FC2ブログ
2019/02/22

M119 エンジンのタコ足(9) 込谷さんの遺作

 M119エンジンのタコ足、

 これ、企画製作した Dookie's の込谷さんが無くなって はや3年
逝去される前の年に病を押して、製作したM119エンジンロングプライマリーのタコ足です。

 一緒に仕事をしていたUcchi こと内倉さんの綺麗な、美しい溶接です。

fc2blog_2019022012042710e.jpg


 もう何度も紹介した気がしていましたが、見返したら、このブログでは初めてでした。

 点火270°で集合、片バンクのロングプライマリーで 4-2-1でまとめてます。

 管長は、4-2が おそらく300~400mm前後、 集合部が、100-120前後  その後200mm前後  
 つづく、2次集合がスリップいれて、150mm前後と いうところでしょうか

 肉厚は1.0mm のステンレスの薄肉パイプです。

 プライマリーは、おそらくφ40~42前後、 セカンダリーの集合部はφ55 です。
 スプリング差し込み式にしているのは、分割式でないと、エンジン搭載したままでの、装着ができないため、

 特に左側、運転席側にステアリングギアボックスが鎮座しているので、4-2-1方式であっても、
 φ55の2本、デュアルでないとパイプを通すスペースがありません。

 装着時にステアリングギアボックスを脱着する必要がでてきますが、これはスペース、取り回し上、
 仕方のないことでしょう

fc2blog_20190220120439c59.jpg


 そのような事情があり、タコ足自体、4-4 の部分と 4-2の部分はスプリングジョイントで分割式になってます。
 熱膨張の大きいステンレスや、エンジンの振動吸収には 良い効果をもたらすと思います。

 今となっては、昔の思い出、笑い話ですが、
 このタコ足、作るときに、エンジンの点火順番を込谷さんと話していて、
 「ベンツのこの年代のエンジンは、他のGMや フォードのV8とは違うよー」「1-5-4-8-6-3-7-2 だからね!」
 と念を押していたのに、

 長年の経験、習性、因習からか、最初のモデルは、集合の順番を間違えてました(笑)。

 動画送ってくれて、なんか、音違う、ばらつくんだよねー と いうから、見てみると、
 片バンクの集合順番、間違えてました。

 それを修正して、無事270°集合に仕上げたのですが、良く見ると、その手直しの跡が見られます。

 どこだかわかるかな?

 今、このタコ足は、これを企画した、Jオート の松本さん のところにあります。

 http://www.jauto.co.jp/

 さて、「最善か無か!」の ワタクシ(笑)は、
 180°集合のクロスバンク、素材はインコネル製と準備してましたが、
 先日、夢に込谷さんが出てきて催促された気がしたので、

 その前に、それと比べれば難易度の低い(それでも結構大変 (汗))な ステンレス材で
 ロングプライマリー 270°集合で造ってみようと思います。

 すいません、パクらせてください

 いきなり 180°クロスバンク、インコネル どうせするなら、じゃまなステアリングボックスも外して、
 ラックアンドピニオンと考えていたのですが、後に続こうとする多くの方への参考にならないのと、
 ハードルも やや高くわあるので、 焦らず、慌てず、片バンク270°の 4-2-1 に手堅く挑戦します。

 と、言い出さないといつまでたってもやらないので、宣言することにします。

 目標は、2019年内、できれば、寒くなる11月中には仕上げたいな!
 (触媒の試験は、そのあとで)

 というわけで、いろいろ厄介なお願いをしている、これから、することになるであろう 関係者のみなさん!!

