2017/09/21

CARBOY 2017 不良のすすめ

 CARBOY の藤本さんが 今年になって新たな活動を始めてます。

 CARBOY2017  往年のコンテンツに当時の裏話、今から見る話、現在のことを付け加えて、
 SNS 連動で うまく纏めています。

 そんな中、カーボーイの黄金時代、左開背閉から
 右開きのホチキス二点止めになって紙面が拡充変更、カラー紙面が増えてから、
 数年たった頃の話、今思えばバブルの頃、1990年の記事がアップされました。

CB1990-04BAD1.jpg

 タイトルは ”夢見る不良少年” です

 東京タワーがまだ日本で一番高い鉄塔だったころ、ジェームスディーンのポスターとあわせ、
 前に映ってるのは
 藤本さんがイギリスから輸入した自家用車、コブラです。

 このWEB記事 CARBOY 2017 では ベンツのこと W124、500Eのことが書かれているので転載します。



以前、キャンプ用のクルマとして、W124のベンツを購入したことがある。
バンは嫌だった。セダンのトランクルームに、機能的なキャンプ用品を、
こっそりと積み込むことに、そのときは精力を注いだ。

で、300Eだったのが不満で、500Eを購入しようと思った。

知り合いに頼んだり、いろいろと手配をかけていたのだが、
なかなか思うようなタマがなかった。

そして、いろいろと考えているうちに、ふと気がついた。

ああいう種類のクルマというのは、しっかりとお金を持っていて、
キチンと遣うことができるヒト用なんじゃないだろうか?

あそこに短パンで乗るとしたら、清水の舞台から飛び降りるつもりで
買ったエルメスの短パンではなく……なんで、短パンなのかは、いまでは不明(笑)
色違いの短パンを数本同時に買ってしまう人種のためのクルマなんじゃないか?

そんなことを思って、結局500Eも、E500も、購入をやめた。

偉そうにいうなら、自分なりの美学というか、
カッコよさ追求であります。

岸和田生まれの、だんじり育ちの人間が、
東京に出てきて、少しずついろんなものを手探りしながら、
自分なりの価値観や、美学らしきものを構築し始めて、
そいつをダイレクトにCARBOYという雑誌にぶつけてみた。

ま、そんなとこですかねぇ(笑)

おっと500Eと言えば、知り合いに、
新部さんというヒトがいて、500Eをベースに、
病気かと思えるほど、細部にこだわりを爆発させている。
彼のブログを見るたびに、ため息が出る。
人間のこだわりというのは、どこまでの範疇をいうのだろうか?
ここまで、やりますか~? こんなことまで、こだわりますか~?


 と、私のこと、ブログも書いていただいています。

 なんか、嬉しいですね

 でも、不良少年、不良とワルって紙面では分けてますが、
 不良っていうと、私の言語、感覚では、たぶん当時でも今でもなんですが、
 広域指定暴力団の構成員とか、テキヤ、博徒等の総称の俗語、
 って感じしますね、
  
  その昔、自動車改造は、基本違法改造だったから、
  そんなことするのは エネルギー持て余した連中が
  非合法承知で 暴力自体も伴って数を頼んで行動する 暴走族 だったと思います。

  基本アウトローで、不良、不良くずれ、準構成員、なんらかの関係がある人や
  ケツもちだとか バックだとか そんな話も散見してました。
  
  喧嘩や小競り合い、乱闘も、事故や故障と同じレベルで考えてましたし、
  潰し と称する 自動車の意図的破壊、器物損壊や窃盗やら、
  恐喝、強盗、傷害、暴行等もあったように思います。
  木刀や鉄パイプ、ナイフや日本刀や部器まで積んでる人もいたと思います。

  今は、反社会とか、コンプライアンスとか、
  動画アップだったり、録音アップだったりで、
  お行儀は良くなったのかもしれませんが、
  アウトローには、まあ、生きづらい世の中になってます。

  そんなご時世に改めて、不良少年を懐かしむ 秋の夜長です。
2017/09/15

WTAC 2017 SYDNEY TIME ATACK

10月にオーストラリア シドニーで開催される WTAC 2017への チームエスコート ファイアー安藤の
車の積み込みも終わりました。

WTAC 2017のページ

当初、ヘアライン号の右横の定盤に鎮座している35GTRでの参戦予定でしたが、
100Nm以上のトルクに耐えられるトランスアクスルミッションが出来上がらずに、国内タイムアタック用のエボ9を
改装して参戦することになりました。



