FC2ブログ
2018/10/18

WTAC2018 タイムアタックレース 2 から考える工作機械マシニングセンターの内外価格差


article_WTAC_porsche14.jpg

オーストラリア シドニーで毎年おこなわれるWTAC 数年前から出てる車で注目している車があります。
今回念願の1位 RPポルシェ968 オーストラリア製のマシンです。

写真はマルティーニカラーにラッピングする前のCFRPボディ

投機対象にもなる位の、世界的な空冷ポルシェ人気と相まって、
日本では不人気で、もうほとんど走っていないポルシェ968 水冷4気筒をベースに
タイムアタックマシンを仕上げてます。

私も、V8の928の他、4気筒の924、944,968と友人の車を乗らせてもらったことがありますが、
いずれもトランスアクスルで、静的動的な重量配分、加減速時のコントロール性は素晴らしいものでした。

空冷の弱点、100マイル超えた安定性、空力ドラッグ悪いので走行抵抗はすごく強くなる、
おまけにフロントリフトが発生してくるわ、横風には弱いはで、
三重苦の空冷ポルシェをはるかにしのぎ、

物凄く高いレベルでの運動性能だったと思います。

素性が良いのに評価されない車の魅力を発掘したと 前回の訪問で訪問したときに伺ってましたが、
素性というより、トレッドはアームから造って広がってます。
オリジナルの部分はフロアとバルクヘッドとだけだと思います

article_WTAC_porsche10.jpg

エンジンは、928のヘッド、v8方バンクを流用したのかと思いきや、
ヘッドもビレットで削りだして、左右の吸排気を入れ替えて、右ハンドルでのターボ化に対応している(笑)。

22154142_1048736928562758_7197418988573403097_n (1)


ブロックも削りだし、ボア広げるから、ボアピッチも変わる、ヘッドもまた作る、
カムも削りだす、もちろんクランクもものすごい、形状のクランクがはいっている

22196311_1048736995229418_7832441842896346967_n.jpg


ETC、原型がないとはこういうことをいうレベルに仕上がっています。
云億円単位でお金かかってます。

それで、この車の話はまたあとでとして、
今回は、ビレット製品を作る際に使うマシニングセンターの値段、内外価格差について書きたいと思います。

日本国内、知り合いの加工屋さん、エンジン内燃機やさんでも、清水の舞台から飛び降りる覚悟で、
銀行や公庫から借り入れて、設備投資をしています。

ただね、この値段、国内価格と、私がすんでます中国で販売されているものの値段、
同メーカー、同等機材の価格があまりにもひどいレベルで差があります。

米国、ドイツ、国産がハイエンドやミドルレンジ、
中高価格帯メイン、
中国や韓国は ローエンドレンジという 国毎の差はあるにせよ 
実際、同じメーカーの同等機材を比べても、中国と日本では ものすごく差があります

同等機材といっても、仕様は国内と海外で違いますし、機械をかってそのまま使えるわけではないから、
設置やイニシャルのセッティングに加えて、作業する人の講習や熟練の費用もかかるので、
そのままは単純に比較できませんが、

日本で、削りだしのエンジンブロックやヘッドが出てこない(べつにハイエンドでなくてもできるのに)のは、
機械自体の内外価格差が大きいんじゃないかと思っています。

あまり、個別のメーカーの個別のマシン、具体的な値段を出すのははばかれますが、
経済産業省が2016年度に発表した資料によれば、
中国との単純内外価格比較でいうと、縦型で4.74倍、横型で1.82倍です。
縦型と横型の差があるのは、おそらくローエンドが多い横型は価格差がおおきい、
ハイエンド、ミドルエンドが多いであろう 横型は価格差が少ないっていったことでしょう

対してアメリカとの単純内外価格比較でいうと、縦で1.76倍 横で2.51倍

ようは、日本で1185万円する縦型マシニングが、中国では250万円 もう勝負にならないですね
実際に展示会やショーにいってみて来てもこんな感覚です。

経済産業省 リンク
2016年度 産業向け財・サービスの内外価格調査

 こちらの55Pをご覧ください

リンクのエクセルの表 書き出してみますと

     品目                  米国   ドイツ     韓国    中国
204 マシニングセンタ(立型)            1.76   3.40        3.15    4.74
205 マシニングセンタ(横型)            2.51     -      2.15     1.82

これ、日本が1。日本を分子とした場合の分母

つまり 日本/その国のものの値段 



主軸が垂直の縦型のマシニングセンターだと、アメリカが1/1.76 つまり、日本の約56.8%の値段
               ドイツは 1/3.40  つまり  日本の約29.4%の値段
          おとなりの韓国は、 1/3.15  つまり  日本の約31.7%の値段じ
          そして  中国は  1/4.74 つまり  日本の約21.0%の値段
          
