W203、W210になってから、タイロッドリンクの長さ、取り付け位置を、変えています。
 
 ちなみに、W124 後期モデルで、リンクのボルト類がM12からM10にサイズダウンしてます。

 500Eには、ワゴン譲りの油圧レベライザーが、エンジンタンデムポンプで駆動して装着されています。
 こちらも、セルシオのエアサスに対抗してと思うと、納得がいきます。

 無断引用や広報報道のうけうりで程度の低い”ゴっちぁんライター”が書いた記事みますと、
 巨大トルクに対応するべく、油圧レベライザーにしたとか書いてありますが、大笑いです。

 2.82のファイナルに2速スタートで、1730キロの巨体では、M119のトルクは、別になんてことありません。
 セルシオのエアサスに’対向してのギミックプラスアルファでしょう

 レベライザーは、姿勢維持(車高)には効果的ですが、
 走行、空転時のトラクション維持を考えたら、沈みこませて、リア荷重を前後ロールセンターで
 出して、LSDで掻いて進むのが定石です。ドラッグレース、荷重移動考えればわかることです。

 

fc2blog_20190623143919dcb.jpg

 上から鳥瞰で眺めた 500E  やはり、端正で美しい姿です。 
  Eセグメント車が巨大になった昨今では、このサイズの車が少なくなった、
 Dセグメントの Cクラスのサイズの大きさが 取り回しがよいので、この車の魅力の一つでもあると思います。



2019/05/31

500E倶楽部 ブログ10周年 10YEAR ANNIVERSARY

CARBOY RETURNS2 に広告なんぞを出稿したのがきっかけで、
大昔のCARBOY世代の友人から連絡をいただく機会がありました。

当時は、ロータリーでRX3(S102A,S124A)やSA22Cに乗ってましたので、
そういうイメージが強かったようで、ベンツ乗ってるのが意外だって言われました。
丁寧にブログ読んでいただいたようで、10年もやってるんだねーと言われました。

言われてみれば、このブログを始めたのが2009年5月だから、確かにもう10年です。


s新生ヘアライン号[2]

 この写真は、雑誌連載中、外装のレストア、前後ガラス、外装品、モール等を全部外して、
 ナヤリットシルバーで 全塗装したときの写真、雑誌ではつかわなかったかな?

その前に、GERMANCARS誌に「500E倶楽部」のタイトルで連載開始したのが
2005年7月ですから、もう14年も前のことです。

中古車広告主体の広告代理店が、下請けの雑誌編集プロダクションと作った、
外車中古車雑誌だったので、ほとんどが提灯記事だったり、借りポジ(メーカーからの提供データー)や拾い記事で
お世辞にも、決して質の高い類の雑誌ではなかったですが、
その分、編集方針みたいなものも寛容で、基本、毎月4P枠で自由にやらせてもらってました。

DSC_0302 (3)

 こちらは、連載後期、FRPのダクト付ボンネット、UFCDアンダーカバーを装着して、熱対策に一応の成果を得たあと、
 まだカーボンルーフになる前、その前哨で作成したドライカーボンのサンルーフがついています(笑)
 さすがに敏感な私も、この程度の重量変化ではわかりませんでした(汗)

DSC_0071.jpg
 同じころ、えちごや 清州工場での写真、フロントパイプに加えて、リアマフラーを装着したところ、いままで、
 いくつ 500Eのマフラー、フロントパイプ装着、見てきたかわかりませんが、
 このときのものが、その後のベンチマークになっています。
 このころは、OSのLSDも装着してあります。
 リアのトランクのタイヤハウス、カットしているのわかりますか?


途中、雑誌不況の逆風もあり、編集プロダクションが背伸びして印刷工場なんかに
手を出したこともあり、アポロ出版自体が民事再生で破たん。
編集プロダクションはぶんか社に譲渡されて、雑誌コード引き継いで頑張ってましたが、
残念ながら隔月刊となり、店頭で見かけることもほとんどなくなってしまいました。

連載末期に並行して始めたブログは、
雑誌の記事と違って、連続してテーマを深く連続して記載することができること、
文章量の制限がないこと等のメリットもありました。

毎月5本程度の記事を書こうとしてましたので、もうすぐ1000号に届くようになりました。

その間、世の中の流れも、社会の仕組みも、もちろん車を取り巻く環境も大きく変わり、
ガソリンエンジンが続く間は!といってたのが、そろそろ、先が見えてきた感もあります。

毎年、年末にはまとめ展望で、これからのことを書いていますが、その時にまた、
お話しできればと思います。
2019/05/15

CAR BOY RETURNS 2 NOW ON SALE !!

_DSC0434.jpg


 すでにご紹介済み、お手元に本がある方も多くいらっしゃると思いますが、
  CARBOY RETURNS 2  無事 刊行となりました。

 トップの写真は、一人親方で編集している藤本さん撮影、 在りし日の仙台ハイランドの最終レース
 ヘアライン号で、普段より多めにバーンアウトしたときの一枚です

 探し出してきて アッしていただいたようです。

500E倶楽部

 ロゴは前回と同様、藤本さんのこだわりのフォントデザインで まとめてます。
 FOREVER YOUNG AT HEART 

昔少年だった中年、老年も 毎年一歳づつ歳をとる、身体も衰える、病気にもなる、仲間もだんだん減っていったり、
 早世したりするけど、 気持ちは まだまだ わかいんだぜー って心意気の啖呵です。

 