 まずは、現物見本の発送と、
 部品取車の500Eを、スペース、取り回し確認のために、新潟に発送することから始目用と思います。

 ドーナツの型、ヘラ絞り型はインコネルのものを流用できますので、
 採寸とフランジの制作ですね、

fc2blog_20190220131316819.jpg

 というわけで、どうか、よろしくお願いします

fc2blog_2019022013224575e.jpg

前も書いたかもしれませんが、M119エンジンは、4バルブでエキゾーストバルブが独立でエキマニまで来てます。
なので、左右8個、合計16個のエキゾーストの孔があります。
ここを、2-1にするのは、管を切断して曲げて、溶接するか、上下2分割のモナカをつくって、真ん中を溶接するかになります。

fc2blog_201902201322340d0.jpg

 左バンクは、8-7 と5-6が集合して、
 また 左バンクは、1-3、2-4 を集合させて、
 270°間隔になってるのが、わかると思います。

 気が付けば、 前にも照会した M117 大昔のAMG,昔のタコ足と同じ集合順番ですね



 
2019/02/14

500E W124の オークション相場 Auction Result of W124 500E

W124 500Eのオークション相場、

ずいぶん前、数年前、約10年位前には, 底を打っかの感がありました.

私の おおざっぱな感覚では、当時日本にあった500Eは 3000台強~4000位、
生産台数の3-4割、500台限定のLTDに関しては、6、7割以上は日本にあったのでは
ないかと思います。

目を世界に広げて、今を見ると、
昨年位から、堅調、走行距離の少ない、程度の良いものですと、
1000万位で取引される例も散見してきてます。

もちろん、6リッターになると、店頭や相対取引では、それ以上で 
取引される例が多いのは、内外で感じられていると思います。




写真は、最近のサザビーズのオークション、邦貨で9,487,500円、 7万5000ユーロで落札されてます。
その後、ネットで10万ユーロ前後で売りに出ているようです。
特別に珍しい、トピックというわけではなく、このような例も増えている状況のようです

他方、日本のUSSのオークション、業者用オークションもウォッチしてますが、
先週落札された、走行距離が一桁万キロの記録簿つき500Eは、
500万後半でした。これに、オークション手数料や消費税、輸送代等が加わるでしょうから、
店頭に並ぶときには、、整備の程度にもよるでしょうが、800万~1000万弱ってところでしょうか

日本の500Eは、海外とくらべて球数が多いことや、車検制度による整備状況もよいことなどから、
円安も追い風となり、海外業者の、草刈り場になってます。

そのため、不動、部品取りみたいな500Eも 業者オークションでも100万円を下る例は、なかなか見当たらず、
ディーラーか新車並行で素性の良いものですと、これが、なかなか市場に出てこない、
あったとしても 部品代の高騰や修理費の増加で、15年前の店頭価格より高くなってるというような感があります。

その要因として、外人買い、輸出業者が、安い個体を買ってますから、底値の下支えになっているんでしょうが、
日本国内に残る500Eが少なくなるのは悲しいことです。




サザビーズというから特別なのかと思いきや、
写真見ますと、ごくごく普通の500E LTDのようです。
LTDの多くは、中古車雑誌で人気に火のついた平成初頭の日本向けに新車並行で輸出されましたから、
海外では珍しさ、球数の少なさもあって、ボラティリティが高いんでしょう





シートベルトアンカーの赤が退色してるのに比べて、内装が綺麗ですから、
やりなおしえてあるのか、仕上げてあるんでしょうが、ツボを押さえて、確かに綺麗な車です。



エンジンルーム、インテークパイプの劣化が激しいのと、
LLCのタンクの色が熱で飴色になってること、エンジンオイルキャップがたぶん比較的新しいタイプですから、
熱が厳しい状態で距離を重ねた車のように見えます。


等と、中古車ブローカーみないな、見立てをしてもしかたないので、
私流に解釈して、

このブログをお読みいただいている、みなさんにお伝えしたいこと、いや、お願いがあります。

おそらく、みなさん、相当長い時間を共にし、一緒の時を過ごしたであろう500E、 
手放そうとする原因は、何らかの事情、健康、年齢によるものだったり、
家庭の事情、経済的要因だったり、
増減車、入れ替え等、飽きた、整備代がかかる、それぞれの御事情があろうかと拝察します。