  

中国は名実ともに世界の工場で、おそらく機械の場合も
販売量が日本の10倍以上あるでしょうし、世界最大市場を狙って、内外の競合も多い、だから価格競争が激しい、
値段が安いということになるんでしょう

おそらく5軸については 主軸が横型のほうに区分されるためでしょうか、価格も高いためか、
制御、機構が複雑であるため、日本もまだ競争力があるんでしょう、

縦型より、価格差は少ないとはいえ、本家アメリカだと日本の値段の39.8% 
半値の八掛けです(泣)中国は、55.2% 約4割5分引きです

調査対象品のスペックはこちら
204 一般機器 マシニングセンタ(立型) 立型、
高性能型、前後ストローグ510mm以上、作業面積600×1,100、各軸移動量x800×y510×z510、主軸回転速度12,000

205 一般機器 マシニングセンタ(横型)
横型、高性能型、テーブルサイズ500mm以上、作業面積800×800mm、各軸移動量x1,300×y1,200×z1,100、主軸回転速度10,000


ある意味しょうがないこともあるんですが、日本製、日本メーカーの機械が
内外価格差があり、競争が激しいとはいえ、海外、米国、中国では、3~5分の1で売られてるんですから、

そりゃ加工代も安いわけですよね

ここには記載されてませんが、自動車生産の一大拠点となったタイでも同じようで、
オーストラリアもきっとそうなんでしょう

そりゃ、加工時間単価は下がるでしょうし、アルミの値段も日本の高い電気代で出来たアルミとじゃ違うから、
もう、どこをどうとっても 勝負にならないレベルだと思います。

5軸のMCでヘッド削りだしなんて、日本でやろうと思って、3d測定からデーター起こしても
加工機械をもっている設備投資できるところが限られているし、
その加工値段も、機械代、電気代、税金(固定資産税、法人税率他)では大幅に不利なわけですから、
頼むにしても、そもそも難しく、できたとしても、数倍の値段、準備にかかる時間も数倍になってしまいます。

世界で最も高いマシンをメンテ付で買わされて、材料も高い、電気代も高い 
流通コストも高い、しかも数が出ない では、もう、どうにもなりません。

いつの間に、こんなに差が付いちゃったのかと、
素晴らしく仕上がったかの地の車をみて、思いつつ、
趣味からみた世界の実情を感じて、我が国の産業、貧国弱兵の未来を考えるとブルーになります。

まあ、日本の購入者が、数が少ない、複雑な流通や、メーカーの思惑で、高いものを掴まされてるんでしょう

なんとかなんないですかねー

これでも まだ、日本最高! 地元最高!職人技、匠の技って言い切れますかね?
2018/10/10

WTAC 2018 シドニータイムアタックレース 

 オーストラリア シドニーで今年も開催されるワールドタイムアタック WTAC2019

fc2blog_20181009152721a34.jpg

 シドニーのオペラハウスも プロジェクターで WTAC仕様です!


 何度か紹介していますように Team Escort のファイアー安藤選手が今年も参加します。

 台風24号(香港では山竹/マンゴスチン 台風)の影響で、
 香港経由シドニー行きコンテナの到着、出発が遅れて、11日 金曜日朝、つまり本番ぶっつけの
 様相も出てきました。

 日本―シドニーのコンテナ直行便は、残念ながら、貿易量が限られているためか
 あまり一般的ではないようです。 

 調べてみると 2016年度で
 3713万TEUの上海、3090万TEUのシンガポールに続く 
 1981万TEU 深玔 寧波、釜山につづいて世界第6位 1981万TEUの香港経由です。
 斜陽の我が国産業の実態は、コンテナ取扱高にも如実にあらわれていて、
 東京は470万TEUと29位、日本全体でも1700万TEUと、広州や青島の港一つの
 取扱高よりも 国全部でも低く、産業の凋落ぶり、中国の台頭を否応なしに感じられます。

 香港や深玔、上海の海上コンテナの量や、行き来する船の多さに慣れていると
 久しぶりに帰った東京港のコンテナは、感覚的に10分の一以下、
 
 年末の御徒町のアメ横の雑踏と 群馬県のカインズホームかベイシアの混雑くらいの
 差があります

 もう、取り返しがつかないレベルになったと思います。

 そんな、地盤沈下の我が国経済をものともせず、
 ファイアー安藤號は、
 昨年のバージョンから、国内でのタイムアタックや練習走行を重ねて、
 外観のカラーリングのほか、エアロパーツが大幅な進化をしているほか、

fc2blog_20181009150508245.jpg

 エンジンは、スペア含めて アルミビレット削りだしのブロック仕立てのエンジン

fc2blog_201810091543370df.jpg

 ハンドキャリーでJALのエメラルド特典で強引にもってきた4G63ブロック、
 #6000ジュラルミンにダルトンのスリーブで、温度管理して、ばっちりのクリアランスに仕上がってます。
 