ヘアライン号の左横が作業の定位置です。
ビニールカバーがかかっているのがヘアライン号(笑)
レース屋さんですから、リフト一基もありませんがふつうです。リフトないと作業できないといってるディーラーあがりの整備屋さんとは心構えが違います

fc2blog_2017091018430436b.jpg

土屋レーシングのVIVA Cカラーでカラーリングされてます。

fc2blog_20170910191300cfb.jpg



無事に横浜の波止場から船にのって旅立ちました。初春のオーストラリアでのレース結果が楽しみです
ヘアライン号の進捗も 楽しみだぞっと

fc2blog_201709101912595f1.jpg

エアロは、WTACでは定番のエアロです。三重大學での実車での風洞実験モデルです。
フルカーボンのボディですが、カッティングシートで仕上げているので
白に見えます。
この写真はヘアライン号の横でのカッティング作業です
W124 500E の排気量は半分ですが、出力は2~3倍 重量で500キロ超は軽い車は
アマチュアのドライブで筑波を55秒で走ります。

シドニーでの挑戦が楽しみです!
2017/09/09

チタンホイールナット M14X1.5/19.0 6Al-4V Titanium Wheel Nut


6Al-4vチタンホイールナット、 自分用で ARPのクロモリスタッドボルト用に
  1/2 インチ 20UFサイズを造ったら、
 M14X1.5 二面幅19mm を造ってくれといわれたので、また特注することにしました。



 チームエスコートの安藤さんのWTAC シドニーでのタイムアタック用です
 35GTRで出走を予定してましたが、トランスアクスル用の1000馬力対応の
 トランスミッションが出来てこないので、国内タイムアタック用のエボで出場です。

fc2blog_20170908125806573.jpg

 エボは元々はM12で、馬力トルクに耐えられないので、
 これをヘアライン号 W124 500E と同じく ARPのクロモリボルト1/2 12.7㎜にして、
 と思ってましたが、ホイールをフルセットでエンケイにすることになったのでM14サイズで創り直しすることにしました。

 ホイールによっては、M14だとホイール孔が、小さくてM14が使えないんですが、
 どうせならということで、鍛造M14ホイールをセットで調達することにしたので急遽M14に変更しました。
 コンテナの船積みが終わったあとなので、直接オーストラリアに手荷物で持参になります(笑)

 このあと、ついでなので、M12x1.25 二面幅17.0も造ることになりました。

レーザーで刻印入れてますので、盗まれてもすぐわかります

2017/09/01

あと何年のれるかな (4)  歴史に学ぶ How Long we could enjoy 500E /W124 ? learn from experience and history.


 あと 何年乗れるかな ということにつき、
 夏の八ヶ岳 小淵沢で毎日馬とすごしながら、考えてました
 2017年の晩夏 小淵沢の馬術競技場 クランマー號 誇り高きホルシュタイナー種

fc2blog_20170827223209c57.jpg


あと何年のれるかな(2)
あと何年のれるかな(1)

その理由は、7月にフランス、イギリス両政府がドイツにつづいて、
内燃機関付自動車の販売を禁止すると発表したことです。

U.K. Joins France, Says Goodbye to Fossil-Fuel Cars by 2040

Britain to Ban New Diesel and Gas Cars by 2040

20××年、自動車からエンジンがなくなる日

邦文でわかりやすくまとめた記事があるのでご覧ください。御堀直嗣氏の記事です
読売オンライン 深読チャンネルの記事へのリンクになります。


ふりかえれば、蒸気機関を利用した自動車、馬なし馬車が発明され

その後の内燃機関付の自動車がカール・ベンツ、
ゴッドリーブダイムラーにより発明(1885)されて、132年

 その後の幾度もの戦争による内燃機関の発達  
 ヘンリ―フォードによるコンベア方式の大量生産(1913)で大衆化して104年
 
 さらに、また大戦争をはさみ、航空機の内燃機がジェットエンジン化により主役から外れ、
 米国マスキー法(1970)による公害規制、環境規制から幾度の強化となり
 原油ガソリンの高騰と、ガスガズラー課税、燃費競争と燃費規制

 トヨタ プリウス(1997)に始まるハイブリッドからもう20年
 電気自動車の普及で、ディーゼルエンジンの自動車が規制される
 内燃機自体が規制されるというのも、まったく夢の話ではなく、
 現実の問題になってきたと思います。

 以前にも書きましたが、
 自家用自動車が普及する前、
 日本ではほんの少し前、地域にもよりますが、50~70年位前まで、
 汽車、電車やバス等の公共の移動手段を利用するか、
 自転車、徒歩、農耕や運搬には馬車や馬、牛が使われてました。