それぞれの事情もおありでしょうが、手放すとき、特に手を掛けた車を手放すときに、
もし、わずかでも、お車に対しての思い入れが残っている、次の方のことを考える余裕があるのであれば、
どうか、仲間内の相対間での取引や、w124、500Eの専門業者にするようにしていただきたいと思います。

どこに売るのも、いくらで売るのも勝手、

高くうれるなら買い取り業者同士の 相見積でも 良いとは思うのですが、
もし、すこし、そのクルマのこと、マーケットのことを考えていただく余地が残っているのであれば、
前述のような、w124 500Eの専門業者か 車両を良く知っている業者、
仲間内への譲渡としていただきたいと、勝手ながら思っています。

その理由は、これ以上、輸出で日本国内に個体が減るのが忍びないというのもありますが、
買取業者ですと、それは転売前提、短期売買、差益目的です。

短期で利益がでるように、効率よく、内外装だけ磨いて、清掃して、商品車として売られます。

それは悪いことではない、当たり前の商行為なのですが、
経験のある諸兄はご存じのように、車齢から必要な整備、重整備は、ごく、あたりまえにでてきます。
いや、必用なんです。


ガワだけ磨いて、
きちんと整備されずに、転々売買される車は、
多くして路上停止、故障やトラブルを抱えるの傾向にありますが、
目に見えるものにお金を使いたがる中古車ユーザーの特性から、

目に見えずらい根本修理はおろそかになり、
新しい中古車オーナーが、好むであろう、ホイール、タイヤや、エアロ、車高等の
簡単に手に入る アピアランスに寄りがちになります。

そうなると、当然、壊れる、やがて、嫌気がさし、手を余して、
適当にごまかし、また、結局、オークション、
そして転々流転、輸出となる例を多く見ているからです。

10年以上前に書いた記事に、世界中で最も500Eを乗るのに恵まれている国と 
我が国、日本を評価したことがあります。

どうか、これからも、そう誇れる我が国でありますように、猪年前進としたいと思い願っています。

500E、W124,
日本でも、フルレストア、商業ベースでなくて、2-3年かけて、機関、内外装含めてレストアする例が
でてきています。こういう車が増える、たくさんの時間と費用をかけて、乗りたいと思うような車が
増えれば、市場価値、価格、価額も維持、堅調になって、輸出は減ることになります。

そんな日を、夢見ています。
2019/02/08

ウクライナのレストア W124 500E Restoration in Kief, UKLAINA.

 ウクライナのキエフからの W124の気合の入ったレストアの様子が届きましたので
 ご紹介いたします。

 旧ソビエト連邦のウクライナ、
 旧ソビエトの崩壊後、独立したのが91年ですから、今から 28年前
 その少し前の80年代後半 ペレストロイカや 
 ソビエト崩壊後、西側の情報が急激に入るようになるわけで、これにより、
 当時の共産圏の計画経済下での自動車と比べると、
 それは抜群に高性能、斬新なイメージ、自由と豊かさの象徴、憧れとして
 西ドイツのメルセデスベンツは輝いていたわけです。

 丁度、そのころ、私は、学生時代、大学4年の卒業旅行で 
 このソビエト連邦に旅行しました。
 当時は、日本では、多くの社会主義圏の個人の自由旅行ビザが取れませんでした。
 そこで、イギリス統治下の香港にわたり、
 中国に行く、北京でシベリア鉄道のチケットをCITSで ベルリンまで買う。

 東側諸国の中国では、ビザが取得しやすいことに目をつけて、
 中国でトランジットビザを軸に、
 モンゴル、ソビエト、ポーランド、東ドイツ、チェコスロバキア、ハンガリーと大使館巡りをして
 いくつものビザで厚くなったパスポートを手に、北京、ウランバートル、イルクーツク経由でモスクワまで行きました。 