 ブレーキは カーボンコンポジッド製の軽量品になっています。

 fc2blog_20181009150427ed6.jpg

  もちろん、各部のボルトは、同じくハンドキャリー―の
 特性の6-4チタニウムの転造品で、軽量化です。

 不安材料は、馬力に見合った強化が難しい、センターデフ、駆動系といったところでしょうか

 カーボンコンポジットのブレーキといえば、
 かつてヘアライン号もいれようかと思って準備していた時期がありました。

fc2blog_20181009150339b26.jpg


ヘアライン号、 現在はポルシェ993のGT2耐久レース用380mmのフロントにAMGの8ポッド
ポルシェ993ターボ用4ポッドキャリパーに340mmのベンチディスクで、
八潮にかつてあったアジアサービスでの製作のブラケット、センターハブ等でしたが、
これを、同社が輸入しようと準備していたカーボンコンポジッドディスクにしたら、
20~30キロ以上軽くなるんじゃないかということで目論んでいましたが、
その直後、アジアサービスが突然に営業をやめてしまったので、そのままになっています。

近所のベンツC63等のチューニングでも有名なFIRSTさんが、
働いていたスタッフや在庫を引き取って、継続してサービス提供しているとのことなので、
一度伺おうかと思っていましたが、そのままになって今にいたります。

10年前では、ポルシェの一部モデルやフェラーリのオプションで
1台で400万円~位した、高級品でしたが、ここのところ、カマロやコルベット、
35GTRのオプション等でも使うくらい一般的になって、以前より手が届きやすい価格帯に
近づいてきました。

fc2blog_20181009150420d1c.jpg

レースで使った予備か、スペアを、ヘアライン號用に狙っているところであります(笑)

こーゆー部品を、力まずに 使って、私も コスト無視! とか 最善か無か! とか
ポルシェがつくったベンツとか 聞いたようなこと言って 口三味線弾いて騙ってみたいです

ブレーキダストでホイールが汚れる とかの話も これくらいになるとカッコいい(笑)

2018/10/02

w124 500E のパワ―ステアリングからベンツの変節を考える Concerning for Mercedes "Treachery" from POWER STEERING PUMP W124

メルセデスベンツ W124 のモデル
500E に限らず  私の 知りうる限り
全てのモデルで パワーステアリングが装着されています。
(ワゴンや500Eは、荷重姿勢制御用のレベライザーがつくため、タンデムポンプ(油圧系統が2個))


これは、コンパクト、ミディアムクラスの伝統
プレミアム性由来の特徴 特質もあるでしょうし
メルセデス伝統の直進安定のための オーバーキャスターアングルのため
ノンパワーステアリングだと人力だけでは操舵が重いためもあるでしょう


また、エンジンから考えるに、
搭載されるエンジンが パワステレスの設定がない、
サーパンタインベルトの取り回しが出来ない 等 設計上の理由もあるんだと思います。

そんな必須のパワステですが、ポンプ自体は エンジン等と異なり、
メルセデスが自家製造するわけではなく、他メーカ―から供給を受けています。


129-460-2880.jpg
 129-460-2880
写真は500E他用のパワステ、タンデムポンプ本体、残念ながら現在メーカ―欠品中,
 北村さんによれば、残念ながら 
 もう、生産中止だそうです



 LUKE製でも ザックス製でも
 油圧ポンプ自体は 他モデルにとどまらず、他車他メーカーとも共通になっています。

要は汎用品の使い回しでもあるため、取り回しや機構に無理があったり、
ポンプ自体の設計精度も 特別素晴らしい訳でもないので、
昔から オートマ エアコンと並んで、よく壊れると言われる部分でした。


この上に 無理して パワステタンクを設置しているので、タンクとホースを繋いでいるゴム配管が短く 斜めに着いていて、

それをホースバンドで締めて固定してあるから、高確率でここからも浸透するように漏れます。
もちろん、ポンプもシール設計由来なのか ほぼ漏れてきます。

オイル漏れの頻出箇所で対策用の部品も出てます

SJ151213.jpg


パワステポンプの下にエアコンコンプレッサがあるので、漏れた鉱物オイル は重力に逆らえず、
垂れて、コンプレッサ本体や 電磁クラッチ、フロントカバー クランクプーリーのゴムを汚染 侵食します。

