500E倶楽部 編集後記


記事の内容

前へ | 次へ

自動車と税金のこと
2014/01/15 22:06

画像


 他人の文章をそのまま引用するのは気が引けますが、わかりやすく書いてあるので、そのまま
 2014年1月14日の日刊自動車新聞の社説です。


 一応、租税法が専門などと言って、講釈をこねている身分としますと、
 課税は、政策的に行うこと「も」可能です。
 手続き上は、我々が選んだ代表者、たとえば、所得税法や、今回の自動車重量税法ですと、国の法律なので、
 国会議員、衆議院議員、参議院議員が 多数決で決定して、立法をします。

 地方税の自動車税ですと、たとえば、東京都だと都議会議員が多数決で決めます。
 なので、地方によって、わかりやすい例をあげると、キャンピングカーなんかは、税金額が違います。

 問題なのは、税金の立法は、きわめて複雑で、高度の行政能力が必要なため、行政官僚の力を借りないと、
 議員の力ではできません。ここが矛盾で、本来あるべき国民の代表が造る法律である「議員立法」が
 きわめて例外的という現状があります。

 日本の官僚はきわめて優秀ですが、
 そこの政策に、国民の代表者である国会議員の声、「国民の賢い意見」がどの程度反映されているのか、
 そこは、まあ、内容にもよると思いますが、あんまりないんじゃないかと思ってます。

 だから、どうしても客観的に見ておかしな税金、過度に特定の利権団体保護、もしくは弱者保護だったり、衆愚だったりすると思います。

 この例、自動車であげると、「古いくるまに重い税金かける」でしょ。う

 これをわかりやすく、この社説は述べています。

 古い車は、私は文化だと思います。
 良いものを長く使うということを、自動車でする人に重課をする合理性はないと思います。

 古い車が好きな人、持っている人に、担税力(税を担う力)はあるのか、ないのか私は正直わかりません。

 ただ、所得税が公平に課税された(として)そのあとに、
 費用として処理しない、個人の自動車に、なぜ、さらに重課する合理性があるのか、
と聞かれれば、それはない と断言できます。
 
 もしくは、政策的に、古い車に乗ろうなんて奴は けしからんから、駆逐すべき
 というのであれば、それは車に課税するのではなく、法律で禁止したほうが、よりわかりやすく
 国民の意思が図れると思います。

 そんなことはしないで、まとまった意見なんか、ない所詮、少数というので、安易に課税するという「行政」立法や
 それに従う議員がけしからん と思います。

 というわけで、めずらしく、自分のこと以外で意見を述べました。

 原発アレルギーや、国防アレルギーも それはそれでそれぞれのご意見だと思いますが、
 CAR GUYを自称する人は、たまには、自分と自動車のこと、税のことを考えてみる。

 意見を述べる、人に伝えるというのは、まあ無駄にはならないと思います。

 もしくは、国、立法が気に入らんから、国を出る、というのもありですね

 これを、このブログでも紹介した選良と話しましたら、

 「そんなこといったって、Nさん、もうすでに国出てるでしょ!」といわれました。

 でもね、Mさん、在外投票、参議院はできるのをお忘れなく!!

 
 
 
 
    

カテゴリ:自動車を通じてみる生活観. A Life style with Automobile

前へ | 次へ

コメントを見る(4)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン


Powered By FC2ブログ