 外貨との交換が制限されていた当時の首都、モスクワは、共産主義感が
 それは強くのこってましたが、走る自動車、四角いラーダだとか、 高級官僚専用のジルなどを眺めてました。
 
 このレストアをしているウクライナの青年、この時代に見ていた憧れの西側のイメージがあるんでしょう
 
 その後、しばらくたって、統一後のドイツから、
 古いドイツ車が 東欧圏に中古、ボロボロで安価になって大量に流れてくるわけですが、
 旧CSI諸国では そんなわけで、いまだW124が人気なんだということです。

 さて、旧CSI諸国のウクライナ、反ロシア感情が高いので、旧ソビエトとかいうと怒られますが、
 人件費の安さもあってか、ドイツで使われたときの塩害から、フルレストアしている人が少なからずいるそうです。
 旧CIS国、社会主義圏は、気合がはいってる人も多く、
 前述のツインターボのM119や、ボロボロの車を独自でチューンして、楽しむ人も多いようです。

 アメリカ、欧州、日本、アラブ国家につづいて、第三の波ですね

 前置きが長くなりましたが、



 やりますねー
 バーベキューにして、ドライアイス ブラスト かと思いきや、
 サンダーで 防錆剤、塗装を剥いで、ストリップにして、補修しています。




 写真の車は、V8モデルですが、400Eだそうで、バッテリーの深さや スペアホイールの深さが違います。
 
 こう見ると、サイドシルの2本の太いフレームがキャビンを支えて、室内側で 左右の横のバーがあるはずですが、
 そこから、リアホイールハウス、に行く間は 何もない、
 4つのゴムマウントで支えている、サブフレームで繋いでいる、構造が良くわかります。

 こりゃ、大トルク欠けると、トランク室内のアキュームレターのところにクラックが入る、
 リアのガラスが割れる、剥離して白くなるという理由が、これ見るとよく わかります。



 フロア自体 裏側は、ほぼフラットで、室内に補強のサイドバーで左右のサブフレームを連結しているわけですが、
 床面は、プレスで各所に凸凹を造って、強度剛性を増しています。
  



 良く見ますと、床面の鉄板の合わせ、右バンクのマフラーの逃げの部分と、左右の鉄板のあわせが、直線ではなく、
 折れ線グラフ上になっているのがわかります。



 床面は、スポットの間隔が ドア部などより広くなっているので、ここも補強すれば、効果的だなと思います。
 


リアのシート下は、右が燃料ポンプ、左はマフラーのサブサイレンサーのために大きく四角いスペースがあいています。
画面左上に見えるのがサブフレーム固定用のボスです。

ここは、エンジン、デフの駆動力がかかるのと、
タイヤで跳ね上げられた錆で腐食しやすい場所です

下のリンクのとおり、リプロダクションで ここの部分のプレス鉄板がでています
ドイツの会社ですが、これあると、腐食している中古並行車のレストアには便利だと思いました

$_72.jpg


Trab Han のEBAY ページ

これから、このような作業する人、しようとする人が 世界では増えるんでしょう

幸い、新規並行やD車の場合、日本の場合、500Eで塩害でやられている車はすくないでしょうが、
大量に入ってきた中古並行車は、個々の部分や、ラジエターのロアサポートが 腐食している例が散見されます。

 こういうの出てくると、ありがたいですね

 そのうち、w124036 500Eでも こんなカーベキューをするような人が出てくることを望んでいます。

 
 
2019/02/02

ATFパン オイルパン 追加製作/ W124 500E M119 Finned Oil Pan, ATF pan by NIIBE

722.3 用 ATF パンと エンジンオイルパン NIIBE パン

こんなもの、欲しがる人いないだろうと思ってましたが
ごく一部の方からは、良い評価を頂戴していて、
売り切れると、欲しかった、欲しいという要望をいただきます。

自分用の予備も無くなってしまったのと、
追加でエンジン造るという話もあり、要望に応えて製作いたしました。

まさか、何ロットも作るとは思ってませんでしたので、
自分でも 驚いています。

fc2blog_2019012918270138c.jpg

それで、私も失念していたんですが、オートマ用ATFパンは
別に500E、V8用の722.3じゃなくても、機械式五速の722.5 5速でも、
12気筒の4速でも、M104の320Eでも 装着できることです。