漏れる量の多寡こそあれ、ほぼ100%に迫る確率でオイル漏れが出るところです。

放っておくと大事になる事もあるので、必然もしくは必要に迫られオーバーホールをすることになります。


000-460-3980.jpg

幸い、旧モデル は写真のようにシールのオーバーホールキットが 今のところは、出るのですが、


140-466-6201.jpg

 こんな小さな部品、ガスケットキットが欠品すると、アッセンブリ―やリビルトも供給してませんから、
 えらいことになると思います。ある内に買って置いたほうが良いです

他方、流用可能と思われる、モトロニック以降の黒いタンクはまだ販売していますが、、
W124以降のパワステ(M119で言うと W210等) は アッセンブリー供給だけで、シール供給が無いので、OH出来ません。

ご存じの方も、多いと思いますが、旧パワステポンプにはついていた紙製のオイルフィルターが
モトロニック後期の黒タンクになってからは、廃止されてます。
パワステのギアオイルのフィルターなんかいらないってことになったんでしょう(汗)

振り返って見ると、もうこれくらいの時期 1995年くらいから ベンツの変節、明確なコストダウン指向、
アッセンブリ―供給に始まり、「良いものを長く使う」 という姿勢から、
販売台数を争う、多モデル展開戦、あからさまなコストダウン、過剰品質の変更路線等 
が目につくようになったんだと思います。

今でも、W124の人気が高いのは、この変節より前のモデル設計であるからだと思います。
2018/09/29

W124  500E メーター オドメーター修理

W124 で は  頻出のメータートラブル
具体的にはオドメーターが動かなくなる。時々 は動く などの症状があります。
ヘアライン号も 30万キロ 25年を超えてこの症状が出ましたので、修理することにしました。

この世代のメルセデス、メーター は往年のVDO製で、液晶やLED、LCD表示ではないアナログの電子式タコメーターに、W124  500Eでは電子式のスピードメーター、他の古いモデルの一部では トランスミッションからのメーターケーブルでの  機械式速度メーターです。
問題のオドメーター に関しては 全てギアを組み合わせた機械式。
同世代のW126  W107 W463や  ボルボ  BMWの同世代のモデルもこの方式です。
この後の129や202 140になって  デジタル液晶になります。
こう見ると  メーターも 透過式ではない 今ではフォークリフトにもないような 古来の外周照射式 で  基本設計は  国産でいうと ケンメリとか  ハコスカ 旧車  昭和50年代 40年代です。
まあ ここら辺の 電球色間接照明のノスタルジック感が この世代のベンツの良さ 味な訳だと思います。
これを無理に 白色LEDとかにすると 目新しさ は出ますが 今となると ややチグハグ感が出てくるのは 残念なところです。
無難なのは 電球色LED や  文字盤書き換え 懐かしの ホワイトメーター 止まりでしょうか
さて 前置きが長くなりましたが、オドメーター不良は この機械式のギアが経年劣化や 摩耗で破損するのが主要原因です。
便利なもので  今は、社外でギア単品でも売っていて  入手可能です。

自分で修理も出来ると思うのですが、私の場合 良い機会なので、他の部分も合わせて SJ経由で メーターOHをお願いしました。
昔  は色々なメーター屋さんがたくさんありましたが、距離戻し(笑笑)の共犯事件等で  淘汰されたり、修理する人も 顧客も減ったり  アッセンブリー交換が前提になったりで、今では 残り少ないですね
もともと怪しい類というか  受付だけして 外注任せや  技術が伴わない素人の延長 修理改造みたいなところも いまだに  あるので トラブルが 多いのが 残念ながら  今でもの  現状だと思います。
2018/09/18

山本KID徳郁 逝去 MMA Artist KID Yamamoto passed away.

山本KID徳郁 逝去

先月にガンであることを公開して、9月18日にガンで逝去されたとのことです。


hqdefault (2)

全盛期のころとくらべると、だいぶ痩せたなという感じでした。

20180829-OHT1I50030-T.jpg

 記憶にある方も多かったと思いますが、
 艶消しのアーミーグリーンの500Eに乗ってました。
 ACモーションでメンテしてた車で、走行会に参加してたこともありました。

 OSのLSDをつけるときや、ASRカットオフスイッチのこと等で、連絡をもらったこともありました。

20080222_5.jpg

写真は、愛的スパイダーから

 年齢は私より一回り下になりますが、少年レスリングをしてたころから、注目の選手で、
 米国に留学しているときに、共通の友人と優勝祝いで韓国焼肉を食べにいったことがありました。
 
 まさか、そのころ、柔術、総合格闘技にデビューすることになるとは思ってませんでしたが、
 帰国して、進学、総合格闘技への道にすすむことになり、そのあとの活躍は
 みなさんもご存じのことと思います。

 決して、恵まれた体躯ではない、小柄な体格でありながら、レスリング仕込みの
 スピード、俊敏さで、グランド勝負だけでなく、投打極とオールラウンダ―でありました。

 若年のガンは進行が速いとはいえ、早期発見や標準治療での対処ができなかったのではないかと
 思うと残念なりません。