500E倶楽部 編集後記4
POINT2.png



CARBOY RETURNS 2

 今回は、リンクで藤本さんが記事をまとめてくださいました。
 私の場合、センパイ、ご同輩方々とことなり、人生に大きな影響をあたえてきてもらった雑誌で、
 その後もかかわってた部分もあるので、すこしでも応援したい という気持ちなのですが、残念ながら

 本当にシュミ、道楽でやってる自動車道楽なものなので、営業内容といっても、
 まさか、多国間M&Aの仲介とか 国際租税回避タックスプランニング とか 
 乗用競技馬売買とか 柔術の教授とか そんなことかいても しょーもないので、
 
 特殊チタンボルトの企画製造販売としていただいています(笑)
 
 もう、ほとんど、W124 500Eとは 関係ないです。
 そのネジを使うことができるというだけで、まったく関係ない そもそも、500Eにも w124にも純チタンでも
 6-4チタン合金でも ボルトにも コンロッドにも そんな高価なもの使ってません。

 ようやく 近年になってM156・159のスペシャルモデルになって初めて64のチタンコンロッドだったと思います。
 
 そんな、まったく、ほとんど関係のないことですが、右に回せば、締まる、左に回れば緩む ネジに
 ついては、多々な思いがあるわけです(すごく ながくなるので また あとで)


 すでにオークション雑誌等では今回も高値取引がはじまっているようですが、
 そんなところでなくても お近くの本屋、アマゾンでお買い求めいただけます



2019/05/01

CARBOY Returns!(カーボーイ リターンズ) ver.2

CARBOY Returns! 第二号が 出るようです。

 カーボーイが 休刊になってから、どれくらいたつのでしょうか?
 昭和の終わりから、平成にかけての 改造車、チューニングカーブーム、
 走り屋、峠、ゼロヨン、ドリフト等の 新しいムーブメントを 齎せた自動車雑誌でした。

 自動車産業が日本の稼ぎ頭になり、国全体が豊かになって、
 学生運動、暴走族等のベビーブーマー、そのあとの若い世代が、エネルギーを持て余していて
 社会情勢や、時代の流れ、円高や規制緩和、構造改革協議、外圧とあいまって、
 いままでアンダーグラウンド、裏社会的な改造車が、日の目を見る、昼間に表通りを通れるように
 なったことも要因でしょう

 そんなブームのきっかけのひとつとなった雑誌です。


IMG_20190425_122031.jpg

 もう校了が終わったようです。
 令和元年5月15日発売予定です。

 校了のゲラスリ、 色見本や枠がある印刷版を見ると、
 当時のことが、昨日のように思い出されます。

 企画制作は 藤本さんが一人でやってるそうです。



 手前にある雑誌は昨年の復刊1号、
 下のゲラがその2号の表紙です。
 
 表紙の車は、ガラスのハチマキからすると、HKSのスープラでしょうか
 カウルが外れたドラッグマシンで、きっと在りし日の仙台ハイランドのピット、観客席の上から體を乗り出して、
 撮影したものでしょう

 ドラッグバイトと ドラガスの匂い、バーンナウトのタイヤの焼ける匂いと、排気音というより
 爆発音、そんな雰囲気と音、緊張が伝わってくる写真の表紙です。

IMGP0001-009.jpg

 写真は、吉祥寺のモモノスケオフィスでしょう。
 校正中のイライラと、集中の断続、行き詰った感じが
 タバコの吸い殻と 匂い、デジタルアンプでスピーカーを鳴らす、アコースティックの
 音楽が聞こえてくる写真です。 これみると間違いなく、藤本さんの作風です。

IMGP0002-008.jpg

 デスクの上のZライトの下に散らばるゲラ、昔の写真を載せてある記事も
 もう、手に取るように感じられます。

 カーボーイとは、あんまり関係のない本ブログですが、
 協賛広告で 今回も微力ながら応援させてもらってます。

 どんな広告がでるのかもわかりませんが、見本誌が届くのが楽しみです!

 前号は品切れで、一時はヤフオクで高値取引されてました位、品薄でしたので、
 今回は、予約しておいた方が良いと思います。

 楽しみだなー
2018/09/18

山本KID徳郁 逝去 MMA Artist KID Yamamoto passed away.

山本KID徳郁 逝去

先月にガンであることを公開して、9月18日にガンで逝去されたとのことです。


hqdefault (2)

全盛期のころとくらべると、だいぶ痩せたなという感じでした。

20180829-OHT1I50030-T.jpg

 記憶にある方も多かったと思いますが、
 艶消しのアーミーグリーンの500Eに乗ってました。
 ACモーションでメンテしてた車で、走行会に参加してたこともありました。

 OSのLSDをつけるときや、ASRカットオフスイッチのこと等で、連絡をもらったこともありました。

20080222_5.jpg

写真は、愛的スパイダーから

 年齢は私より一回り下になりますが、少年レスリングをしてたころから、注目の選手で、
 米国に留学しているときに、共通の友人と優勝祝いで韓国焼肉を食べにいったことがありました。
 
 まさか、そのころ、柔術、総合格闘技にデビューすることになるとは思ってませんでしたが、
 帰国して、進学、総合格闘技への道にすすむことになり、そのあとの活躍は
 みなさんもご存じのことと思います。

 決して、恵まれた体躯ではない、小柄な体格でありながら、レスリング仕込みの
 スピード、俊敏さで、グランド勝負だけでなく、投打極とオールラウンダ―でありました。

 若年のガンは進行が速いとはいえ、早期発見や標準治療での対処ができなかったのではないかと
 思うと残念なりません。