用は3000CC以上の機械式4速、5速なら 装着可能です。

以前にも、w202、C36の方や、W126のオーナーで購入いただいたこともあったのですが、
ここらげんが、自分勝手、自分中心の悪いところで、失念してました。

同じく、エンジンオイルパンも、M117や M116(ロア、一体式の前期のものはのぞく)でも
装着可能だそうで、ここらへんは、コリ固まった、偏った私なんかより、興味のあるオーナーのほうが
智識があって、教えられること多いです。

まさか、これ作ったときには、他のモデルで使うことなんか頭になかったですが、
それはそれで、売れしい限りです。

fc2blog_2019012918270348a.jpg


何度か書いてますが、ATFパンは、ATFが漏れる、滲むのが嫌なので、
純正の黒うどん、ゴムパッキンじゃなくて、接合面の面圧が
保てる特注の大型Oリングで造ってます。

Oリングが特注品のため、納品が遅れましたが、無事に揃いました。

機械式じゃない、電子式722.6のATFパンは、
いま準備してますので、もう少しお待ちください。
      ↑
「黒」うどん ならぬ ”黒’蕎麦屋のようです

722.3ATF パン 完成!
此方は2013年なので、もう6年前


アルフィンパン 完成!
2011年ですから、こちらは、なんと 8年前

img_0_m_201901301457062e8.jpg

 500E M119と722.3に両方装着すると こんな感じになります。







2019/01/28

チタン ブレーキパッドシム Titanium Brake Pad Shim

米国から ブレーキパッドシム なるものを購入してみました。

s-l1600_2019012711180092e.jpg

こちらはF50 のシムへのリンク

基本、ブレーキキャリパーピストンと摩擦材パッドの間にはなんにもないほうが、
フィーリングがカチッとしているはずで、

ここに鳴き止めグリスとか塗ると、
なんか、ぬるっとした感じになるというか、そんな気がします。

シムもないに越したことはないように思うのですが、
熱伝導のことや、摩材と板材とのバランスもあって一概にはいえないようです

ヘアライン号の場合なんかですと、マスターバック付の車だと
もとが フカフカしてるベンツ風なので気にならないことを予想したのと
ノンマスターの空冷ポルシェでも、フィーリングが良くなるようなので、
気になっていました。

ちなみに、チタンは、熱伝導率 / (W m−1 K−1)が  17 WmK ,
銅 Cu 403WmK や アルミニウム Al 236WmK 鉄Fe 83.5Wmk とくらべて

低く、温まりやすく 冷めやすいという
特徴があります。

なので、チタン製マグカップなんかは、 口元が熱くならないし、
この特性をいかして、 ブレーキのピストンや、ブレーキシムに使っている人がでてきます

購入したのは、米国の ミネソタ州の Bill's Inc のE_BAY 

ヘアライン号、リアはポルシェ964ターボの前期 フロントを340mmのディスクにあわせてます

 なので、こちら

fc2blog_20190127130657c34.jpg


ブレンボ、ポルシェのブレーキに関しては、全種類持っていると豪語するだけあって豊富な
品揃えですが、さすがに マイナーな AMGの8ポッドブレンボはなかったので、特注となりました。

fc2blog_20190127130651a3c.jpg

 実質4ポッドの二倍なので値段も倍です
 
厚みが0.8mmなので、
パッド交換のタイミングでは ディスク厚みと キャリパーピストンが奥まで入ってギリギリの車ですと
装着が難しいかもしれません、

少しつかってパッドが摩耗したあとで、あわせて使ってみようと思います