 自動車がここまで普及した今、街中で馬を見かけることは、ほとんどありません。

 ここ小淵沢は馬の町と呼ばれるだけあり、馬の涵養数がとても多く、
馬術競技場の廻りの別荘地では、道路でも乗用馬を良く見かけます。

 私も競技場から行きつけのパン屋さん 週末午前中だけやってる
 長時間、自然発酵のパン、パンの店 「虹」まで

fc2blog_20170827223202744.jpg

 後ろに映ってるのがお店、馬に草を食べさせる場所(駐車場兼)もあります。
 Cranmer with Hermes saddle and bridle

 山道、緑道、森の中のケモノ道を登って移動しますが、
 馬装も手入れも必要ですし、車道も横切るので
 舗装路を自動車で移動したほうが速いですし、はるかに楽です。

fc2blog_20170827223205337.jpg

 でも、これ、道路舗装や道幅、ガソリン供給のインフラ整備のたまものなんですね
 都市間高速道を整備し、細い道、未舗装の山道を切り開いて、道幅広げて、信号をつけて、
 アスファルトを舗装し、ガソリン供給網を整備したからで、
 何もない山道だったら、徒歩か馬になります。

 電気自動車も毎日乗ってる、内燃機オタクの私が考えるに、電気自動車の充電設備の充実は、
 馬、馬車から 内燃機自動車の変化のためのインフラより整備より、はるかに手間がかからない、
 費用もかからないから、ものすごいスピードで、きっと自動運転のメリットや各種税制等との
 あわせ技で変化してくるんだと思います。

 こう考えると、この車、今のような環境で 楽しめるの、あと何年かというのも、
 部品供給があるにしても、長くても、あと30年位なんだろうかなと思っています。

 世界だけでなく、日本の産業構造も変わることは間違いないでしょうね

 これも振り返れば、
 開国時、19世紀、農産物のお茶、絹糸 陶磁器が、
 明治になり、二次産業製品の繊維等の輸出になり、
 戦後、家電、自動車に主役が移り、
 21世紀になって、家電メーカーは淘汰され、残るは自動車だけですが、この構造、自動車の中身が
 大きくかわるとなると、この国の産業構造、雇用自体がどうなるのかと懸念しています。
 
 内燃機付自動車、自体は、きっとなくならない、でも、
 きっと移動手段、流通手段では主役を渡すことになるのでしょう
 それでも、鞍下に配す、愛馬のごとく、極めて限られた競技や趣味の世界では生き残ることと思います。

前にも書きました ミネルバの梟は夕暮れ時に羽ばたくといいますから、最後の徒花がどんなものか見極めていきたいと思っています。

↑ 4輪モーター制御になれば、当然、差動装置はいらなくなるから、デフレンシャルギア、LSDも、
エンジン同様 物理的に要らなくなる(汗)わけですよー
2017/08/29

722.6 NAG1 エボリューションプロジェクト (16) 722.6 NAG1. Evolution Project (16) How to install

マイナーな加工部分 次はトランスミッションマウントです

加工したトランスミッションマウントです。

fc2blog_20170823202446242_20170823203554ed9.jpg



下の図は、722.3(左)と 722.6(右)を並べたところ

13575695_1037148469694576_1569767508_os_20170823205840f6e.jpg

 それぞれに装着されるトランスミッションマウントは
 これが 722.3用 下側が平フラットで形状もカマボコ型です
 マウントの真ん中に長いボルトが入るタイプです。

140-240-0318.jpg

 それでこちらは722.6用 下側が出っ張っていて、キノコ形状でアルミ地です。
 トランスミッション単体の重量は丈夫になったためと、ギアが1速増えたので、結構、重くなってますから、
 その分、マウントも丈夫に作ったようなことが見て取れます。
 こちらは、マウントに横棒が入っていて、ボルト2本でオートマを固定するタイプです。

212-240-0418.jpg

722.6には下のマウントを使うのですが、下側が出っ張っているので、そのままではつきません。
ミッションマウントプレートを製作している例もあるようですが、私の場合は、
マウント自体をフライスで削って、純正のマウントが装着できるように加工しました。

flexdisc_new1.jpg

こちら、純正のアルミニウム製のトランスマウントメンバーの画像です。
 W124 500Eでは、トンネル部を連結させるアルミ鋳物製のメンバーになっています。
 後継モデルの鉄板のプレス製と比べると、お金かかってる創りです。
 

実際に作業をして、後追いでこのブログを書いていて、今、思ったのですが、
マウント部分、722.3と722.6を共通して使用しているシャーシ、
たとえば、129だとか140だとどうだったのかと思っています。

EPC見てあとで調べてみます。

それで、マウント位置をいじると、エンジンからデフの角度が、変わってきます。
トラクションや振動、大馬力時の安全性にも影響する重要な部分なので、エンジンマウントの高さ、プロペラシャフトの角度と
あわせて調整する必要が出てきます。